アンゲラ・メルケル
[Wikipedia|▼Menu]

ドイツ政治家アンゲラ・メルケルAngela Dorothea Merkel
2012年のメルケル
生年月日 (1954-07-17) 1954年7月17日(64歳)
出生地 西ドイツ
自由ハンザ都市ハンブルク
出身校カール・マルクス大学
所属政党 民主主義の出発(1989年 - 1990年)
ドイツキリスト教民主同盟(1990年 - )
称号博士物理学者
配偶者ウルリッヒ・メルケル(1977年 - 1982年)
ヨアヒム・ザウアー(1998年 - )
サイン
公式サイト ⇒Angela Merkel
第8代連邦首相
内閣メルケル内閣
在任期間2005年11月22日 -
連邦大統領ホルスト・ケーラー
クリスティアン・ヴルフ
ヨアヒム・ガウク
フランク=ヴァルター・シュタインマイアー
環境・自然保護・原子力安全担当大臣
内閣第5次ヘルムート・コール内閣
在任期間1994年11月15日 - 1998年10月27日
婦人・青年担当大臣
内閣第4次コール内閣
在任期間1991年1月18日 - 1994年11月15日
連邦議会議員
選挙区メクレンブルク=フォアポンメルン州
当選回数4回
在任期間1990年 -
その他の職歴
キリスト教民主同盟第7代党首
(2000年4月 - )
テンプレートを表示

アンゲラ・ドロテア・メルケル(ドイツ語: Angela Dorothea Merkel、出生名:アンゲラ・ドロテア・カスナー/Angela Dorothea Kasner、1954年7月17日 - )は、ドイツ政治家2000年からキリスト教民主同盟 (CDU) 党首を務め、2005年から第8代ドイツ連邦共和国首相を務める。ドイツの歴史上初めての女性首相である。
目次

1 略歴

1.1 生い立ち

1.2 物理学者

1.3 ベルリンの壁崩壊

1.4 政界へ

1.5 CDU党首時代

1.6 首相就任

1.7 首相2期目

1.8 首相3期目

1.9 首相4期目


2 人物

2.1 家族

2.2 尊敬する人物

2.3 衣装に関するエピソード

2.4 各国首脳とのエピソード

2.5 サッカー


3 表彰

4 批判

4.1 緊縮財政を強要

4.2 移民・難民問題


5 関連項目

6 脚注

7 外部リンク

略歴
生い立ち

家系はポーランド系帝政ドイツ時代の1896年にポズナン(ドイツ語ポーゼン)で生まれたポーランド人である祖父ルドヴィク・カズミェルチャクが第一次世界大戦ドイツ軍に徴兵され、戦後に除隊したのちベルリンに定住、グダンスクドイツ語の表記ではダンツィヒ)出身のカシューブ人ヘルリント・イェンツシュと結婚、長男のホルストが4歳のときの1930年に姓を「カズミェルチャク」(Kazmierczak)から「カスナー」(Kasner)に変更した[1][2][3]。この祖父ルドヴィク(ドイツ語の発音ではルートヴィヒ)はルター派プロテスタントだった。

アンゲラはハンブルクで生まれた。父ホルストがベルリン=ブランデンブルク福音主義教会(現ベルリン=ブランデンブルク=シュレージシェ・オーバーラウジッツ福音主義教会)の牧師として東ドイツに赴任することになり、生後数週間のアンゲラは1954年に両親と共に東ドイツへ移住する[4]。母はラテン語英語の教師であった。東ドイツでは教会は反政府勢力の拠点であったが、カスナーは政府に「進歩的勢力」と見られていた会派の所属で危険視されておらず、西側諸国海外旅行できる特権も与えられていた。東ドイツで弟1人と妹2人が生まれる。
物理学者

学校時代は付き合いは良いが、目立たない生徒であったという。成績は優秀で、中学校時代の全科目の平均評価は1.0(最高)であり、特にロシア語[5]と数学に優れていた。家が宗教家のため加入義務はなかったが、ドイツ社会主義統一党 (SED) の下部組織である自由ドイツ青年団 (FDJ) に属していた。1973年にカールマルクス・ライプツィヒ大学(現ライプツィヒ大学)に入学、物理学を専攻する。彼女はこのころポーランドへの長期自転車旅行に出かけている[6]

在学中の1977年に同じ学部の学生だったウルリッヒ・メルケルと結婚。現在の姓は彼に由来するものである。しかしこの結婚生活は4年で終わった。1978年、優良の成績で学士号を取得、東ベルリンにある科学アカデミーに就職し、理論物理学を研究する。ここで現在の夫ヨアヒム・ザウアーと出会うが、2人が結婚するのはずっと後の1998年である。1986年、博士論文を提出して博士号 (Dr. rer. nat.) を取得。物理学者として分析化学に配置転換となる。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:114 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE