アメリカ軍
[Wikipedia|▼Menu]

アメリカ軍
United States Armed Forces
五軍のカラーガード
創設1775年
派生組織リスト

アメリカ陸軍
アメリカ海軍
アメリカ空軍
アメリカ海兵隊
アメリカ沿岸警備隊

指揮官
最高司令官第45代大統領 ドナルド・トランプ
国防大臣第26代国防長官 ジェームズ・マティス
参謀長第19代統合参謀本部議長 ジョセフ・ダンフォード海兵隊大将
総人員
徴兵制度リスト

兵役適齢:17歳から45歳[1]
徴兵制度:無し(ただし選抜徴兵登録制度はあり)
情報年度:2008年度
適用年齢男性18歳から49歳
適齢総数:72,715,332人 18?49 (2008)
女性適齢総数:71,638,785人 18?49 (2008)
実務総数:59,413,358人 18?49 (2008)
女性実務総数:59,187,183人 18?49 (2008)
年間適齢到達人数:2,186,440人 (2008)
年間女性適齢到達人数:2,079,688人 (2008)
現役軍人数:1,444,553人[2]
予備役 1,458,500人
順位:世界第1

財政
予算7,136億ドル[3]
軍費/GDP4.6%(2012年)[3]
産業
国内供給者リスト

ボーイング
ジェネラル・ダイナミクス
ロッキード・マーティン
ノースロップ・グラマン
ユナイテッド・テクノロジーズ
ハネウェル

関連項目
歴史リスト

アメリカ独立戦争
インディアン戦争
バーバリ戦争
米英戦争
米墨戦争
南北戦争
米西戦争
米比戦争
第一次世界大戦
バナナ戦争
第二次世界大戦
冷戦
朝鮮戦争
ドミニカ侵攻
ベトナム戦争
グレナダ侵攻
パナマ侵攻
湾岸戦争
対テロ戦争
イラク戦争
2011年リビア騒乱

階級アメリカ軍の階級
テンプレートを表示

アメリカ軍(アメリカぐん、英語: United States Armed Forces)は、アメリカ合衆国が有する軍隊。アメリカ合衆国軍(アメリカがっしゅうこくぐん)、合衆国軍(がっしゅうこくぐん)とも呼ばれ、日本では米軍(べいぐん)と略される。


目次

1 概要

2 歴史

3 機構

3.1 五軍

3.2 七武官組織

3.3 統合軍


4 駐留国

4.1 欧州・北米

4.2 太平洋・アジア

4.3 中東

4.4 中南米

4.5 アフリカ

4.6 その他


5 戦歴

6 各軍記念日

7 その他

8 脚注

9 参考文献

10 関連項目

11 外部リンク


概要

アメリカ軍とはアメリカ合衆国が保有する軍隊の総称である。軍種では、陸海空軍及びアメリカ海兵隊常備軍ほか、平時は海上警備を主とした法執行機関でもあるアメリカ沿岸警備隊を含めた5軍からなる[4]。陸空軍については、普段から連邦政府の指揮下にある連邦軍と、州知事の指揮下にあり必要に応じて、連邦軍に編入される州兵がある。
陸海空の通常戦力、核戦力双方において他国を圧倒している。

実戦経験が豊富である。

全世界に拠点を持ち短時間で展開可能である。

宇宙空間サイバー空間においても優越してる。

国内に石油や鉄鋼資源が存在することから継戦能力も高い。

ボーイングロッキード・マーティンレイセオンなど世界の軍需産業の中核となる大手企業が集まっているため、世界最高水準の装備品を国内で開発・調達可能である。

上記能力は他のいかなる時代のいかなる国家・集団においても保持したことがなく史上最強の軍隊と評されている。
歴史

1775年2月6日アメリカ独立戦争に際し「大陸軍」として発足。これはアメリカ陸軍の前身でもある。

2011年9月20日、同性愛者であることを公言して軍務に就くことを禁じた軍務規定が撤廃された[5]

2018年1月1日からトランスジェンダーの志願者の入隊を受け付ける[6]


この節の加筆が望まれています。

機構

アメリカ軍は文民統制の下に、アメリカ合衆国大統領が最高司令官であり[7]、同じく文民かつ大統領顧問団の閣僚である国防長官が大統領を補佐し、国防総省を統括する。部隊の作戦指揮は、大統領から国防長官を通じ、地域別及び機能別の各統合軍司令官に直接伝達される[8]統合参謀本部(JCS)は、作戦指揮命令系統に入っておらず、軍事的な助言や作戦計画の立案や兵站要求など参謀としての業務に携わっている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:111 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE