アルフレート・ヨードル
[Wikipedia|▼Menu]

アルフレート・ヨードル
Alfred Jodl
ヨードル(1940年)
生誕1890年5月10日
ドイツ帝国
バイエルン王国ヴュルツブルク
死没1946年10月16日
連合軍占領下ドイツ
ニュルンベルク
所属組織バイエルン王国陸軍
ドイツ国軍陸軍
ドイツ国防軍陸軍
軍歴1910年 ? 1945年
最終階級上級大将
除隊後ニュルンベルク裁判被告人、絞首刑
署名
テンプレートを表示

アルフレート・ヨーゼフ・フェルディナント・ヨードル(Alfred Josef Ferdinand Jodl、1890年5月10日 - 1946年10月16日)は、ドイツ軍人第二次世界大戦時に国防軍最高司令部作戦部長の地位にあり、陸海空三軍の調整役を務めた[1]。1945年5月7日にドイツ降伏文書の調印を行った。戦後、ニュルンベルク裁判の被告人の1人とされ、絞首刑に処された。最終階級は上級大将
目次

1 生涯

1.1 前半生

1.2 第一次世界大戦

1.3 戦間期

1.4 第二次世界大戦

1.5 デーニッツ政権

1.6 ニュルンベルク裁判

1.7 処刑


2 人物

3 参考文献

3.1 日本語文献

3.2 英語文献


4 出典

5 外部リンク

生涯
前半生

1890年5月10日、バイエルン王国ヴュルツブルクにバイエルン退役砲兵大尉ヨハネス・ヨードル(Johannes Jodl)の息子として生まれた[2]。母は農民の娘テレーゼ・バウムゲルトラー(Therese Baumgartler)[2]。五人兄弟の三番目だった[3]。ヨードル家は著名な職業軍人の家庭で、ヨードル本人も職業軍人の道を選んだ[4]。弟フェルディナント(en)も軍人となり、ノルウェー山岳軍団の大将まで昇進している[5]

1903年から1910年までミュンヘンのバイエルン陸軍士官学校に入学した[2][6]。1910年に第4バイエルン野砲兵連隊に士官候補生(Fahnrich)として入隊[7][3]。1912年10月28日に少尉(Leutnant)に任官した[6][8][1]。1913年9月にイルマ・フォン・ブリオン伯爵令嬢(Irma Grafin von Bullion)と結婚。フォン・ブリオン伯爵家はシュヴァーベンに古くから続く貴族の家柄であった。彼女の父は身分違いの相手であるヨードルとの結婚を止めさせたがっていたが、二人の意思は固く、周囲の反対を押し切って結婚した[8]
第一次世界大戦

1914年8月に第一次世界大戦が勃発すると、第10バイエルン野砲兵連隊、のち第19バイエルン野砲兵連隊に所属して西部戦線に従軍し、二度負傷する勇戦をした[2][1]。1916年1月に中尉(Oberleutnant)に昇進[6]。1917年1月からオーストリア=ハンガリー帝国陸軍(Gemeinsame Armee)の第72野砲兵連隊第3中隊長に任じられ、東部戦線で戦った[2][6]。1918年には参謀将校として西部戦線に転属した[2]

一次大戦中に二級鉄十字章一級鉄十字章戦傷章黒章を受章した[6]
戦間期

戦後、ヴェルサイユ条約によって10万人に限定されたヴァイマル共和国陸軍に選び残された[8]

1919年6月には第22軽砲兵連隊中隊長となり、10月には第21砲兵連隊に転属した[6]。1921年7月から1922年10月にかけてミュンヘンの第7師団で参謀教育を受ける[2][6]。1921年9月に大尉に昇進[6]。1922年10月から1923年10月にかけてランツベルク[要曖昧さ回避]の第7山岳砲兵連隊の第3大隊に勤務した[6]。この頃、国家社会主義者の上官コンスタンティン・ヒールル大佐(de:Konstantin Hierl)を深く尊敬し[8]アドルフ・ヒトラーの存在も知って彼を英雄視するようになったという[4]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:67 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE