ぼたもち
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「おはぎ」はこの項目へ転送されています。おはぎという愛称で知られる女性声優については「矢作紗友里」をご覧ください。
ぼたもち

ぼたもち(牡丹餅)とは、もち米うるち米を混ぜたものを(または単にもち米を)蒸すあるいは炊き、米粒が残る程度に軽く搗いて丸めたものにをまぶした食べ物である。米を半分潰すことから「はんごろし」と呼ばれることもある[1][2][3]。同様の食べ物に「おはぎ」(御萩)あるいは「はぎのもち」(萩の餅)と呼ばれる食べ物があるが「ぼたもち」との関係については諸説ある(#名称を参照)。


目次

1 概要

2 名称

2.1 「ぼたもち」と「おはぎ」の関係

2.2 季節ごとの呼称


3 ことわざ

4 文化・習俗

5 歴史

6 脚注

7 関連項目


概要ぼたもち(こし餡を用いたもの)

かつて砂糖が貴重品であった時代には塩餡が用いられていた[2]。来客のもてなしや田植えの後の寄り合い、子供のおやつ、また法要の際などに供された。こし餡のものとつぶし餡のものがある[4]。小豆餡のほか、きな粉を用いたもの[2][3]青海苔を用いたもの[4]胡麻を用いたもの[4]ずんだを用いたものなどもある。表面に餡をまぶす以外のものでは、にぎり飯の具材のように中に餡を詰めることもある。

多くの和菓子にいえることだが、隠し味として餡にごくわずかのを加えるか、搗いたものを握るときに手を適度な塩水に浸してから握ることで、より一層甘味が引き立つ。

昔はぼたもちのことを「かいもちひ(かいもち、掻餅)」と呼んでいた[5]。ただし、一部では蕎麦がきを指すとする説もある[5](参考「いざ、かいもちひせむ」(宇治拾遺物語))。土用入りの頃に作る場合、土用餅という言い方もする。英語でも日本語のまま「Botamochi」と呼ぶ。
名称
「ぼたもち」と「おはぎ」の関係おはぎとして売られているもの (「厨菓子 くろぎ」にて)

ぼたもち(牡丹餅)とおはぎ(御萩)の関係については諸説ある。

春のものを「ぼたもち」、秋のものを「おはぎ」とする説[6][7]

語源については、それぞれ、「ぼたもち」については牡丹の花に似せてこれを見立てたものであるとする説[8]があり、「おはぎ」についてはの花が咲き乱れている様子に見立てたものであるとする説[9][6]がある。その上で春のものは「ぼたもち」、秋のものは「おはぎ」と名前が異なっているだけであるとする説[6][10]がある。

なお、東京では春秋ともに「おはぎ」と呼んでいたとの指摘がある[6]


もち米を主とするものが「ぼたもち」、うるち米を主とするものが「おはぎ」であるとする説[6]

餡(小豆餡)を用いたものが「ぼたもち」、きな粉を用いたものが「おはぎ」であるとする説[9]

その他の説

「ぼたもち」は、ぼたぼたした感じに由来するという説[9][8]

『物類称呼』(1775年)では「おはぎ」は「女の詞」であるとする[3]女房言葉を参照)


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:19 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE