アタック25
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この記事には複数の問題があります。改善ノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2011年11月)


大言壮語的な記述になっています。(2012年4月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2011年11月)


雑多な内容を羅列した節があります。(2011年1月)


あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2012年4月)


パネルクイズ
アタック25
番組の収録が行われている
朝日放送本社(大阪・ほたるまち
ジャンル娯楽番組 / クイズ番組
放送時間日曜日 13:25 - 13:55(30分)
放送期間1975年4月6日 - 現在
放送国 日本
制作局ABC
プロデューサー尾島憲(ABC)
出演者浦川泰幸角野友紀
(共にABCアナウンサー
他 解答者4名(視聴者orタレント)
音声ステレオ放送(2006年4月 - )[1]
字幕文字多重放送(2003年4月 - )[2]
オープニング作曲山下毅雄
エンディング同上
外部リンク ⇒公式サイト
特記事項:
ハイビジョン撮影(2005年4月 - )
2011年現在の正式な放送開始時刻は13:25:30。
テンプレートを表示

この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

『パネルクイズ アタック25』(パネルクイズ アタックにじゅうご、ラテン文字表記:PANEL QUIZ ATTACK 25)は、1975年4月6日から朝日放送(ABC)大阪本社が制作し、ANN系列で放送されている、民放唯一の視聴者参加型クイズ番組ハイビジョン制作(2005年4月 - )、ステレオ放送(2006年4月 - )、文字多重放送(2003年4月 - )を実施している。一般には単に「アタック25」と呼ばれる例が比較的多く、新聞などのテレビ欄にも「クイズアタック25」或いは「アタック25」などと表記される場合もある。2012年6月に放送開始から37年3か月となり、日本のテレビにおけるクイズ番組で最長寿番組となった(それ以前は、37年2か月放送して終了した中部日本放送(現:CBCテレビ)のローカル番組『天才クイズ』が最長寿番組だった)。


目次

1 概要

2 出演者

2.1 備考


3 クイズの種類

3.1 現在

3.1.1 オープニングクイズ

3.1.2 映像クイズ

3.1.3 音楽問題


3.2 過去

3.2.1 パーソナルクイズ

3.2.2 7ヒントクイズ



4 ルール

4.1 戦略

4.2 アタックチャンス

4.3 シンキングタイムとお手つき

4.4 優勝者(トップ賞)の決定・ウェストミンスターの鐘・賞金

4.4.1 賞金額の変遷


4.5 海外旅行獲得VTRクイズ


5 歴史

6 特別企画

6.1 チャンピオン大会

6.2 女子アナ大会

6.2.1 2003年以降の出場局と優勝局



7 番組出場

7.1 予選・収録


8 備考

8.1 応援席

8.2 解答者紹介

8.3 優勝者に関する記録

8.3.1 パーフェクト

8.3.2 最低記録


8.4 海外旅行

8.4.1 旅行先の変遷


8.5 パネルボードと解答席

8.6 スタジオセット

8.7 タイトルロゴ

8.8 オープニングの変遷


9 児玉時代の特徴

10 その他

10.1 パロディ


11 関連書籍

12 ゲームソフト

13 冠スポンサー

14 ネット局と放送時間

14.1 2012年4月より

14.2 過去に放送していたネット局


15 スタッフ(2014年1月現在)

15.1 過去のスタッフ


16 脚注

17 外部リンク


概要

現在はANNフルネット24局(同時ネット)と宮崎放送TBS系列、2012年4月開始の遅れネット)での全国ネット放送となっている。

いわゆる「腸捻転」の解消に伴い、毎日放送(MBS)制作の『東リクイズ・イエス・ノー→5人抜きQ(クイズ)イエス・ノー』の放送枠を引き継ぐ形でスタートした。当初は13:15からの25分番組で、1975年10月から一般CMや番宣を放送する5分枠[3]を埋めて30分番組に。1994年10月2日放送分からは、日曜正午の番組の放送時間を12:55まで延長されたため、『新婚さんいらっしゃい!』と同様に10分繰り下がっての開始となり現在に至っている。

この番組の生みの親である堤章三は、MBS『アップダウンクイズ』の生みの親でもあり、構成を長く務めていた。放送開始から18年間にわたって構成を務め、監修へ移行した後に2008年末に番組を降板した。1993年からは、上方演芸放送作家高見孔二が構成を担当。

初代プロデューサーは当時、ABCテレビ第二制作部長だった三上泰生。番組送信などの技術畑出身で、『ワイドショー・プラスα』や『ワイドサタデー』、『新婚さんいらっしゃい!』などの番組プロデューサーを務める傍ら、『残響2秒 ザ・シンフォニーホールの誕生』と『6chは上方文化や』(いずれも大阪書籍)という著書を残す。

音楽は、同局の『霊感ヤマカン第六感』やテレビ朝日クイズタイムショック』などを担当した山下毅雄によるもの。この番組のテーマ曲と海外旅行獲得VTRクイズ出題中に流れる曲(『フライト・トゥ・パリ』)は発売されたCDに収録されている。また、オープニングテーマ曲の「アタック!」の声と「口笛」の音は、山下本人のもの。なお、シンキングタイムの音楽、トップ賞のファンファーレ(ごく一部のみ)以外は開始当初から全く変わっていない。

時期ごとに番組構成を変えながら続けているにもかかわらず、その時期のテレビ番組の主流に反した傾向が強い。ただし、答えやアタックチャンスのルール説明のテロップ(代わりに字幕放送でその喋った内容を確認できる)、アタックチャンス・旅行クイズのCM挿入タイミングなど、若干ではあるが、その時期ごとのテレビの主流演出が取り入れられている部分もある。

この番組の最高視聴率は関西地区で24.2%(1979年1月14日放送分)、関東地区で21.5%(1980年1月27日放送分)を記録している。2009年度現在での視聴率は8%前後で推移しており、全盛期に比べるとあまり高くない。

制作局のABCは、本番組を「青少年に見てもらいたい番組」に指定している(他のANN各局では指定していない)。

基本的なルール(後述)は放送開始時から以下を除き、ほとんど変わっていない。

「オープニングクイズ」での誤答が、1994年頃よりノンペナルティ化された。

誤答でのお立ちを1995年10月1日放送分より、3問から2問に緩和。

放送開始から半年後にアタックチャンスが開設。当初は1問限りだったが、後に正解が出るまで続ける方式に変更。

賞金が増額。

海外旅行獲得VTRクイズ(旧フィルムクイズ)正解者の旅行先変更。

出演者

『パネルクイズ アタック25』歴代の出演者一覧期間司会出題アシスタント
1975.4.61976.3.28
児玉清あかはゆき浅井環
1976.4.41980.3.30中村京子
1980.4.61981.3相沢純子森昌美
1981.41984.9.30平井悦子
1984.10.71985.3.31豊島美雪
1985.4.71985.6.30伊藤美加
1985.7.71993.9.26(これ以降無し)
1993.10.31999.3.28相馬宏美
1999.4.42009.3.29沢木美佳子
2009.4.52011.4.10加藤明子
2011.4.172013.3.31浦川泰幸
2013.4.7現在角野友紀


番組開始当初から、初代司会者の児玉は出題者(アシスタント)とともに席に座り、オープニングと海外旅行クイズの時だけ立って(ハンドマイクを持って)番組を進行したが、1992年10月4日放送分から全編立って進行するようになった(座っている時はデスクマイク、立っている時はハンドマイクだったが、これらに代わりピンマイクを着装していた)。

備考

初代司会者の児玉は、1975年4月6日(第1回)放送分から2011年4月10日(第1795回)放送分までの約36年間
[4]に亘って司会を担当した。これは日本のテレビにおけるクイズ番組史上最長の司会記録である。先行で放送される『新婚さんいらっしゃい!』司会を桂三枝(現・六代桂文枝)が第1回の放送から現在まで司会を担当しており、2012年12月現在で実に42年に亘って司会を続けている(2013年で43年目)。これは日本のテレビにおけるバラエティ番組史上の最長の司会記録である等、当番組との共通点が多い。

なお、児玉は1984年10月14日・10月28日放送分では腹膜炎による病気入院で欠席し、タレントの板東英二が代役司会を務めた。2012年12月23日放送のチャンピオン大会 ファイナルステージで、オープニングクイズに板東が出演し、代役司会当時の映像が流れた。

2011年4月17日(第1796回)放送分以降、児玉が肝機能障害(当初児玉の死因である胃癌は公表されず)により当分の間検査入院・治療に専念することを表明。児玉休養中は『おはよう朝日です』の司会などで活躍するABCアナウンサーの浦川が代役司会を担当することになった。また、児玉はこの入院によって当番組や『テレフォン人生相談』(ニッポン放送)を含めた番組、講演会への出演も全て見合わせたが[5]、同年5月16日、胃癌のため復帰叶わず77歳で逝去。翌17日より、ABC公式サイトに哀悼のコメントが掲載された(2012年の番組リニューアル(後述)による公式サイトリニューアルまで)。これにより、浦川が5月29日(第1802回)放送分より代役司会から正式に2代目司会者を担当することが決まり、「児玉さんに対し、恥ずかしくない司会をやっていきたい」と決意を新たにした[6]。又、児玉からは2代目に正式に就任した浦川アナに対して「浦川君なりのアタック25を遣って貰って良いよ」と激励とアドバイスが贈られたという。

2011年5月29日放送分の冒頭では、浦川がパネルボードをバックに改めて児玉逝去の旨を伝え、5月22日に放送予定だった本編は児玉逝去4日前に収録されたため、オープニングの浦川の挨拶では児玉が無期限休養中である旨のコメント部分を割愛した。


なお、本放送終了後に問題内容が更新される本番組の携帯サイト(クイズ解答とパネル取りができる携帯ゲーム)は2012年3月29日分まで、浦川の顔写真を使用せず、児玉の顔写真を使用していた。3月30日以降は浦川と加藤の顔写真を使用している。

浦川・加藤・角野はABCアナウンサー。加藤より前の出題者は、芸能事務所所属のキャスターが務めていた。

1993年1月17日・1月24日(第899・900回)放送分では出題者の豊島が急病のため、下村委津子が代役を務めた。

番組開始当初から10年ほどはパネル操作アシスタントもいて、児玉・出題者・アシスタントの3人で番組を進行していた時期もあった。現在アシスタントはおらず、浦川と角野の2人で進行している。パネル操作アシスタントは4人いた。

2012年4月1日(第1842回)放送分より、番組セットが180インチの大型液晶パネルを備えた近未来的なものとなり、さらに問題もビジュアルものを増やすなどで大幅なリニューアルが施されている[7][8][9]。浦川が司会になって以降、初の大幅なリニューアルとなった。またオープニングでは浦川の隣に出題者がハンドマイクを持って立つようになった。

2013年6月2日(第1900回)放送のオープニングで、「実は『アタック25』、今回で1900回目の放送を迎えました」と司会の浦川が述べている。[10]

クイズの種類

番組内で出題される問題はほとんどが読み上げ形式で、答えは解答後・シンキングタイム終了後にテロップで出される(1994年3月6日から)。問題読み上げの途中で押された際、正解・不正解に関係無く司会者が問題を最後まで読み上げて解説するが、しない場合はテロップで問題の答え(ごく稀に問題文も[11])が出される。以下の形式を含めて出題される問題の中にはテレビ朝日系列で放送される番組に関連したものも含まれる(ABC制作・テレビ朝日制作を問わず。一部は番組宣伝を兼ねる場合もある)。

読み上げ問題以外では以下の形式が用意されている。
現在
オープニングクイズ

当初は第1問から出題者による通常の読み上げ問題から始まっていたが(スタジオ応援者の状況の後、児玉が「さあ、今週のアタック25はこの問題からスタート!」と言って通常問題が始まっていた)、パネルの書体が変更された1984年10月からオープニングクイズを導入した。最初は「フラッシュオンクイズ」として、黄色のパネルがランダムでフラッシュされるモニターに隠れている写真の人物を当てる。1994年頃に分割された写真が繋ぎ合わさる形式へと変更された(名称は「フラッシュオンクイズ」のままであった)。1996年10月から系列各局からのご当地映像クイズに、その後1997年5月からは街頭インタビューとプロフィールのヒントからある人物を当てる志向になった。演出もCGを使った形式になっている。2005年10月からは、人物当てから物当てに、2008年10月からは再び人物クイズとなり、人物の写真を泡状のCGで隠されているものを見て人物を当てる物に変わった。新装開店となる2012年4月1日放送分からはタレントによるゲストクイズに変わり、VTR出演による本人に関する問題を放送告知と共に出す。なお、リニューアル後最初(2012年4月1日)のゲストクイズは平原綾香が出題している。出題したゲストは、VTRの最後に司会者に先立って「アタックチャンス」のポーズをとるのが恒例となっている。

黄色のパネルがランダムフラッシュする形式では他のクイズ同様間違えるとお立ちとなったが、CM後に間違えた解答者がお立ちのまま自己紹介するという異質なケースが少なからずあったため、分割された写真が繋ぎ合わさる形式となった時からお手つきでもペナルティ無しに変更された。なお、お立ちがあった際に正解が出たら、お立ちの数は1問分減らされた。また、優勝者のVTRクイズ正解時の旅行先が変更されると、司会者と出題の女性がその地に赴き、旅行先にまつわる問題が4週にわたり出題されていた。ただし、2011年5月15日(第1800回)放送分からエーゲ海クルーズの旅行内容の一部が変更された時には、児玉が入院中だった影響から、出題者の加藤のみが赴いていた。さらに、2012年4月1日放送分での「地中海クルーズペア10日間の旅」への変更の際には、旅行先にまつわる問題が出題されず[12]2013年になってから不定期で出題されるようになった。
映像クイズ

2013年4月現在のもの。映像クイズの呼称は「ビジュアルクイズ」になっている(2004年4月以降)。2012年4月から、映像クイズが大幅に増加し、オープニングクイズの後に行われている(隠し絵問題だけは、映画問題の後に行われる)。

アナグラム問題著名人(架空の人物を含む)の名前を並び替えて作った文章を見て、元の名前を当てるボキャブラ天国のアタック25バージョン。2012年4月からは、著名人の名前以外のものも出題されている(オープニングで旅行先のクイズが出題される時は行われない)。

熟語問題2枚の9分割されバラバラになったパズルの文字が、何という二字熟語になるかを当てる問題。

ルーレットの順番問題2014年に新登場したクイズ。ルーレットの5つの窓の内、4つの窓にヒントが書かれており1つ抜けている正解を導き出す問題。例えばアテネ北京ロンドン⇒?⇒東京と出た問題でこの問題は過去の夏季オリンピック歴代開催地と解る為、?にはリオデジャネイロが入る。5つの窓の何処に?が入るかは解答者には明かされない。

ランキング問題上位5位までのランキングとヒントを見て、抜けている順位の国・都道府県・都市名や品物名などを当てる(1度だけ都道府県別ランキングで第47位を当てる問題が出題された)。

映画問題映画の一部を見て、それに関連する問題に答える。2012年4月から2013年3月までは第5問、2013年4月からはパネルが15枚埋まった時点で出題される。

映像での3択問題[13]

隠し絵問題海の下に隠された絵や写真が何かを当てる。船の軌跡によって、次第に下の絵や写真が見えてくる。

通常の読み上げ問題においても、映像を用いる場合がある。
音楽問題

当初は特定のテーマに沿った曲名や歌手名を当てる問題が中心だったが、後に3曲流し、タイトルに共通して入っている言葉を当てる、歌手名または曲名の頭文字を繋いで3文字の言葉を当てる、歌っている歌手の人数をすべて足した人数を当てるなど、多様な形式が登場した。

なお、問題数も当初は3問あったが、しだいに2問→1問と減り、2004年4月以降映像クイズ直後に出されていた問題は、2010年6月以降、映像クイズ後の読み上げ問題を数問こなした後、楽曲を聴いて、アーティスト名や曲名、楽曲にまつわるものを答える形式に変更された(そのアーティストや楽曲に関連したCD作品などの発売に合わせたり、放送時期・季節に合わせて出題される場合が多かった)。

また、児玉司会時代に画当て正解者の海外旅行先が変わる際、それぞれの旅行地に関するクイズが出題された放送回には出題されなかった。2012年4月1日放送分から2013年3月31日放送分まではパネルが15枚埋まった段階で出題される形式に変わったが、収録状況によっては出題されない日もある[14]
過去
パーソナルクイズ

1992年9月ごろまで、解答者に関する問題が出題されたが、失格中でなければ誰でも解答できた。失格者は立ったままでインタビューに答えることになっていた。

オープニングクイズから3問出題後に行われる形式で、赤から順に4人の解答者に関するエピソードの関連問題を1問ずつ計4問出題。司会者とのやりとりは直接の対話とエピソードの一節を紹介するケースの2通り。なお年間チャンピオン大会では解答者がそれぞれトップ賞をとった回のフィルムクイズの答えの関連エピソードから出題した。クイズは全員に解答権があった。

初期には、各解答者の生年月日の朝日新聞に載ったニュースから出題するクイズだった。
7ヒントクイズ

毎日放送『アップダウンクイズ』の「目で見るクイズ」に似た内容のクイズで、BGMに合わせて7枚の写真パネルが見せられ、それに共通するものは何かを答えるクイズである。なお、誤答があった場合、この問題に限って司会の児玉が「続けます。続きどうぞ」と言って問題を続行させ、正解者が出るか時間切れになるまで流し続けていた。また、このクイズが出る前でお立ちの解答者がいる際に誤答が出たら、その時点でお立ちの数が1問分減らされた。
ルール

4人の参加者が、赤 (■)・緑 (■)・白 (■)・青 (■)の4色に分かれて戦う。

早押し問題が出題される。解答者がボタン(「ボーン」という音で、赤→緑→白→青の順に音が高くなる。)を押したところで各問題全体での読上げが止まり、司会が解答者を指す。通常は「赤!」という風に、色の名前を呼ぶ
[15]が、チャンピオン大会の予選では、「○○さん」と名前で、さらに同じ名字が複数いる場合には、「○○県の○○さん」などと言って指す[16]。解答者が解答したのちに、司会者が問題文の残りを読み上げて、正解を確認する。

正解者が出ると、下の図のようなボード上の1から25までの数字が書かれたパネルの色が下に記したルールに従って変わっていく。最終的に、自分の色のパネルの枚数を競う。解答者のスコアはパネルの獲得枚数で決めるため、「○点」とは言わず、「○枚」と言う。番組本編内でのパネル獲得のルール説明は番組初期の数回以降途切れていたが、2009年5月3日(第1702回)放送分でオープニングの提供クレジット読み上げ後にアシスタントのナレーションによるルール説明が復活し、その後も不定期に行われている。その後、2012年4月のスタジオセットリニューアル後はルール説明を行なう際、1問目のオープニングクイズ終了後に行っている。クイズの正解数は勝敗に関係せず、パネルの取り方に戦略性が求められる。


最初の正解者(現在の1問目は有名人からの出題クイズ[17])は、13番のパネルを獲得する。その際は司会者が「13番に○(色)がともって今週は○(色)でスタートいたします」という。1985年4月頃は、1番から25番までがアトランダムに光るパネルを解答ボタンで押して止めて最初のパネルの場所を決めていた時期もあったが、あまりにも不評のためわずか数回で取りやめとなり、13番からスタートする形式に戻された。その際流れるBGMが、その後のフラッシュオンクイズで流された。


2問目以降の正解者は、下記の優先順位に従ってパネルを1つ指定し、そこを自分の色にする。児玉は長年の経験でパネルの取り方を熟知しており、角を取れるにもかかわらず取らなかった場合は「なぜ角を取らない?!」と言ったり、適切ではない場所のパネルを取った場合は、少しうなって「○番を取った方が良かった」と言ったり、何故その場所を取ったのか解答者に理由を聞いた事がある(いずれの場合も「次はこうしたらいいよ」という児玉のアドバイスである[18])。浦川もパネルの取り方がおかしかった場合は、「パネルの取り方って難しいですね」「敢えてそこですか」などと解答者に言うが、浦川の場合角を取れることに気づきにくい場面で解答者が見事に角を指定した場合、「そう!○番の角、入れちゃうんです!!」と言う。

自分の色のパネルで他の参加者の色のパネルを縦・横・斜めのいずれかの方向に挟める場合、そのようなパネルの中から指定する。挟まれた部分に複数の参加者の色が混在してもよい。挟まれたパネルは、オセロゲームの要領で、全て解答者の色に変わる。

(白が正解の場合、黄色の枠で囲まれたパネルの中から指定できる。10番のパネルを指定すると、14番の青が白に変わる)

自分の色で挟めない場合、次の問題に正解したときに挟めるようになるパネルを指定する。

(緑が正解の場合、黄色の枠で囲まれたパネルの中から指定できる。例えば、5番を指定すると、次に正解して3番を指定すれば、4番を挟むことができる)

それでも指定できない場合、参加者の色がついているパネルに縦・横・斜めいずれかで接しているパネルの中から指定する。

(赤が正解の場合、黄色の枠で囲まれたパネルが指定できる)


戦略

良く知られている戦術に、1問目の正解者が2枚目のパネルをあえて他の解答者に取らせることで、その解答者が更に次の問題に正解しても辺(3, 11, 15, 23番)を狙えなくさせるというものがある。実際、シミュレーションによる解析を行った研究
[19]では、1問目に正解して中央を取った解答者は2枚目のパネルは他の解答者に取らせた方がよいという結果が出ており、また、このように、正解すると不利になる参加者のいる局面が全体の3.8%あるという結果が出ている。ただし、この研究ではルールを一部簡略化している。

最初の問題から3問連続で正解した解答者は、大抵は13→8→3、または13→12→11等の様に縦か横かに指定して、挟まれにくい端を狙う場合が殆どである。しかし中には、13→7→1の様に敢えて斜めに指定して、挟まれる恐れのない角を最初から狙う戦術を取る解答者もたまに現れる。それでも、最初の問題から3問連続正解という解答者は滅多におらず、大体は3問目で他の解答者に阻止されて角のパネルを獲得されることが多いので、その戦略はリスクが大きい[20]

一見正解してパネルを取る単純明快なゲームだが、いくら正解を重ねても角を取れない事態に陥ることもある。シンプルさの中に複雑な駆け引きが繰り広げられる。

アタックチャンス

1975年10月5日(第27回)放送分より新設された特別問題として定着し、当初は1回限り、スルーまたは不正解だった時には無しという対応をしていた。その後、正解者が出るまで続ける方式(すなわち、スルーまたは不正解が何度出ようと正解するまで終わらない)に改められ、現在に至っている。

またアタックチャンス直前、出題中の場面には、パネルボードが表示される。1995年9月までは、スタジオのパネルを画面上部に表示し、同年10月からCG表示に切り替わった。2012年4月からはパネルがモニターでの表示により、アタックチャンス直前以外にも常に表示されている。

残りのパネルが5枚になったところで鐘(チャイム)が鳴り『アタックチャンス』問題となる。特に児玉が司会だった頃は、残りがおおむね8枚になってくると「まもなくアタックチャンスに入る可能性あり。お立ちにならないでいきましょう!」、あるいは「あと1枚(2枚または3枚)でアタックチャンスに入る可能性があります。慎重に、かつ大胆にいきましょう!」といっていた。

この問題で正解した解答者は通常のパネル獲得の後、大量得点の可能性や今後の展開に有利なパネル(「アタックチャンスの狙い目」と呼ばれる)を1枚だけ指定(元の色で点滅したあとに「■黄」のパネルに変わる。開始当初は黄色にはならず、点滅後そのパネルが消灯するだけだった)することが出来る。なお、司会者の「アタック・チャンス!」というコールも、当然チャンス中は正解が出るまでコールされる。

黄色になったパネルは、誰も獲得していないパネルと同じ扱いになる。ただ、他人が取ったパネルは勿論、自分が獲得したパネルでも指定できるが、消すと逆に不利になったり、他の解答者にチャンスが出てきてしまうような場合でも、どれか1枚を指定しなければならない。

パーフェクト状態の解答者が権利を得た場合でも自分のパネルを1枚指定しなくてはならない。最近では2012年11月11日放送分でこの例が発生している。ただし、過去にアタックチャンスの狙い目指定の放棄を認めた例がある。その解答者はその後パーフェクトを達成した。

だいたいの回は角のパネルが指定されるが、配置によっては端のパネルが狙い目に指定されることもある。普段は13番に狙い目を指定することはめったにないが、これまで3回指定された。(1987年7月5日(指定したのは当時
立命館大学の学生であった長戸勇人)、1994年2月27日、2013年10月6日放送分。なお、いずれも1問目は13番からスタートしている。)

(22番に青が入って、アタックチャンスの狙い目として25番を指定)

アタックチャンスの時点でトップ独走状態にある解答者が正解した場合は、大量のパネルを追加獲得する必要性が小さい。このため、他の解答者にとって以後の展開が有利にならないパネルをアタックチャンスの狙い目に指定して、守りに入ることがある。


司会者が「アタックチャンス後の問題が大事です」と度々述べるように、解答者全員は、その後の問題に正解し狙い目となったパネルを獲得することがさらに重要である。前述のように、パネルが空くことで他の解答者にもチャンスが生まれるからである。

1996年6月23日までは、アタックチャンス問題の合図となる鐘(チャイム)を鳴らしパネルの状況を説明した後、児玉が「それでは、ここでこちらをご覧下さい」と言ってCMに入り、その後「アタックチャンス」のタイトル文字とアタック音が流れる趣向だったが、1995年10月1日からは、特別企画ではタイトルを出さなくなる。1996年6月30日以降は、CMに入る前に児玉、浦川が「アタックチャンス!!」とコールしてから、一旦CMを入れて、再開後再び「アタックチャンス!!」のところから再生した[21](このコールの際、児玉が右手の握りこぶしを微妙に前後させるポーズも、番組恒例となっていた)。現在はCMを入れていない。

1996年6月以前のアタックチャンスのアタック音は、優勝者に対するフィルムクイズに不正解だった時の音の出だしの部分を加工して使用していた。また、アタックチャンスの旧来式の台形ロゴは、タイトルロゴが2代目に変更された後も2000年7月9日まで使用されていた。

コーナー開始から2009年3月までは出題中の場面のみ通常問題と区別されていなかったが、4月から出題中の右下に「アタックチャンス」と表示されるようになった。2012年4月から右上に表示されている。

アタックチャンスのパネル選択時は、放送開始当初から1995年9月までと2009年4月以降、実際のパネル画面を映して行われている(それ以外の時期はCG画面を使って行われていた)。

シンキングタイムとお手つき

シンキングタイムはおよそ7.5秒(流れ終わったあとはブザーが鳴らない)シンキングタイム用のBGMが流れ、流れ終わっても(時間切れ寸前であっても)、解答ボタンが押された場合は解答することができる。ただし、画面を見て答える問題と音楽の問題では出題自体がシンキングタイムであるためBGMが流れない(司会者自らが押すブザーが鳴った時点で出題は終了)。

1986年10月よりシンキングタイム時のBGMが変わったが、元々は同局で放送されていた『
クロスワードクイズ・Theエイリアン』→『三角ゲーム・ピタゴラス』で使用されていたもの。


お手つき・誤答は司会者が押すブザーが鳴り、不正解のBGMが流れ、解答者はその場で起立して、続く2問の解答権が失われる。司会者は「2問の間御辛抱」や「あと1問御辛抱」と言う。ブザーが鳴ると時間切れとみなして解答権を失うため、正解が出ても不正解である。これは他の解答者も押されていることを考慮して即答をしなければならないため。ただし、第1問目のオープニングクイズにはペナルティがないので、同じ解答者が何回も続けて間違えることもある。2011年1月9日放送の女性アナウンサー大会でも中盤に5問設定された特別問題(並べ替えや複数答える問題)で第1問目のオープニングクイズと同様、不正解でもペナルティ無しで何度でも解答できるルールで行なわれた。なお、言い直しは認められていないため、誤答が出た後で正解が出ても不正解となる。

ブザーが鳴ると解答席の横にあるランプが2つ点灯し、解答権が失われる2問は起立していなければならない。起立することから、司会者は解答権が失われる状態を「お立ち」と呼んでいる。2問以上連続して誤答が出ると、次の問題の解答権は2人にしか与えられない。

ブザーの後は不正解の(立たなければならない)BGMを流す。ただし、音楽の問題や画面を見て当てる問題ではすぐ正解確認に入るため流れないが、もちろん「お立ち」となる。なお、正解の場合のチャイムやBGMは無く、司会者が「正解!」(かつて初代司会者の児玉は当初は「その通り!」だったが、2007年以降「正解!」と言う場合が圧倒的に多く、「その通り!」は少なくなった。なお、たまに「結構!」「お見事!」と言った場合もあった。司会が浦川に変わってからは、「その通りです」「その通り、正解です」という場合が多い)などと言うことでそれに替えている。

「お立ち」となっても他の解答者への出題は続くため、当然ランプは1つずつ消える。なお、スルーや他の解答者の不正解もあり得るため、司会者が「1問得されました(助かりました)」などと言うこともあれば、パネルが1枚も埋まることなく解答権が復活することもある。また、司会者は2問の「お立ち」が終わった解答者が出る状態を「お戻り」と呼んでいる。

1995年9月24日(第1033回)放送分まで、「お立ち」は3問だったが、解答者が4人なので、解答権が1人だけという状況もあった。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:156 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:Oak-1