アルタイ語族
[Wikipedia|▼Menu]

アルタイ諸語
話される地域:
東アジア北アジア中央アジア西アジア東欧
言語系統:かつては語族と考えられたが、現在は言語連合と考えられている。
下位言語:チュルク語族モンゴル語族ツングース語族日本語族(含む場合あり)朝鮮語族(含む場合あり)扶余語族(含む場合あり)
ISO 639-2・639-5:tut
  チュルク語族  モンゴル語族  ツングース語族

アルタイ諸語(アルタイしょご、Altaic Languages)は、比較言語学において共通点が指摘されている、ユーラシア大陸に分布する諸言語である。一般にテュルク語族モンゴル語族ツングース語族を含み、広義にはこれらに 日本語族朝鮮語族も加えられる[1]

これらの諸言語が共通の祖先 (祖語) を持ち、アルタイ語族をなすという仮説が歴史的に提唱されており、1960年代までは広く受け入れられていた[2]。しかし21世紀現在、言語学界においてこの主張は一般には認められていない[3][4][5][6]

「アルタイ諸語」の名は、中央アジアのアルタイ山脈(阿爾泰山脈)にちなみ命名されたものである[7]
目次

1 構成言語と共通特徴

2 アルタイ語族

2.1 研究史

2.2 同根語による比較対象と内的再構

2.3 子音対応表


3 語彙対応比較表

4 アルタイ系民族

5 脚注

6 関連項目

構成言語と共通特徴

アルタイ諸語であることが広く認められている言語グループには以下の3つがある。これらそれぞれの中での系統関係は実証されているが、これらの間の系統関係については決着を見てはいない。

チュルク語族アルタイ語トルコ語ウズベク語カザフ語トゥバ語など)

モンゴル語族モンゴル語オイラート語ブリヤート語など)

ツングース語族エヴェンキ語満州語など)

これらの言語グループにはいくつかの重要な共通の特徴が見られる。

母音調和を行う

膠着語である

原則としてSOV型主語 - 目的語 - 述語)の語順をとる[8]

語頭にRが立つことを嫌い、固有語に語頭Rの単語をほとんど持たない

などの諸点である。

加えて、日本語族日本語琉球語)と扶余語族扶余語?貊語高句麗語百済語)および朝鮮語族新羅語朝鮮語済州語)の3つをアルタイ諸語に含めることもある。

チュルク語族、モンゴル語族、ツングース語族のみの括りを「ミクロ・アルタイ」(Micro-Altaic)、日本語族、朝鮮語族を加えた括りを「マクロ・アルタイ」(Macro-Altaic)という。「アルタイ語族」の支持者のほとんどは、日本語族、朝鮮語族を含めることを支持している[9]

上記特徴のうち母音調和だけは日本語と朝鮮語が欠いているものだが、朝鮮語については過去に明らかな母音調和があった(中期朝鮮語)ことが知られている。また、日本語についても、過去に母音調和を行っていた痕跡が見られるとする主張もある(上代特殊仮名遣[10]
アルタイ語族

アルタイ諸語を共通の祖語をもつアルタイ語族とする説は古くからあるが、母音調和を共通に行う3グループですら数詞などの基礎語彙が全く違うため、少なくとも伝統的な比較言語学の手法によってアルタイ祖語を復元し、アルタイ語族の存在を証明することは困難である。
研究史

アルタイ諸語の研究は18世紀の北欧において開始され、のち20世紀前半にいたるまで北欧はアルタイ言語学の中心地のひとつであった。1730年スウェーデンの外交官であり地理学者であったフィリップ・ヨハン・フォン・シュトラーレンベルク(英語版)(Philip Johan von Strahlenberg、1676–1747)が大北方戦争の際にロシア帝国の捕虜となりユーラシア大陸を移動した経験をもとに刊行した本で、ツングース諸語モンゴル諸語チュルク諸語に関する記述がある。それより一世紀経つと、フィンランドの語源学者・文献学者 マティアス・カストレン(英語版)(Matthias Alexander Castren, 1813–1853)は1854年の著作でアルタイ諸語にチュルク、モンゴル、満州・ツングースだけでなくフィン・ウゴル語派サモエード諸語などのウラル語族までを含めた。

19世紀から20世紀にかけてツングース諸語モンゴル諸語チュルク諸語を研究する学者の多くは、これらアルタイ語族をフィン・ウゴル語派サモエード諸語などのウラル語族とあわせて考えた(ウラル・アルタイ語族説)が、ロシアの歴史言語学者セルゲイ・スタロスティン(1953–2005)がそれを否定し、現在ではこれらの考え方は棄却されている。

1857年オーストリアの Anton Boller が日本語をウラル-アルタイ語族に位置づけ、1920年代にはフィンランドの言語学者グスターフ・ラムステッドエフゲニー・ポリワーノフは、朝鮮語を同語族に分類した。ラムステッドのmagnum opus "Einfuhrung in die altaische Sprachwissenschaft " (アルタイ諸語入門、'Introduction to Altaic Linguistics') が出版された。

以降、 ニコラス・ポッペ、Karl H. Menges、Vladislav Illich-Svitych、Vera Cincius のツングース研究などがある。ポッペは朝鮮語について、

アルタイ諸語のモンゴル語・テュルク諸語・ツングース語群との系統関係はないが、アルタイ系語族からの影響が見られる。

朝鮮語は上記3語族と分岐する以前に文字体系の構築があったのではないか。

との仮説を提出している。

ロイ・アンドリュー・ミラーは、多くのアルタイ言語学者は日本語をアルタイ語族に帰属すると考えているし、またミラー自身も同様に考える、との見解を提出し[11]、以降、日本語もアルタイ語族にあらためて再分類された。

John C. Street はチュルク - モンゴル - ツングース語族から朝鮮 - 日本 - アイヌ語族集団と北東アジア語族集団が分岐したとする説を提起した。

ジョーゼフ・グリーンバーグユーラシア大語族 (Eurasiatic languages) を提唱したさいに、日本アイヌ ‐ 朝鮮言語集団と他のギリヤーク語エスキモー・アレウト語族シベリアチュクチ・カムチャツカ語族と区分した。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:93 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE