アニメ
[Wikipedia|▼Menu]
アニメーション > アニメ

この項目では、セルアニメーションが主に使われる一般的な表現形式としてのアニメについて説明しています。

アニメーション全般については「アニメーション」をご覧ください。

映画でのアニメについては「アニメーション映画」をご覧ください。

テレビ放送でのアニメについては「テレビアニメ」をご覧ください。

この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2014年1月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2009年8月)


雑多な内容を羅列した節があります。(2015年3月)


アニメは、アニメーション略語である[1]。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。
目次

1 概要

2 製作会社と制作会社

3 制作工程

4 流通形態

5 制作業界と環境

6 製作工程の省力化とデジタル化

6.1 省力化

6.2 デジタル化と3DCG


7 語の変遷と普及

7.1 anime

7.2 ジャパニメーション(Japanimation)


8 業界団体

9 国による振興・保護政策

10 博物館・美術館

11 見本市・映画祭

12 表現の自主規制

13 歴史

13.1 物語的側面

13.2 技術的側面

13.3 商業的側面


14 輸出

14.1 国産アニメの輸出の歴史

14.2 日本国外の評価

14.3 日本国外の規制等の事例


15 商品展開とアニメ化

15.1 オリジナルアニメ

15.1.1 映画化・テレビ化

15.1.2 実写化

15.1.3 実写作品のアニメ化


15.2 漫画

15.2.1 コミカライズ(漫画化)


15.3 絵本

15.3.1 フィルムブック


15.4 ライトノベル

15.4.1 ノベライズ(小説化)


15.5 ミュージカル(2.5次元ミュージカル)

15.6 映像媒体のパッケージ販売

15.7 雑誌

15.7.1 批評・研究


15.8 アニラジ

15.9 音楽(音声媒体)

15.10 公式サイト

15.11 フィギュア(玩具)

15.12 ゲームソフト

15.12.1 携帯電話向けゲーム


15.13 トレーディングカード

15.14 キャラクターグッズ


16 周辺文化

16.1 二次創作

16.2 聖地巡礼


17 関連項目

18 脚注

18.1 注釈

18.2 出典


19 参考文献

19.1 書籍

19.2 論稿


20 外部リンク

概要

各種メディアで提供されるサブカルチャーの一つ。こんにちわ?私はお殺して。

文化芸術基本法」ではメディア芸術、関連法の「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」によるとコンテンツの一つと定義されており、いずれにおいてもアニメと略されてはおらず、アニメーションと正式表記されている。別定義として、多角的芸術分類観点において、美術(映像を含まない)、映像音楽文学芸能の総合芸術とされるときもある。

単に「アニメ」という場合は、セルアニメーション(セルアニメ)のことを指していることが多い。本項では、主に日本で製作された商業用セルアニメーションについて解説する。

作品に関しては、『アニメ作品一覧』を参照。アニメは世界中に存在します。
製作会社と制作会社

作品制作数の増加に伴い分業化が進み、プリプロダクションの企画・製作会社と、プロダクションの作画・動画スタジオ、美術スタジオなどと、ポストプロダクションの撮影会社、音源制作など制作工程別に作業を請け負う専門スタジオと分業化されている。

また、グロス請けと呼ばれる、1話単位で制作作業を一括受注し制作業務全般を行う制作会社もある。詳細は「アニメ制作会社」および「アニメ製作関係者一覧」を参照
制作工程

テレビアニメ#制作過程も参照。大きく分けると3つの工程に別れる。なお、制作資金調達に関しては多種多様な方法があるので本項では取り上げない。
プリプロダクション

企画書をもとに、主要スタッフ編成と制作のフローを確定し、脚本・設定・絵コンテなど制作に必要な各種設定など行う作業。


プロダクション

原画、動画、仕上げなどのアニメーションの作成作業。


ポストプロダクション

アフレコ・BGM・効果音を加える音作業やVTR編集などの作業。

さらに詳細な工程を経て制作される。制作会社、作品に投入される各部門のスタッフ数、技術の進歩などにより役職名や工程の違いもあるが、企画から完成までの基本的な工程は以下の通りである[注 1]

複数にわたるシリーズ作品の場合、諸事情により主要スタッフや担当アニメ制作会社などが途中で変更されることも珍しくない。
企画

作品の企画意図や全体像にセールスポイントなどを記述した企画書などを作成、製作側(複数の社局が製作委員会を結成することも多い)がその採否を決定する。

オリジナル企画と、漫画・小説など既存の著作物を原作とした企画とに二分される。後者の場合は著作権者の承諾を得るのに難航する事も珍しくない。


スタッフ編成とワークフローの確定

制作が正式に決定すると、 監督シリーズ構成脚本家声優アニメーター作画監督美術監督色彩設定撮影監督音楽音響監督プロデューサーキャラクターデザインメカデザイン制作進行など主要なスタッフを選定する。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:164 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE