インフルエンザ
[Wikipedia|▼Menu]

このページは「バロキサビルマルボキシル」との間で記事内容の一部転記提案されています。
議論は「ノート:バロキサビルマルボキシル」を参照してください。(2018年10月)

この感染症の病原体については「インフルエンザウイルス」をご覧ください。

細菌の一つ「インフルエンザ菌」、経済用語「インフルエンサー」、あるいは別種のウイルス「パラインフルエンザウイルス」とは異なります。

インフルエンザ
電子顕微鏡により約10万倍に拡大された陰性インフルエンザウイルス
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
家庭医療, 呼吸器学, 感染症
ICD-10J10, J11
ICD-9-CM487
DiseasesDB6791
MedlinePlus000080
eMedicine ⇒med/1170ped/3006
Patient UK ⇒インフルエンザ
MeSHD007251
KEGG 疾患 ⇒H00398

インフルエンザ(ラテン語: influenza)はインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症略称としてインフル(英語: flu)がある。上気道炎症状・呼吸器疾患を伴うことで流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、詰めて流感(りゅうかん)と言われる。

季節性インフルエンザには、A型、B型、C型の3種類があり、全ての年齢層に対して感染し、世界中で繰り返し流行している[1]。日本などの温帯では、季節性インフルエンザは冬季に毎年のように流行する。通常、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて4-5月には流行は収まるパターンであるが、冬季だけに流行する感染症では無く夏期にも流行することがある[2]。A型は平均相対湿度50%以下になると流行しやすくなると報告されている[3]

全世界では毎年300-500万人がインフルエンザが重症化し、25-50万人の死者を出している[1]。先進国における死者は65歳以上人口が最も多い[1]。また病欠・生産性低下といった社会的コストも大きい[1]感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主といわれている。一般的には経口・経鼻で呼吸器系に感染する。飛沫核感染(空気感染)や接触感染など違った形式によるものもある。予防においては、有症状患者のマスク着用が有用であり、飛沫感染防止に特に効果的であるが、形状や機能性などによっては完全に防げない場合もある。マスクのみでは飛沫核感染や接触感染を防ぐことができないため、手洗い・マスク着用などの対策も必要である[4][5]。最も感染を予防できる方法はワクチンである[1]抗ウイルス薬タミフルリレンザなど)も存在するが、ウイルスはすぐに耐性を獲得し[1]、その効果も備蓄するほどかどうか見直されてきた[6]
目次

1 臨床像

2 ウイルス学

3 予防

3.1 感染管理

3.2 インフルエンザワクチン

3.2.1 弱毒性インフルエンザワクチン

3.2.2 ワクチン投与(接種)

3.2.3 ワクチン製造

3.2.4 副作用

3.2.4.1 ギラン・バレー症候群



3.3 抗ウイルス薬の予防目的使用

3.3.1 英国のガイドライン

3.3.2 日本でのガイドライン



4 検査方法

5 治療

5.1 抗インフルエンザ薬

5.2 漢方薬

5.3 対症療法


6 予後

7 疫学

7.1 日本における警報・注意報

7.2 WHOによる流行警戒水準

7.3 パンデミック指数


8 歴史

8.1 語源


9 インフルエンザウイルスによる動物の感染症

9.1 鳥インフルエンザ

9.2 ウマインフルエンザ

9.3 ブタインフルエンザ


10 関連の感染症

10.1 SARS

10.2 インフルエンザ菌


11 脚注

12 参考文献

13 関連項目

14 外部リンク

臨床像

風邪とインフルエンザの違い[7]風邪 (Cold)インフル (Flu)
発熱まれ頻出(37-38℃)
頭痛まれ頻出
疼痛わずか大部分、重度となりえる
疲労・脱力時々大部分, 2-3週続く
極度の疲労なし大部分
鼻汁頻出時々
くしゃみ頻出時々
のどの痛み頻出時々


風邪(普通感冒)とは異なり、比較的急速に出現する悪寒、高熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛を特徴とし、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、咳、痰などの気道炎症状を伴う。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:145 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE