アウグスティヌス
[Wikipedia|▼Menu]

「アウグスティヌス」のその他の用法については「アウグスティヌス (曖昧さ回避)」をご覧ください。

アウレリウス・アウグスティヌス
Aurelius Augustinus
フィリップ・ド・シャンパーニュによる肖像画。17世紀(1645年頃?1650年頃)、ロサンゼルス・カウンティ美術館蔵。
司教証聖者教会博士カトリック主教至福者正教
生誕354年11月13日
北アフリカ・タガステ(今のアルジェリアスーク・アフラース
死没430年8月28日
北アフリカヒッポ
崇敬する教派カトリック教会聖公会ルーテル教会正教会東方諸教会
記念日8月28日カトリック教会
6月15日正教会
マニ教を批判したアウグスティヌスの書簡。 アウグスティヌス(ステンドグラス、作:L. C. ティファニー ラテラノ大聖堂に描かれたアウグスティヌス アウグスティヌスの墓 アウグスティヌス
ボッティチェリによる1480年ごろの作品。

アウレリウス・アウグスティヌス(ラテン語: Aurelius Augustinus、354年11月13日 - 430年8月28日)あるいはアウグウティノは、古代キリスト教神学者哲学者説教者ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人。キリスト教がローマ帝国によって公認され国教とされた時期を中心に活躍し、正統信仰の確立に貢献した教父であり、古代キリスト教世界のラテン語圏において多大な影響力をもつ理論家。カトリック教会聖公会ルーテル教会正教会非カルケドン派聖人。母モニカも聖人である。日本ハリストス正教会では福アウグスティンと呼ばれる。

なお、イングランドの初代カンタベリー大司教も同名のアウグスティヌスであるため、本項のアウグスティヌスはこれと区別してヒッポのアウグスティヌスと呼ばれる。
目次

1 生涯

2 思想

2.1 「神の国」と「地の国」

2.2 自由意志

2.2.1 先行的恩寵

2.2.2 個人の自由意志



3 影響

3.1 西欧・西方教会

3.2 東方教会


4 著作

5 記念日

6 評価

7 脚注

8 参考文献

9 関連項目

10 外部リンク

生涯

アウグスティヌスはキリスト教徒の母モニカ(聖人)と異教徒の父パトリキウスの子として、北アフリカのタガステ(現在、アルジェリアスーク・アハラス)に生まれた。若い頃から弁論術の勉強を始め、370年からは、タガステの富裕な市民ロマニアヌス[1]の伝で西方第2の都市カルタゴにて学ぶ。父パトリキウスは371年、死の直前に受洗した。翌372年、同棲中の女性(氏名不詳)との間に私生児である息子アデオダトゥス(Adeodatus、‹a-deo-datus› から「神からの贈り物」の意。372年-388年)が生まれる。同棲は15年に及んだといわれる。当時を回想して「私は肉欲に支配され荒れ狂い、まったくその欲望のままになっていた」と『告白』で述べている。

キリスト教に回心する前は、一時期(373年-382年)、善悪二元論のマニ教を信奉していたが、キケロの『ホルテンシウス』を読み哲学に関心をもち、マニ教と距離をおくようになる。その後ネオプラトニズム(新プラトン主義)を知り、ますますマニ教に幻滅を感じた。

当時ローマ帝国の首都であったイタリアのローマ383年に行き、さらに384年には、その北に位置する宮廷所在地ミラノ弁論術の教師をするうち、ミラノの司教アンブロジウスおよび母モニカの影響によって、387年に息子アデオダトゥスとともに洗礼を受け、キリスト教徒となった。受洗前の386年、ミラノの自宅で隣家の子どもから「Tolle, lege(とって読め)」という声を聞き、近くにあったパウロ書簡「ローマの信徒への手紙(ローマ人への手紙)」第13章13-14節の「主イエス・キリストを身にまとえ、肉欲をみたすことに心を向けてはならない」を読んで回心したといわれる。

387年、母モニカオスティアで没した後、アフリカに帰り、息子や仲間と共に一種の修道院生活を送ったが、この時に彼が定めた規則は「アウグスティヌスの戒則」と言われ、キリスト教修道会規則の一つとなった(聖アウグスチノ修道会は、アウグスティヌスの定めた戒則を基に修道生活を送っていた修道士たちが13世紀に合同して出来た修道会である)。

391年、北アフリカの都市ヒッポ(当時、カルタゴに次ぐアフリカ第2の都市)の教会の司祭に、さらに396年には司教に選出されたため、その時初めて聖職者としての叙階を受けた。

410年ゴート族によるローマ陥落を機に噴出した異教徒によるキリスト教への非難に対し、天地創造以来の「神の国」と「地の国」(次節「思想」参照)の二つの国の歴史による普遍史救済史)の大著『神の国』によって応えた。この著作はアウグスティヌスの後期を代表する著作となる。

430年、ヨーロッパからジブラルタル海峡を渡って北アフリカに侵入したゲルマン人の一族ヴァンダル人によってヒッポが包囲される中、ローマ帝国の落日と合わせるかのように、古代思想の巨人はこの世を去った。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:67 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE