アンネ・フランク
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

アンネ・フランクAnne Frank
アンネ・フランク (1940)
生誕アンネリース・マリー・フランク
Annelies Marie Frank
1929年6月12日
ドイツ国 フランクフルト・アム・マイン
死没1945年3月上旬(満15歳没)
ドイツ国 ベルゲン・ベルゼン強制収容所
親父:オットー・フランク
母:エーディト・フランク
署名

アンネ・フランク(アンネリース・マリー・フランク、ドイツ語: Annelies Marie Frank  発音[ヘルプ/ファイル]、1929年6月12日 - 1945年3月上旬)は、『アンネの日記』の著者として知られるユダヤ系ドイツ人の少女である。

ドイツフランクフルト・アム・マインに生まれたが、反ユダヤ主義を掲げる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の政権掌握後、迫害から逃れるため、一家で故国ドイツを離れてオランダアムステルダムへ亡命した。しかし第二次世界大戦中、オランダがドイツ軍に占領されると、オランダでもユダヤ人狩りが行われ、1942年7月6日に一家は、父オットー・フランクの職場があったアムステルダムのプリンセンフラハト通り263番地の隠れ家で潜行生活に入ることを余儀なくされた(フランク一家の他にヘルマン・ファン・ペルス一家やフリッツ・プフェファーもこの隠れ家に入り、計8人のユダヤ人が隠れ家で暮らした)。ここでの生活は2年間に及び、その間、アンネは隠れ家でのことを日記に書き続けた。1944年8月4日ナチス親衛隊(SS)に隠れ家を発見され、隠れ家住人は全員がナチス強制収容所へと移送された。アンネは姉のマルゴット・フランクとともにベルゲン・ベルゼン強制収容所へ移送された。同収容所の不衛生な環境に耐えぬくことはできず、チフスを罹患して15歳にしてその命を落とした。1945年3月上旬頃のことと見られている。

隠れ家には、アンネがオランダ語で付けていた日記が残されていた。オットーの会社の社員で隠れ家住人の生活を支援していたミープ・ヒースがこれを発見し、戦後まで保存した。8人の隠れ家住人の中でただ一人戦後まで生き延びたオットー・フランクはミープからこの日記を手渡された。オットーは娘アンネの戦争と差別のない世界になってほしいという思いを全世界に伝えるため、日記の出版を決意した。この日記は60以上の言語に翻訳され、2500万部を超える世界的ベストセラーになった[1][2]


目次

1 生涯

1.1 ドイツ脱出

1.2 オランダでの生活

1.3 ドイツ軍がオランダ侵攻

1.4 ドイツ軍占領下の生活

1.5 隠れ家の準備

1.6 隠れ家生活

1.6.1 隠れ家での人間模様

1.6.2 様々な困難


1.7 逮捕

1.8 ヴェステルボルク収容所

1.9 アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所

1.10 ベルゲン・ベルゼン収容所での死

1.11 没後


2 人物


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:271 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE