ぴたテン
[Wikipedia|▼Menu]

ぴたテン
ジャンル
ハートフルコメディファンタジー
漫画
作者コゲどんぼ
出版社メディアワークス
掲載誌月刊電撃コミックガオ!
発表号1999年10月号 - 2003年8月号
巻数全8巻
小説
著者落合ゆかり
イラスト(表紙)コゲどんぼ
(挿絵)山口りな
出版社メディアワークス
レーベル電撃G's文庫
刊行期間2002年4月 - 2003年2月
巻数全3巻
アニメ
原作コゲどんぼ
監督川瀬敏文佐藤雄三
シリーズ構成面出明美小林靖子
キャラクターデザイン坂井久太
アニメーション制作マッドハウス
製作テレビ大阪読売広告社、ぴた組
放送局テレビ大阪(テレビ東京系)

Tooniverse / TVB
放送期間2002年4月7日 - 9月29日
話数全26話
テンプレート - ノート
プロジェクト漫画アニメ
ポータル漫画アニメ

『ぴたテン』は、コゲどんぼ漫画作品。「月刊電撃コミックガオ!」(メディアワークス)で1999年10月号から2003年8月号まで連載され、2002年にはアニメ化もされた。単行本は全8巻。


目次

1 概要

2 ストーリー

3 登場人物

4 アニメ

4.1 スタッフ

4.2 主題歌

4.3 各話リスト

4.4 放送局


5 ラジオ

6 関連商品

6.1 既刊一覧

6.2 CD

6.3 シングル

6.4 サウンドトラック

6.5 アルバム

6.6 DVD


7 外部リンク


概要

中学受験を控えた、ちょっぴりクールな小学6年生「樋口湖太郎」が、天界から彼の元にやって来た見習い天使「美紗」や、突然どこかから現れた謎の女性「紫亜」、同級生のテンちゃん、小星達と共に悩み、成長して行く物語。

アニメ化されて幅広い年齢層に関心が持たれたことなどから、7巻や8巻は、一部コミックスランキングでは、台頭する週刊少年誌系の単行本と順位を争う場面も見られた。

原作は序盤はコメディを基調としていたが、中盤には登場人物の抱える悩みがクローズアップされていき、終盤は湖太郎の家系をめぐる謎がストーリーの軸となっている。アニメ版では原作とは違いコメディ色が強く、結末も全く異なる。
ストーリー

この作品記事はあらすじの作成が望まれています。ご協力ください。(使い方)

登場人物

声の項はアニメ版による。
樋口 湖太郎(ひぐち こたろう)
- 沢城みゆき主人公。小学6年生。中学受験を控えている。隣に引っ越してきた美紗に追い掛け回される。母親はすでに他界(アニメ版、原作ともに交通事故で他界したとされている。原作では母親とともに交通事故に遭遇、湖太郎だけが助かり、この時の思い出が深刻なトラウマとなっている)。父親と二人暮しだが父親は多忙なためほとんど一人で生活している。最初はしつこく追い掛け回す美紗を煙たがっていたが、彼女の持ち前の明るさに少しずつ心を開いていく。紫亜に対しては特別な感情を抱いており、惹かれていく(亡き母の姿と重ねているようなところもあった)。そのため、同じく紫亜にほのかな恋心を抱く天と喧嘩になる場面もあったが、紫亜が自分と血が繋がっていることが発覚し、あきらめる。それからは天とも和解した。原作では母親がいないせいかクールで大人びた性格。原作の設定では悪魔の血を引いているため、幽霊・天使など普通の人間には見えないものが見える(ただし美紗は普通の人間にも見える)。悪魔に近づくと頭痛がしていたが、美紗の力によって平気になった。また霊感によって無意識にテストやスポーツで先読みすることもあり、成績は良い。曽祖父の息子(要するに大伯父にあたる)小太郎の生まれ変わり。魂が同じなので美紗は湖太郎の事を小太郎だと思い込み、湖太郎を幸せにしようとしていた。前世と同一視されていた事を知った湖太郎は激怒し、一時は美紗との仲も険悪に陥るも、後に美紗が居る今こそが自分にとっての「幸せ」と自覚する。しかし最後は美紗の為と、自分が天使に頼らず前に進む為に、天使が見えなくなるようにしてほしいと美紗に頼む。その数日後、湖太郎がもう見えなくなった美紗の気配を感じ取る場面で物語は終わる。アニメ版ではクールさが薄れ、クールに振る舞う事は多くとも基本は年齢相応の性格になっている(第一話では比較的原作に近い口調だった)。成績は至って普通。また、前世や血縁に関するエピソードが無い為、見えないものが見える特性は血に起因するものではなく、特殊な体質のためということになっている。母を失ったトラウマから、大切な人との別れを何よりも恐れている。それ故に美紗が一時姿を消した際や、紫亜が消滅した際には「そんな人はいなかった」と自己完結しようとしていた。しかし最後は消滅した美紗の帰りを紫亜と共に信じて待ち、戻って来た美紗と再会を果たした。
美紗(みしゃ)
声 - 田村ゆかりヒロイン。天界からやって来た見習い天使。天使なのに黒い服を着ていることが多く、また他の天使とは異なり人間の目に見え触れる事もできる。明るく開放的な性格で、「てひひ?」「○○っス」などといった特徴的な口調で喋る。敵対関係である悪魔の紫亜と仲良くなり、同居するという天然っぷりも見られる。アニメでは持ち前の天然と世間一般とは感性がズレているため、毎度のように騒動を起こす事から湖太郎に「悪魔みたいなトラブルメーカー」、ニャーに「天使にしとくには勿体無い悪魔的センス」とまで言われ、湖太郎や小星から煙たがられるが天使としての志は本物で誰かの役に立ちたいという気持ちも人一倍強く回によっては結果的に人のために役に立ったこともある。アニメ終盤に紫亜が消滅した事で、結果的に「悪魔の消滅」という課題を達したとして一人前の天使に昇格するが、親友の紫亜を救うために「記憶を取り戻す魔法」を使い、天使の資格を剥奪された上に魔法の代償で自身も消滅を覚悟し、同時に湖太郎と紫亜以外の記憶からも消えてしまう。しかし悪魔も分け隔てなく幸せにしようとする優しさが「天使らしい行為」と判断されて復活し、早紗の計らいによって再び見習い天使として湖太郎の元へ戻って来る。その時のセリフは「また私と付き合ってくださいっス!!」だった。下界へは湖太郎を幸せにするためにやって来たのだが、原作におけるその理由は、過去に出会った湖太郎の前世小太郎を死なせてしまった事から、転生した彼を今度こそ幸せにするため(それが正式な天使への昇格試験)。また、湖太郎と初めて会った時のセリフ「私とつきあってください!!」も、特徴的な口調も、すべて小太郎との逢瀬に起因する。アニメ版では、湖太郎の前世にかかわるエピソードが一切ないため、なぜ湖太郎を幸せにしようとしているのかも最後まで謎のままである。最初のセリフと口調の理由も語られない。原作では最後は自立を望む湖太郎の意思を汲み取り、彼から「見えないものが見える力」を無くし、湖太郎に告白して自身もその視界から消える。その後、一人前の天使になれた模様。原作では美紗が天使であることは湖太郎の友人には最後まで秘密のままであったが、アニメ版では第三話で湖太郎、小星、天にばらしてしまっている。ちなみに、第一巻で「母に頼ってばっかのダメな娘で?」というセリフがあったが、最後までその「母」は登場せず、登場する美紗の身内は姉の「早紗」のみである。アニメ版では完全な主役であり、キャスト欄も湖太郎ではなく彼女が一番上になっている。
紫亜(しあ)
声 - ゆかな魔界からやって来た見習い悪魔。悪魔なのに白い服を着ていて、とても心優しい。おっとりしていて家庭的で少々天然だがミステリアス。天使で無邪気な美紗とは正反対の性格で、アニメでは悪魔でありながら「tricot(後述)に舞い降りた天使」「天使のように優しい人」とまで言われている。丁寧な口調で、口癖は「はぅ?。」かなり悪魔の力が弱っており、物語初期では力を増幅するための杖を持っていたが、美紗の天使の力によって先端の球が半分に砕かれ(アニメでは完全に砕かれた)、美紗から相反する天使の命の力を注ぎ込まれさらに弱っている。その後、美紗の部屋に転がり込み、綾小路天の紹介で、天の親戚が経営する喫茶店tricotでウェイトレスのバイトを始める(原作では湖太郎達の指導でデタラメな履歴書を書いたりしていたが、アニメでは天が話を通した事で即採用となっている)。アニメ版ではいつも湖太郎と美紗にお弁当を渡しており、このお弁当は天によくつまみ食いされる。過去に魔界の事故に巻き込まれ、人間界に迷い込み記憶を失って、米屋に拾われ、うわ言で本名の「しあ」とつぶやいていた事から志摩と名付けられた。そして湖太郎の曽祖父となる太郎と仲良くなり、米屋が暴動で襲撃され行方がわからなくなるも、数年後に芸妓となって再会、妾としてもらわれていく事になっていたが、関東大震災を機に駆け落ちして小太郎と志乃という二人の子をもうけた。つまり、紫亜は湖太郎の曽祖母である。体が弱ってニャーが魔界に連れ帰りに来た際に、人間界での記憶を消されたため志摩としての記憶は失ったが、太郎との再会の約束の記憶は完全には消え去らず、何を探したいのか思い出せずにその何かを探しに人間界を訪れた。最期は太郎の葬儀の後に命が尽き、湖太郎の前で息を引き取る。亡骸はニャーが魔界に持ち帰った。アニメ版では志摩関連の設定は一切無く、修業のために人間界に来ている見習い悪魔ということになっている。湖太郎の命を吸い取るなど悪魔らしいところを見せていた原作と異なり、悪魔らしさなどは微塵もなく(早紗ですら悪魔の気配を全く感じ取れない程)、物を浮かせたりする程度の力しか持たない。テレポートは可能だが、ほんの数メートルしか移動できず、無理に長距離を跳ぶと貧血で倒れてしまう。しかも体力もない。また、「見習い悪魔」であることが強調されていたり(ニャー曰く「前代未聞のダメ悪魔」)、天然色が強いキャラクターになっているなど、他のキャラクター以上に原作との相違点が多い。11話で湖太郎や天達にあっさりと自分が悪魔である事を明かしたり、薫に悪魔かと聞かれて「はい」と笑顔で答えたりなど、美紗と同様に自分の正体を隠そうとしない。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:78 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE