イスラム世界
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]


イスラム教教義・信仰

アッラーフ ・ イスラーム
六信 ・ 五行
タウヒード ・ ジハード
モスク ・ マドラサ
カアバ ・ ハッジ
指導者

ムハンマド
ハディージャ ・ アーイシャ
アブー・バクル
ウマル ・ ウスマーン
アリー ・ ファーティマ
預言者 ・ カリフ
イマーム ・ ウラマー
スルタン法・規範

クルアーン ・ シャリーア
スンナ ・ ハディース
経済・金融

イスラム経済
ジズヤ
ハラージュ
歴史

ウンマ ・ ハワーリジュ派
スンナ派 ・ シーア派 ・ イバード派
スーフィズム
ワッハーブ運動
イスラム主義
秀逸な記事

オスマン帝国
ムハンマド・アリー
良質な記事

イスラームにおけるイーサー
イスラーム建築
モリスコ
ムハンマド・アリー・ジンナー

ポータル・イスラーム
 ・編・歴 
イスラム教徒の人口比(中東の非イスラム外国人を含まない)イスラム協力機構加盟国

イスラム世界とは、イスラム教イスラーム)とそれを信仰・実践する人々であるムスリム(イスラム教徒)が社会の中心に立って活動する地域を指し、イスラム法(シャリーア)の用語に言うダール・アル=イスラーム(「イスラムの家」)とほぼ等しい概念を意味する語である。歴史的な対象を指すのにしばしば使われるが、イスラム世界の中に法としてシャリーアを用いない国も少なくない現代を指しては、イスラム圏(イスラーム圏)、イスラム諸国などの言葉を用いることも多い。
イスラム教国

イスラム教国とは、イスラム教に関連が深い国のことであり、以下のどちらかを指す。
国教がイスラム教である国、
シャリーア(イスラーム法)をとして実際に運用している国。この場合はイスラム国家と呼ばれることが多い。この定義ではトルコアルバニアのような、人口の大多数がイスラム教徒であっても世俗主義を標榜する国家は入らない。

イスラム教徒が人口の比較的多数を占め、国家の指導的立場、ヘゲモニーをイスラム教徒が握る国。ほぼすべてがイスラム協力機構 (OIC) に加わっている。「ムスリム国家」とほぼ同義であり、「キリスト教国」「仏教国」「ヒンドゥー教国」などの言葉に対応する。

イスラム世界に内包あるいは交差する地域概念

地政学的概念

中東

近東

中近東

ペルシア湾


地理的概念

北アフリカ

西アフリカ

東アフリカ

西アジア

西南アジア

中央アジア

南アジア

東南アジア


文化的概念

マグリブ

マシュリク


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:13 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE