アレクサンドリア
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、エジプトの都市について説明しています。その他の「アレクサンドリア」「アレキサンドリア」については「アレクサンドリア (曖昧さ回避)」をご覧ください。

アレクサンドリア
????????
Alexandria


アレクサンドリア


市旗市章

愛称 : Pearl of the Mediterranean
位置

エジプトにおけるアレクサンドリアの位置

アレクサンドリアの衛星写真
座標 : 北緯31度11分52.80秒 東経29度55分9.12秒 / 北緯31.1980000度 東経29.9192000度 / 31.1980000; 29.9192000
行政
 エジプト
 アレクサンドリア県
 市アレクサンドリア
知事Adel Labib
地理
面積 
  市域2,679 km2 (1,034.4 mi2)
標高7 m
人口
人口(2006年現在)
  市域4,110,015人
その他
等時帯東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間なし
公式ウェブサイト : ⇒http://www.alexandria.gov.eg/
ファロス島の大灯台の想像図

アレクサンドリア (/: Alexandria, : ??????????‎, 古希: ?λεξ?νδρεια) は、カイロに次ぐエジプト第2の都市で、アレクサンドリア県の県庁所在地である。2010年都市的地域の人口は429万人である ⇒[1]マケドニア国王アレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)が、その遠征行の途上でオリエントの各地に自らの名を冠して建設したギリシア風の都市の第一号であった。

建設当時のギリシア語古典ギリシア語再建音)ではアレクサンドレイア (?λεξ?νδρεια, Alexandreia)。現代の現地語であるアラビア語においても「アレクサンドロス(イスカンダル)の町」を意味する名で呼ばれており、文語のフスハーではアル=イスカンダリーヤ (??????????, al-Iskandariyya)、口語のエジプト方言ではエスケンデレイヤ (????????, Eskendereyya) という。

地中海の真珠」とも呼ばれる港町アレクサンドリアでは、街中に英語の看板も多く、大きなサッカー場もある。歴史的経緯から多くの文化的要素を合わせ持ち、独特かつ開放的でコスモポリタン、そこはかとなく欧米的な雰囲気が漂う国際観光・商業都市である。国際機関も置かれ、世界保健機関の東地中海方面本部がある。

世界的な企業や組織の支部、支社が置かれ、現在は北アフリカ有数の世界都市にまで成長している。近現代の世界では「アレクサンドリア」と言えば当地を指す場合が多い。
目次

1 歴史

2 地理

3 気候

4 交通

5 建築

6 教育

7 姉妹都市

8 脚注

9 関連文献

10 関連項目

11 外部リンク

歴史

エジプトのアレクサンドリア(アレクサンドレイア)はギリシアのマケドニア王であったアレクサンドロス大王によって、紀元前332年に建設された。アレクサンドロスの死後は、その部下だったプトレマイオス1世がエジプトを支配し、古代エジプト最後の王朝であるプトレマイオス朝の首都として発展した。一時は人口100万人を超えたともいわれ、そのため「世界の結び目」と呼ばれた。

古代のアレクサンドリアは世界の七不思議の一つに数えられる巨大なファロス島の大灯台(現カーイト・ベイの要塞)や、各地から詩人学者たちが集まってきた学術研究所ムーセイオン、文学歴史地理学数学天文学医学など世界中のあらゆる分野の書物を集め、70万冊の蔵書を誇りながらも歴史の闇に忽然と消えたアレクサンドリア図書館があり、ヘレニズム時代の商業(地中海貿易)と文化の中心地として栄えた。『幾何学原論』で知られる数学者のエウクレイデスや、地球の大きさを正確に測ったアレクサンドリア図書館長エラトステネスアルキメデスヘロンクラウディオス・プトレマイオスなどが活躍した。

1世紀には世界最大のディアスポラを擁し、哲学者フィロンらが活躍した。またキリスト教の初期から重要な拠点となり、古代神学の中心地のひとつともなった。ローマコンスタンティノポリスアンティオキアエルサレムとともに総主教座が置かれ、五大総主教座の一角を占めた[1]アレクサンドリア総主教庁ギリシャ正教コプト正教会のものが現在も存続している。

4世紀以降はアレクサンドリア学派と呼ばれる神学者たちが活躍した。641年にはアムル・イブン・アル=アースにより陥落され、イスラーム世界に組み込まれた。アラブ時代当初は東ローマ帝国から切り離されたため、経済的に沈滞したが、学芸の都として性格は残り続け、古代ギリシア・ローマ文明にイスラーム文明がミックスしたアラビア科学揺籃の地のひとつとなった。

やがて、紅海からカイロを経てアレクサンドリアにもたらされたインドの香辛料を求めて、ヴェネツィアなどイタリア半島の諸都市から商人が訪れるようになると、地中海交易の重要拠点として再び経済的に繁栄した。16世紀にヨーロッパ諸国がアフリカ回りのインド洋航路を開拓するとイタリア諸都市とともに再び衰えを見せ始めるが、19世紀ムハンマド・アリーの近代化改革の一環として輸出商品としてナイル・デルタで綿花が大々的に栽培されるようになるとその積み出し港となり、国際貿易都市として三たび繁栄を始める。

現在ではエジプト・アラブ共和国の工業や経済の中心地、そして化学産業などが進出し、エジプト屈指の工業都市として発展を続けている。
地理

エジプト北部、ナイル川デルタの北西端に位置する。
気候

砂漠気候に属しているが、地中海の影響でカイロに比べて湿気が高い。夏は比較的過ごし易いが、冬はエジプトの他の地域に比べて雨が多く降り、寒くなる。年間平均気温は20.4度、年間最高気温は24.9度、年間最低気温は15.8度、年間降水量は195.9ミリメートルである[2]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:32 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE