アーサー王伝説
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「アーサー王と円卓の騎士」はこの項目へ転送されています。リック・ウェイクマンアルバムについては「アーサー王と円卓の騎士たち (アルバム)」をご覧ください。
アーサー王像(ペーター・ヴィッシャー作、1480年ごろ、インスブリュック宮廷内教会)

アーサー王物語(アーサーおうものがたり)またはアーサー王伝説(アーサーおうでんせつ)とは中世騎士道物語


目次

1 あらすじ

2 主要登場人物

2.1 円卓の騎士


3 歴史

3.1 伝説

3.2 中世

3.3 近現代


4 ケルト叙事詩との関連

5 研究書・解説書

6 学術研究機関

7 関連作品

8 舞台

9 脚注

10 外部リンク


あらすじ

現在、アーサー王物語として一般に知られているのは、中世後期に完成し、トマス・マロリーがまとめたアーサー王を中心とする騎士道物語群である。これは大きく四つの部分に分ける事ができる。

アーサーの誕生と即位。ローマ皇帝を倒し、全ヨーロッパの王になるまでの物語。

アーサー王の宮廷キャメロット)に集った円卓の騎士達の冒険とロマンス

聖杯探索最後の晩餐で使われたという聖杯を円卓の騎士が探す物語。

ランスロットと王妃グィネヴィアの関係発覚に端を発する内乱(カムランの戦い)。王国の崩壊とアーサー王の死(アヴァロンへの船出)。

主要登場人物

詳細はアーサー王伝説に登場する人物一覧を参照。作品により、名前や血縁関係が多少異なる。
アーサー王
ブリテンの王。
マーリン
アーサーを補佐し、導く魔術師
グィネヴィア
アーサーの王妃。ランスロットとの禁断の恋で有名。
ヴィヴィアン(湖の乙女)
マーリンの愛人にして弟子。
モルゴース
アーサー王の異父姉。
モーガン・ル・フェイ
妖姫。アーサー王の異父姉。
円卓の騎士アーサー王と円卓の騎士

アーサー王に仕えた精鋭の騎士たち。各々魔法の円卓に席を持つ。席の総数、構成員は作品によって異なる。
ランスロット
湖の騎士。この世で最も誉れ高き最高の騎士。
ガウェイン
モルゴースの息子でアーサーの甥。
トリスタン
アイルランド王マルクの甥。竜退治やイズーとの恋で有名。
ガラハッド
ランスロットとカーボネックのエレインの息子。聖杯の騎士の一人。
パーシヴァル
ペリノア王の息子。聖杯の騎士の一人。
モルドレッド
ガウェインの異父弟。王位の簒奪を企み、アーサーと戦う。
歴史
伝説「アーサー王」も参照

5世紀末にサクソン人を撃退したとされる英雄アーサーは、ブリトン人(ウェールズ人)の間で古くから伝説として語り継がれてきた。アーサーの直系の子孫であるウェールズ人が残した『マビノギオン』はそれを現代に伝えるほぼ唯一の史料であり、華やかな騎士道ロマンスに彩られる前の比較的古い状態のアーサー王伝説を見ることができる。

アーサーの生涯がはじめてまとまった形をとったのは、1136年ウェールズジェフリー・オブ・モンマスが書いた『ブリタニア列王史』においてである。


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:33 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE