およげ!たいやきくん
[Wikipedia|▼Menu]

「およげ!たいやきくん」
子門真人シングル
初出アルバム『およげ!たいやきくん』
B面いっぽんでもニンジン
(8cmCD以外、歌・なぎらけんいち
またね
(8cmCD、歌・橘いずみ
リリース1975年12月25日(オリジナル盤)
1992年7月1日(8cmCD)
2006年(シェイプレコード)
2008年3月5日(12cmCD)
録音1975年11月26日[1]
ジャンル童謡
時間4分09秒
レーベルキャニオン・レコード
(オリジナル盤)
ポニーキャニオン
(上記以外)
作詞・作曲高田ひろお佐瀬寿一
ゴールドディスク


第9回全日本有線放送大賞特別賞

第5回FNS歌謡祭最優秀ヒット賞

チャート最高順位

1位(オリジナル盤、オリコン

57位(8cmCD、オリコン)

19位(12cmCD、オリコン)

1976年度年間1位(オリコン)

オリコン歴代シングルランキング1位

44位(8cmCD、CDTV

16位(12cmCD、CDTV)

1位(オリジナル盤、ミュージック・ラボ)[2]

子門真人 シングル 年表

勇者ライディーン
(1975年)およげ!たいやきくん
(1975年)いつになれば
UFO戦士ダイアポロン
(1976年)

ひらけ!ポンキッキ 年表

たべちゃうぞ矢沢邦江(ガチャピン)
(CX-101/1975年) 「およげ!たいやきくん」子門真人
(CX-102/1975年) 「そらとぶさんりんしゃ」なぎらけんいち
(CX-103/1976年)

ミュージックビデオ
「およげ!たいやきくん」 - YouTube
「いっぽんでもニンジン」 - YouTube


テンプレートを表示

『およげ!たいやきくん』
ひらけ!ポンキッキコンピレーション・アルバム
リリース1976年2月10日
ジャンル童謡
レーベルキャニオン・レコード
プロデュース-
チャート最高順位


週間1位(オリコン

1976年度年間1位(オリコン)

ひらけ!ポンキッキ 年表

ひらけ!ポンキッキ Vol.2
(1975年)およげ!たいやきくん
(1976年)ホネホネ・ロック パタパタママ
(1976年)

テンプレートを表示

『およげ!たいやきくん』は、1975年フジテレビの子供向けの番組ひらけ!ポンキッキ』のオリジナルナンバーとして発表、リリースされた童謡

作詞高田ひろお作曲編曲佐瀬寿一ディレクター小島豊美子門真人が歌ったバージョンは、2018年5月現在、日本で売り上げ枚数が最も多いシングル盤(フィジカル・シングル)とされている。本項では、この曲も収録された同名のLPも扱う。

なお『ひらけ!ポンキッキ』番組内で放送された同曲のアニメ映像内でのタイトル表記では「!(感嘆符)」がついていない。
目次

1 来歴

2 ヒットの影響

2.1 考察

2.2 印税

2.3 社会的ブーム


3 LP『およげ!たいやきくん』

4 カバー・リメイク

4.1 公式リミックス・カバー

4.2 他の歌手によるカバー

4.3 その他リメイク

4.4 関連曲

4.5 アルバム


5 関連グッズなど

6 その他

7 参考文献

8 関連項目

9 脚注

10 外部リンク

来歴 タイヤキ屋のモデルとされる浪花家総本店(東京都港区麻布十番)

1975年10月5日[3]10月21日とも[4][5])に『ひらけ!ポンキッキ』で初めて流され、その後リクエストカードやフジテレビへのレコード発売の問い合わせが殺到した[5]

この曲は当初生田敬太郎が『ひらけ!ポンキッキ』の番組内で歌っていたものだが、生田が事故に遭遇したことや、[要出典]生田がテイチクと専属契約を結んだことで『ひらけ!ポンキッキ』関連のレコードを発売していたキャニオン・レコード(現・ポニーキャニオン)からのレコード発売ができなかった関係で[6]、生田の歌での放送は11月27日を最後に終了し、12月9日から子門真人へ交代して放送を再開[7]

当初1976年1月に発売予定だったが前倒しされて[1]1975年12月25日にオリジナルのシングル盤(キャニオン CX-102)がキャニオン・レコードから子門の歌唱で発売された。発売前の予約だけで30万枚に達した[7](35万枚[4]とも)。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:169 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE