アングロ・インド料理
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
ムンバイで供された典型的なマリガトーニ

アングロ・インド料理(アングロ・インドりょうり、: Anglo-Indian cuisine)は、イギリス領インド帝国の時代にインドでイギリス人既婚女性がインド人の料理人と交流して発展した料理である[1]

この料理としてケジャリー、マリガトーニ(英語版)、pish pash(鶏肉とコメを煮込んだ料理)がイギリスの食卓に並んだ。イングランド料理に定着した数少ないアングロ・インド食品の1つがチャツネである。

アングロ・インド料理は、1930年代にVeeraswamyおよび少しの後続レストランによりイングランドにもたらされたが、典型的なインド料理レストランによるものではない。


目次

1 歴史

2 料理

3 レストラン

4 脚注

5 参考文献

6 関連項目

7 外部リンク


歴史

アングロ・インド料理は、英国大佐Arthur Robert Kenney-Herbertにより、イギリス領インド帝国西洋人妻がインド人料理人にいかに対応するか助言するために、1885年に詳細が記述された[1][2]。その慣習の多くは「素晴らしい」[1]と、1886年のインド英語の俗語語彙集『ホブソン=ジョブソン(Hobson-Jobson)』と記述された[1]。近年、この料理を1990年にJennifer Brennanが、1993年にDavid Burtonが分析した[1][3][4][5]
料理チーズ、クラッカー、プラムにチャツネが添えられる詳細は「イングランド料理#インド料理とアングロ・インド料理」および「en:List of chutneys」を参照

広く知られたアングロ・インド料理には、チャツネ、牛タン塩漬けケジャリー[6]、ミートボールカレー、魚肉のリッソール(英語版)、マリガトーニ(英語版)スープがある[1][7][8]

イングランド料理で今も影響がある数少ないアングロ・インド料理の1つ[1]チャツネは果物、ナッツまたは野菜を甘く香辛料は少なめに作った調味料である。これは酸味のある果物と同量の精製砂糖が酸味のあるリンゴやルバーブに酢を加えたペクチンで反応させる伝統的なジャムの製法を借用する。典型的な例はMajor Grey's Chutneyである[9]

pish pashは『ホブソン=ジョブソン』で「小さな肉片入りのコメのスープで、多くの場合アイングロ・インドの保育で使う」と定義した。この言葉は19世紀中頃にAugustus Prinsepが最初に記録した[10]。この名前はペルシア語で「粉々にする」の意味のpashidanからのpash-pashより転じた[11]。この料理の説明が1909年の『The Cookery Book of Lady Clark of Tillypronie』に記載された[1]
レストランVeeraswamy詳細は「イングランド料理#インド料理とアングロ・インド料理」を参照

ロンドンリージェント・ストリートに1926年から店を構えるVeeraswamyなどのイギリスの老舗レストランのいくつかがアングロ・インド料理を供し、だいぶ後に、1990年に開店した姉妹店レストランのChutney Maryが続いた[12]。E.P. Veeraswamyは彼の『Indian Cookery(インド料理)』を、この書名の本で1936年に記述した[13]。多くのインド料理レストランは、しかしながら、イギリス市民によく知られる標準的な多種多様組み合わせたインド料理に戻った。
脚注

[ヘルプ]
^ a b c d e f g h Alan Davidson (2014). Tom Jaine. ed. The Oxford Companion to Food (3rd ed.). Oxford: Oxford University Press. pp. 21?22. ISBN 0-19-967733-6


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:32 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE