イチゴ
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、食用の植物について説明しています。

その他のイチゴについては「イチゴ (曖昧さ回避)」をご覧ください。

オランダイチゴ
水耕栽培で育つオランダイチゴ
分類APG III

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:真正双子葉類 eudicots
:バラ目 Rosales
:バラ科 Rosaceae
亜科:バラ亜科 Rosoideae
:オランダイチゴ属 Fragaria
:オランダイチゴ F. × ananassa

学名
Fragaria × ananassa
Duchesne ex Rozier[1]
英名
Garden strawberry, pineapple strawberry, ananas strawberry

イチゴ(生)100 gあたりの栄養価
エネルギー136 kJ (33 kcal)

炭水化物7.68 g
糖類4.89 g
食物繊維2 g

脂肪0.3 g
飽和脂肪酸0.015 g
一価不飽和0.043 g
多価不飽和0.155 g

タンパク質0.67 g
トリプトファン0.008 g
トレオニン0.02 g
イソロイシン0.016 g
ロイシン0.034 g
リシン0.026 g
メチオニン0.002 g
シスチン0.006 g
フェニルアラニン0.019 g
チロシン0.022 g
バリン0.019 g
アルギニン0.028 g
ヒスチジン0.012 g
アラニン0.033 g
アスパラギン酸0.149 g
グルタミン酸0.098 g
グリシン0.026 g
プロリン0.02 g
セリン0.025 g

ビタミン
ビタミンA相当量β-カロテンルテイン
ゼアキサンチン(0%) 1 μg(0%)7 μg26 μg
チアミン (B1)(2%) 0.024 mg
リボフラビン (B2)(2%) 0.022 mg
ナイアシン (B3)(3%) 0.386 mg
パントテン酸 (B5)(3%) 0.125 mg
ビタミンB6(4%) 0.047 mg
葉酸 (B9)(6%) 24 μg
ビタミンB12(0%) 0 μg
コリン(1%) 5.7 mg
ビタミンC(71%) 58.8 mg
ビタミンD(0%) 0 IU
ビタミンE(2%) 0.29 mg
ビタミンK(2%) 2.2 μg

ミネラル
ナトリウム(0%) 1 mg
カリウム(3%) 153 mg
カルシウム(2%) 16 mg
マグネシウム(4%) 13 mg
リン(3%) 24 mg
鉄分(3%) 0.41 mg
亜鉛(1%) 0.14 mg
マンガン(18%) 0.386 mg
セレン(1%) 0.4 μg

他の成分
水分90.95 g


単位

μg = マイクログラム • mg = ミリグラム

IU = 国際単位

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDI) の割合。
出典: ⇒USDA栄養データベース(英語)

イチゴ(苺、Fragaria)は、バラ科多年草

一見して種子に見える一粒一粒の痩果(そうか)が付いた花托(花床ともいう)部分が食用として供される。甘みがあるため果物として位置づけられることが多いが、草本性植物であるので野菜として扱われることもある[2]
目次

1 概説

1.1 系統

1.2 特徴


2 語誌

3 近代栽培イチゴ(オランダイチゴ)

3.1 歴史

3.2 栽培

3.3 利用

3.4 成分

3.5 日本での栽培

3.5.1 受粉

3.5.2 苗の生産育成

3.5.3 日本の主な商業栽培品種

3.5.4 日本の主な産地

3.5.5 日本での流通


3.6 日本製イチゴ新品種の無断栽培問題


4 参考画像

5 脚注

6 関連項目

7 外部リンク

概説

狭義には、オランダイチゴ属の栽培種オランダイチゴ(学名、Fragaria ×ananassaDuchesne ex Rozier)を意味する。イチゴとして流通しているものは、ほぼ全てオランダイチゴ系である。

広義にはオランダイチゴ属 (Fragaria) 全体を指す。英語圏でのストロベリーはこの範囲である。バラ科オランダイチゴ属の半落葉性草本であり、北半球の温帯に広く分布しているほか、チリ中南部やハワイ諸島にも分布している[3]

さらに最広義には、同じバラ亜科で似た実をつける、キイチゴ属 (Rubus) やヘビイチゴ属 (Duchesnea) を含める。これらを、ノイチゴ、と総称することもある。オランダイチゴ属の二倍体の種にも、この総称に含まれているものがある。

漢字表記の場合は、現代の中国語では、オランダイチゴ属は「草莓 ?音: c?omei ツァオメイ」とされる。明治時代から広く日本国内各地で生産されるようになったオランダイチゴ属は、日本語では「苺」と表記される場合が多い。
系統詳細は「オランダイチゴ属」を参照 エゾヘビイチゴ

オランダイチゴ属の染色体の基本数は7 (n=7) である[4]

2倍体 (n=14)古くはヨーロッパにおいて栽培された種[4]。ベスカやダルトニアナなどがある[4]

4倍体 (n=28)中国、チベット、シベリアなどにみられる種[4]。モウピネンシスやオリエンタリスなどがある[4]

6倍体 (n=42)6倍体の種はモスカーターの一種が知られており、ヨーロッパ中部からロシアにかけて分布[5]

8倍体 (n=56)近代栽培イチゴは8倍体である[5]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:57 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE