こてんこてんこ
[Wikipedia|▼Menu]

『こてんこてんこ』は、講談社刊の「たのしい幼稚園」連載の上野あつこ漫画。また、2005年10月6日から2006年9月28日までテレビ東京系で放送されていた日本テレビアニメ作品である。


目次

1 作品概要

2 主な登場人物

2.1 天の国

2.1.1 こてんこの6人の兄


2.2 地の国


3 テレビアニメ

3.1 スタッフ

3.2 主題歌

3.3 サブタイトル


4 関連項目

5 脚注

6 外部リンク


作品概要

天の国の女王様が持つ「エンジェルスター」(アニメでは"天の星")を守る正義の天子(天使)・こてんこの活躍を描くギャグタッチのキッズ向け作品。最終回では、こてんことまてんこ2人が協力して大魔王を倒し、物語は完結する。
主な登場人物
天の国
こてんこ(小天小)
- 伊東みやここの作品の主人公。未来の天の国の王様。普段はエンジェルスターを守っている正義の心を持つ子供の天使だが、ピンチや極度の緊張に陥ったりすると頭上のリングが濃い灰色に染まり、まてんこに“転身”する。
まてんこ(魔天小)
声 - 伊東みやここてんこが転身した姿。悪い心を持つが、まだ子供なので性格は“ワルガキ”の範疇に収まっている。女王様が天使のリングを交換【転着】することで、こてんこに戻る事が出来る。まてんこに変身している間の記憶はない。まてんこがこてんこである事は混乱を招かないために天の国の人々には知らされていない。ピックに惚れている。
ピックちゃん
声 - 大前茜こてんこの幼馴染の妖精。陽気な性格の持ち主で、まてんこに対しては強気な所を見せている。歌が非常に下手。こてんこがまてんこになると手首の通信機で女王様にリングの交換を求める。
ナッパ
声 - 仲西史絵ピックの弟。帽子を目深に被り表情を隠す。いつもまてんこに苛められている。折り紙が得意。こてんこをよ呼ぶ時は「こてんこちゃん」だが交通アニメは「こてんこ」と呼び捨てだった。
女王様
声 - 石松千恵美天の国を治めている女王。いつも優しいが、怒らせると怖い。唯一天使のリングを転着できる人物。
ムームー
声 - 土方優人こてんこの教育係。冷静で厳格だが、ちょっと間抜けな所がある。本来は地の国の住人で、大魔王とは浅からぬ因縁を持つ。アニメ3クール終盤で、かつて地の国を治めていた「シロス」であることが判明。シロスは地の国以外にも存在するが、アニメでは地の国のみ明かされた。
こてんこの6人の兄6人の兄のうち1人は大魔王の手下になっていて行方不明とされている。作中では6人全員登場しない。
ドオン
声 -
椿基之こてんこの「6人の兄」の1人。こてんこと最も関係が深い。こてんこを呼ぶときには「こてんこくん」と呼ぶが交通アニメでは呼び捨てにしていた。
ヴァー
声 - 大畑伸太郎(22話『大あらし!花だんを守れ!!』の回のみ大原崇)こてんこの「6人の兄」の1人。
ルー
声 - 斎賀みつきこてんこの「6人の兄」の1人で行方不明になっていた。地の国に堕ち、大魔王の義理の息子となる。呪いをかけるため、誕生直後のこてんこの羽を奪い、まてんこ誕生の原因のキッカケを作った張本人。地の国に染まりきったからか生来の気質なのか非常に快楽的な性格で楽しい事を求めるあまり、こてんこ達に手を貸した事もある。
セラ
声 - 村松義孝こてんこの「6人の兄」の1人。責任感が強く、少々頭が硬いが、兄弟の中で一番賢い。「天の国」のすべての人から信頼されている。
地の国
男爵
声 -
中多和宏アグーの手下で、地の国を治めている人物。天の国を支配するためにエンジェルスターを狙っている。一応悪役なのだが意外と面白い性格と行動のせいか、悪そうに見えないのが玉に瑕。こてんこ・まてんこに飛ばされた時や、自ら逃げる時に必ず「さよならさんかくまたくるばーい」もしくは「嬉し恥ずかし○○したいー」と叫んで消えていくのが毎度のパターン。
ねこうもり
声 - 水田わさびコウモリを合体させた獣で、男爵の帽子に住む手下。普段は男爵に反抗的な態度を取るが、男爵が病気で寝込んだ時は敵のこてんこ達に助けを求めたりもしており、本当はそれなりに絆を結んでいるようだ。語尾に「ニー」を付けるのが口癖。貴重な枕と布団がないと、寝不足になる。また、味噌握りが大好物でもある。
うるさいぬ
声 - 姫野惠二男爵の部下の。元気が取り柄だが、早とちりになることが多い。感想を3回繰り返すのが口癖。
おたかさん
声 - 速見圭男爵の屋敷の家政婦だが、本当は男爵のお目付け役でもある。綺麗好きで、ピックとドオンに好感を持つ。
くりくり
声 - おぐらふみえおたかさんの子供でこてんこの友達。「くりくり」としか喋れないが、しっかり者。原作では天の星から生まれた。
大魔王アグー
声 - 花田光地の国の長。天の国の支配を企んでいる。こてんこに「まてんこになる呪い」をかけた張本人。かつては天の国の住人であったが、地の国を乗っ取り、シロスであるムームーを追放した。作中は地の国の城の玉座から動かず、男爵の不本意な発言に地震を起こしている。
テレビアニメ

テレビ東京系で放映開始時は2005年10月6日の木曜18時00分から、2006年4月以降は17時30分から放送。系列の衛星放送局・BSジャパンでは木曜18時55分からの放送。

シリーズ構成高橋義昌遺作となる作品であり、アニメ作品としては声優・鈴置洋孝の遺作でもある。

女性卓球選手の福原愛が、卓球がとても上手い妖精・アイちゃん役で声優に初めて挑戦した作品である。なお、2006年5月4日の再登場以降はかないみかが演じている。

2006年6月29日放送回・最終回では兄弟手品少年コンビ・山上兄弟が、魔法使いの兄弟・“よっち”と“あっきー”役で声優に挑戦した。

作中にグランプリのキャラクター「くりぐま」が何度か登場するが、原作者の上野あつこは登場に対して許可を出していない。また、3クール目以降の展開に原作者の上野あつこは一切関わっていない[1]
スタッフ

企画・制作 - GP・GATE

原作・キャラクター原案 - 上野あつこ

連載 - たのしい幼稚園(講談社)

監督 - 工藤進

シリーズ構成 -
高橋義昌三井秀樹長谷川勝己

キャラクターデザイン・総作画監督 - 羽山淳一

くりぐまキャラ原案 - 片田陽子

美術監督 - 河野次郎

色彩設定 - 関根栄子

撮影監督 - 笹野進一

編集 - 板部浩章

ビデオ編集 - 永田雅士

音響監督 - 平井隆博

音楽 - 亀山耕一郎

プロデューサー - 青木俊志、すぎやまあつお、鹿糠雅博

アニメーションプロデューサー - 石坂透

アニメーション制作 - アイムーヴ

製作 - テレビ東京・NAS

主題歌
オープニングテーマ

「いっしょに唄おう!」(第1話 - 第30話)(2005年10月6日 - 2006年4月27日)
作詞 - 柴田ひろあき / 作曲 - 飯塚博 / 編曲 -
京田誠一 / 歌 - 小枝
「ゆけゆけ こてんごう」(第31話 - 第52話)(2006年5月4日 - 9月28日)
作詞 - わたなべもも / 作曲 - 馬飼野康二 / 歌 - Tenkara-mail(テンカラメール)
エンディングテーマ

「星物語」(第1話 - 第30話)(2005年10月6日 - 2006年4月27日)
作詞 - 柚木美祐 / 作曲・編曲 - 平間あきひこ / 歌 - 河井英里
「こてんこたいそう」(第31話 - 第52話)(2006年5月4日 - 9月28日)
作詞 - わたなべもも / 作曲 - 馬飼野康二 / 歌 - Tenkara-mail (テンカラメール)
サブタイトル
こてんこがまてんこ? / こてんこは未来の王様!

はじめてのパトロール / 天の星はみんなの宝物

楽しさいっぱい妖精の国 / キレイにしましょう!

高星切りバサミくん大ついせき! / タンポポ畑でつかまえて

おんぷのお城は大さわぎ / ピンチ!こてん号ぐるぐる大作戦

びっくり!増えるミラー大作戦 / おもいでの小びん

シャボン玉ぱにっく! / チョー不思議!びっくり絵本

こてんこちゃん、てんしんしちゃダメ! / SOS!バラのアーチ

仮面をかぶって大混乱 / 小さな小さな雪だるま

地の国のおともだち / キャプテンコック参上!

おかしなお菓子の飛行船 / 大あらし!花だんを守れ!!


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:16 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE