アリストテレス
[Wikipedia|▼Menu]

アリストテレス
生誕紀元前384年
死没紀元前322年3月7日
時代古代哲学
地域西洋哲学
学派逍遙学派
アリストテレス主義
研究分野論理学
自然学
生物学動物学
形而上学
倫理学
政治学
修辞学
演劇
主な概念
中庸 (ギリシア哲学)
理性
アイテール
四原因説
三段論法
影響を受けた人物:

パルメニデスソクラテスプラトンヘラクレイトスデモクリトス

影響を与えた人物:

事実上かれ以後の多くの哲学者アウィケンナアウェロエスマイモニデスアルベルトゥス・マグヌストマス・アクィナスドゥンス・スコトゥスプトレマイオスメランヒトンコペルニクスガリレオ、および多くのイスラーム哲学ユダヤ哲学キリスト教哲学科学、その他…

テンプレートを表示

アリストテレス(アリストテレース、古希: ?ριστοτ?λη? - Aristotel?s、: Aristotel?s、前384年 - 前322年3月7日)は、古代ギリシア哲学者である。

プラトンの弟子であり、ソクラテス、プラトンとともに、しばしば「西洋」最大の哲学者の一人とされ、その多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」とも呼ばれる[1]。特に動物に関する体系的な研究は古代世界では東西に類を見ない。イスラーム哲学や中世スコラ学、さらには近代哲学論理学に多大な影響を与えた。また、マケドニア王アレクサンドロス3世(通称アレクサンドロス大王)の家庭教師であったことでも知られる。

アリストテレスは、人間本性が「する」ことにあると考えた。ギリシャ語ではこれをフィロソフィア(Philosophia)と呼ぶ。フィロは「愛する」、ソフィアは「知」を意味する。この言葉がヨーロッパの各国の言語で「哲学」を意味する言葉の語源となった。著作集は日本語版で17巻に及ぶが、内訳は形而上学倫理学論理学といった哲学関係のほか、政治学宇宙論、天体学、自然学物理学)、気象学、博物誌学的なものから分析的なもの、その他、生物学詩学、演劇学、および現在でいう心理学なども含まれており多岐にわたる。アリストテレスはこれらをすべてフィロソフィアと呼んでいた。アリストテレスのいう「哲学」とは知的欲求を満たす知的行為そのものと、その行為の結果全体であり、現在の学問のほとんどが彼の「哲学」の範疇に含まれている[2]

名前の由来はギリシア語の aristos (最高の)と telos (目的)から [3]


目次

1 生涯

1.1 幼少期

1.2 アカデメイア期

1.3 アレクサンドロス大王とリュケイオン


2 思想

2.1 論理学

2.2 自然学(第二哲学)

2.3 形而上学(第一哲学)

2.3.1 原因について

2.3.2 範疇論


2.4 倫理学

2.5 政治学

2.6 文学


3 著作

3.1 論理学

3.2 自然学

3.2.1 生物・動物学


3.3 形而上学

3.4 倫理学

3.5 政治学

3.6 レトリックと詩学

3.7 偽書


4 後世への影響

5 エピソード

6 脚注

7 参考文献

8 外部リンク


生涯
幼少期

紀元前384年トラキア地方のスタゲイロス(後のスタゲイラ)にて出生。スタゲイロスはカルキディケ半島の小さなギリシア人植民町で、当時マケドニア王国の支配下にあった。父はニコマコスといい、マケドニア王アミュンタス3世の侍医であったという。幼少にして両親を亡くし、義兄プロクセノスを後見人として少年期を過ごす。このため、マケドニアの首都ペルラから後見人の居住地である小アジアのアタルネウスに移住したとも推測されているが、明確なことは伝わっていない。
アカデメイア期

紀元前367年、17-18歳にして、「ギリシアの学校」とペリクレスの謳ったアテナイに上り、そこでプラトン主催の学園、アカデメイアに入門した。修業時代のアリストテレスについては真偽の定かならぬさまざまな話が伝えられているが、一説には、親の遺産を食い潰した挙句、食い扶持のために軍隊に入るも挫折し、除隊後に医師(くすし)として身を立てようとしたがうまく行かず、それでプラトンの門を叩いたのだと言う者もいた[4]。いずれにせよ、かれはそこで勉学に励み、プラトンが死去するまでの20年近い年月、学徒としてアカデメイアの門に留まることになる。アリストテレスは師プラトンから「学校の精神」と評されたとも伝えられ、時には教師として後進を指導することもあったと想像されている。紀元前347年にプラトンが亡くなると、その甥に当たるスペウシッポスが学頭に選ばれる。この時期、アリストテレスは学園を辞してアテナイを去る。アリストテレスが学園を去った理由には諸説あるが、デモステネスらの反マケドニア派が勢いづいていた当時のアテナイは、マケドニアと縁の深い在留外国人にとって困難な情況にあったことも理由のひとつと言われている[5]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:80 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE