アニメーション映画
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]


アニメ > アニメーション映画

映画 > アニメーション映画

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2008年6月)

ポータル アニメ

アニメーション映画(アニメーションえいが)は、映画館で公開する映画として製作されるアニメーションアニメ)映像作品。略称としてアニメ映画、そのほか映画館を劇場と呼ぶ慣習から劇場用アニメーション・劇場版アニメーション・劇場版アニメ等も表記や名称として使用される。


目次

1 概要

2 歴史

2.1 アメリカ合衆国

2.2 日本

2.2.1 黎明期

2.2.2 1930年代

2.2.3 1940年代

2.2.4 1950年代

2.2.5 1960年代

2.2.6 1970年代

2.2.7 1980年代

2.2.8 1990年代

2.2.9 2000年代

2.2.10 2010年代


2.3 ロシア

2.4 チェコ

2.5 中華民国


3 歴代アニメーション映画の興行成績

3.1 全世界の興行成績

3.2 日本国内の興行成績


4 その他

5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 関連項目


概要

テレビアニメが登場するまでは、アニメーションの放映媒体は映画しか存在せず、アニメーションといえばもっぱら映画館で上映されるアニメーション映画であった。

日本では学校教育において上映される映画は教育映画とされ、1960年代から1970年代文部省選定、文部大臣賞などを受賞するアニメーション映画も多数存在した。その他、海外の万国博覧会大使館などで日本の文化を紹介するためにもアニメーション映画が製作された。1970年代まではアニメーションという呼称はまだ一般的ではなく、漫画映画(テレビアニメはテレビ漫画)と呼称されていた。

テレビアニメ作品の映画化の場合は、テレビシリーズと区別するために作品のタイトルに「劇場版」または「映画」と付くことが多く、1本で完成された作品にする必要から映画用のオリジナルストーリーで完結する作品が多い。「アニメ映画」が実写映画特撮映画などと対比させた言葉なのに対し、「劇場用アニメ」はテレビアニメやビデオ販売用のアニメ (OVA) などと対比させた言葉である。

映画館での公開終了後、地方自治体公共団体に無償で貸し出され、星空映画会などと呼ばれるイベントで無料公開されることもある。
歴史

世界最初の純粋なアニメーション映画は、フランスの画家エミール・コールの製作した、『ファンタスマゴリー(英語版、フランス語版)』(1908年、原題:Fantasmagorie)だと考えられている。コールはアメリカのブラックトン(後述)の用いていたコマ撮り実写映画の技法に着目し、そこから実写部分を排した完全なアニメーション作品を創作した。『ファンタスマゴリー』の動画は白い紙に黒インクで描かれ、ネガフィルムのまま黒地に白い線のアニメーション映画として上映された。世界初の長編アニメーション映画は、アルゼンチンキリーノ・クリスティアーニによって制作された『使徒』(1917年)だとされる。

テレビ普及以前は、ニュース映画とともに短編アニメが一般映画(本編)の前座として上映された。多くの短編劇場アニメはこの時代に製作されたものである。


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:267 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE