インドの映画
[Wikipedia|▼Menu]

この記事の正確性に疑問が呈されています。問題箇所に信頼できる情報源を示して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2008年8月)
インド映画100周年のモニュメント(バンガロール) 不可触民の娘』(1936年) インド初の発声映画『ラム・アラ』(1931年) ボリウッドの男優と女優たち 南インド、タミル映画の最初のトーキー『カリダス』(1931年) 映画界における巨匠の一人、サタジット・レイ ムンバイ出身の俳優アニル・カプール タミル映画の人気スター、ラジニカーント

インド映画(インドえいが)は、インド国内で制作される映画のこと。
目次

1 概要

2 特色

3 インド映画の人気スター

4 ヒンディー語映画

4.1 男優

4.2 女優


5 タミル語映画

5.1 男優

5.2 女優


6 テルグ語映画

6.1 男優

6.2 女優


7 カンナダ語映画

7.1 男優

7.2 女優


8 マラヤラム語映画

8.1 男優

8.2 女優


9 日本を舞台にしたインド映画

10 脚注

11 外部リンク

概要

インドは、年間映画制作本数も映画館観客総数も世界一多い映画大国である(2003年には877本の長編と1177本の短編が公開された)[1]。その主な理由としては、インドは現在もテレビの普及率が低く、国民の多くが日常的に映画館を訪れている社会事情が挙げられる。また、インドは世界的な多言語国家であるため、それぞれの言語の需要に合わせて必然的に映画の制作本数が多くなっている事情もある。インド映画は、娯楽としての質や出演女優の人気などのため、インド国外でもインド系住民を中心に人気があり、特に東南アジア南アジア西アジアアフリカ諸国で高い人気を博している。北インドを中心にインド全土で上映されているヒンディー語の娯楽映画は、その制作の中心地ムンバイーの旧名ボンベイとアメリカハリウッドをもじって、『ボリウッドフィルム』と呼ばれている。
特色

多くは3時間前後の大作で、わかりやすいストーリーの娯楽作となっている。ストーリーの途中で場面ががらりと変わり、原色の豪華な衣装、大人数のダンサーによるミュージカルシーンなどが含まれている。インドの娯楽映画はアクション・メロドラマ・コメディ・歌・ダンスなど娯楽作品としての要素を雑多に含んでおり、これらは日本で「マサラムービー」と呼ばれていたことがある。
インド映画の人気スター

州によって言語の異なるインドでは、各言語圏毎に映画が制作され、それぞれスターを輩出している。スターによっては複数の言語を操ったり、別の人物によるセリフ吹き替えをしたりなどして他言語の映画に出演する俳優もいる。また、例えばタミル映画でヒットした作品を同じ脚本のまま出演者だけをヒンディー映画界の俳優に変え、リメイク作品として公開されることもある。
ヒンディー語映画
男優

アニル・カプール

アミターブ・バッチャン

リティック・ローシャン

シャー・ルク・カーン (「シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦」)

ジャッキー・シュロフ

サルマン・カーン

アジャイ・デーヴガン

アクシャイ・クマール

サンジャイ・ダット

アーミル・カーン

ジョン・アブラハム

アビシェーク・バッチャン

アルシャド・ワールスィー

バルラージ・サーヘニー


アミターブ・バッチャン

リティック・ローシャン

サルマン・カーン

アーミル・カーン

ジャッキー・シュロフとタイガー・シュロフ

ヴァルン・ダワン

女優

ジュヒー・チャウラー

アイシュワリヤー・ラーイ

プリーティ・ズィンター

マードゥリー・ディークシト

レーカー

マニーシャ・コイララ

カージョール

ラーニー・ムカルジー

プリヤンカー・チョープラー

シルパー・シェーッティー

ビパーシャー・バス

アーイシャー・ターキヤー

スシュミター・セーン

ディーピカー・パードゥコーン

ディア・ミルザ

アヌーシュカ・シャルマ



次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:30 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE