ばね係数
[Wikipedia|▼Menu]

ばね定数
spring constant

量記号k
次元M T −2
種類スカラ
SI単位N/m
テンプレートを表示

ばね定数(ばねていすう、ばねじょうすう、spring constant)は、ばねに負荷を加えた時の荷重を伸びで割った比例定数である。フックの法則にあらわれる。つまり、力 F と変位 x を用いて、 F = k × x {\displaystyle F=k\times x} k = F x {\displaystyle k={F \over x}}

という関係を満たす定数である。

もっとも一般的なばねである圧縮コイルバネの場合、ばねの寸法とばね定数の関係は次の式のようになる。 k = P δ = G d 4 8 N a D 3 {\displaystyle k={P \over \delta }={Gd^{4} \over 8N_{a}D^{3}}} k {\displaystyle k} :ばね定数 (N/m) P {\displaystyle P} :荷重 (N) δ {\displaystyle \delta } :変位 (mm) G {\displaystyle G} :ばね材料の横弾性係数(N/mm2=MPa) d {\displaystyle d} :ばねの線径 (mm) N a {\displaystyle N_{a}} :有効巻き数 D {\displaystyle D} :平均コイル径 (mm)

ばねの線径が太いとばね定数は大きい。巻き数が多く、コイル径が大きいと(ばねを伸ばした時の線の長さが長くなると)ばね定数は小さくなる。
関連項目

フックの法則

ヤング率

弾性エネルギー

固有振動


更新日時:2018年8月16日(木)11:07
取得日時:2018/10/18 08:25


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:3545 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE