イスラム教
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]


イスラム教
教義と信仰

アッラーフ ・ イスラーム
六信 ・ 五行
タウヒード ・ ジハード
モスク ・ マドラサ
カアバ ・ ハッジ

指導者

ムハンマド
ハディージャ ・ アーイシャ
アブー・バクル
ウマル ・ ウスマーン
アリー ・ ファーティマ
預言者 ・ カリフ
イマーム ・ ウラマー
スルタン
法と規範

クルアーン ・ シャリーア
スンナ ・ ハディース

金融・経済・財政

イスラム経済
ジズヤ
ハラージュ

歴史的転換と潮流

ウンマ ・ ハワーリジュ派
スンナ派 ・ シーア派 ・ イバード派
スーフィズム
ワッハーブ運動
イスラム主義

秀逸な記事

オスマン帝国
ムハンマド・アリー

良質な記事

イスラームにおけるイーサー
イスラーム建築
モリスコ
ムハンマド・アリー・ジンナー

ポータル・イスラーム
 ・編・歴 

イスラム教(イスラムきょう、イスラーム教とも、正式名はイスラーム)は、唯一絶対のアラビア語アッラーフ)を信仰し、神が最後の預言者たるムハンマドを通じて人々に下したとされるクルアーン(コーラン)の教えを信じ、従う一神教である。

ユダヤ教キリスト教の影響を受けた唯一神教で、偶像崇拝[注釈 1]を徹底的に排除し、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるとされる。アッラーフ(アッラー)を崇拝するが、アッラーとは、もともとアラビアの多神教の神々の中の一人であった[1]が、ムハンマドがメッカを占領すると、他の多神教の神々の像は全て破壊され、その神(アッラーフ)だけを崇拝するようになった。


目次

1 名称

2 世界全体

3 教典

3.1 アル=クルアーン

3.2 スンナとハディース集

3.3 聖書


4 教義

4.1 六信五行

4.2 偶像崇拝の禁止

4.3 預言者ムハンマド

4.4 信徒間の平等

4.5 イスラームにおける天国


5 社会生活

6 組織

7 歴史

7.1 始原

7.2 ジハードとイスラム帝国の形成


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:158 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE