Uncyclopedia:言語テンプレート
[Uncyclopedia|▼Menu]

日本語版アンサイクロペディアのBabelで使われている言語テンプレートは、簡単に整備や改造ができるように作られている。新しく言語を登録するのは簡単だ。新しく言語レベルを登録することもできるが、こちらはちょっとばかし難しい。
目次

1 新しい言語を登録する

2 新しい言語レベルを登録する

2.1 枠の色、背景色

2.2 説明文

2.3 周知


3 関連項目

新しい言語を登録する

新しく言語を追加する場合、以下の手順に従うこと。
その言語が既に存在していないかどうか、
Template:LangNamesの編集ページで確認すること。これから登録したい言語が現実世界にも実在する言語の場合、その言語の正式な符号(2文字のアルファベット。例えば日本語なら"ja")を言語コード表で確認する(原則として2文字のもの)。これが言語のコードになる。その言語が存在しなかったり、何らかの理由で正式なコードが使われてしまっている場合、ウィキペディアでもアンサイクロペディアでも使われていないものを選んでコードを決める。

ユーザーを登録すべきカテゴリー、「Category:User_xx」( xx は言語コード)を作成する。説明文はTemplate:Lang Categories Textを使用するので「{{Lang Categories Text|○○○|xx}}」と1行だけ書き込めば良い(○○○は言語名、xxは言語コード)。

Template:LangNamesの編集ページを開く。

既に登録されている言語名を参考に、新しい行を作って「 |xx=○○○」( xx は言語コード、○○○は表示したい言語名)と書き込む。この言語名はテンプレートの左側の符号(例えば「ja-N」の部分)に貼られるリンクのリンク先にもなる(例えば、言語名が「日本」なら、「ja-N」などの部分から「日本語」へのリンクがはられる)。

最後に、Uncyclopedia:Babelの「言語別」の「編集」を開き、その言語の説明を書き加えておくこと。他の言語を参考にして、コードや言語名、説明文を追加する。

新しい言語レベルを登録する

新しい理解度レベルを作成する場合、この節を全て理解してからにしてください。
新しいレベルをきちんと整合した形で作成するのは、新しい言語を登録するよりも複雑で、wiki文法への理解も必要です。さらに、新しいレベルの位置づけや意味について十分な調整も必要です。ノートで十分な議論をすることが望ましいです。

新しい言語レベルを作成する場合、3つの要素を登録する必要がある。枠の色、背景色、説明テキストだ。それぞれは、Template:LangLevelColors(枠の色)、Template:LangLevelBgColors(背景の色)、Template:LangLevelText(説明文)の3つのテンプレートに対応している。



枠の色、背景色

LangLevelColorsLangLevelBgColorsについては、既に登録されているレベルを参考に、新しい行に「 |x=#cccccc」のように記述する。xは言語レベルを表すコード、#cccccc はRGBコードだ。もちろん、色名(white、blackなど)でもかまわない。#は内部で#と変換される。が#ccccccと書くと変換過程で
cccccc

になってしまうのでwikiを騙してあげる必要がある.必ず、#ccccccとしよう

なお、LangLevelColors は枠線と左側のコード部分の背景の、 LangLevelBgColors はテキストの背景部分の色になる。

例:

ja-Nこのユーザーは日本語母語話者です。

この場合、

濃いグリーン = LangLevelColors

薄いグリーン = LangLevelBgColors

になる。
説明文

LangLevelTextが説明文にあたる。これは枠の色や背景色に似ているが、書き込むのは説明文そのものになる。

この中には、
その言語名

言語のカテゴリーへのリンク

カテゴリー登録のための記述文

の3つを記入する必要がある。詳細は既に登録されているテキストを参照にして欲しい。

文中で、
[[:Category:User_{{{2}}}|{{LangNames|{{{2}}}}}]]
これが言語名を表示する部分になる。通例では、言語名にそのカテゴリーへのリンクがはられている。
[[:Category:User_{{{2}}}#●|○○○○]]
これが、そのカテゴリーの、理解度レベル別にソートされている所へのリンクである●を必ず、理解度レベルのコードに書き換えること。また、○○○○部分には好きな言葉を書いて良い。
[[Category:User_{{{2}}}|●]]
最後にこれを付け足すこと(●を必ず、理解度レベルのコードに書き換えること)。これが無いと、その利用者の利用者ページをユーザー言語カテゴリーに登録できなくなってしまう。

例(レベルNのもの): |N=このユーザーは'''[[:Category:User_{{{2}}}|{{LangNames|{{{2}}}}}]]'''の'''[[:Category:User {{{2}}}#N|母語話者]]'''です。[[Category:User {{{2}}}|N]]

結果はこうなる。このユーザーは日本語母語話者です。
周知

作成し終わったら、最後にそれを周知しなくてはならない。
Uncyclopedia:Babelの説明文にそのレベルを書き加えておく。

Template:LangsTemplate:Lang Categories Textの編集ページを開き、既に登録されているレベルを参考にして、そのレベルの説明を書き加える。

これで終わりだ。どうせだから、ノートから理解度レベル作成までの議論を削除しておくといいだろう……間違って2回も作成されちゃかなわないし、とりあえず目障りだ。
関連項目

Uncyclopedia:Babel

 ・ ⇒・ ⇒ 運営関連文書 閲覧するアンサイクロペディアについて - 初心者のためのガイドブック - アンポータル - アンサイクロペディアを探検するには? - アンサイクロペディアを紹介するには? - アンサイクロペディアを引用するには? - 検索 - ブラウザ検索 - ヘルプ目次 - 一覧の一覧の一覧 - シンプル英語版
参加する初めての方へ - 児童・生徒の方々へ - ヘルプデスク - サンドボックス - Babel - 利用者ページ用テンプレート - ユーザーボックス - 言語テンプレート - 利用者
執筆する編集の仕方 - 馬鹿にならずバカバカしくやる方法 - 馬鹿にならずにバカバカしくやる方法(画像編) - 編集の心得 - 創作の過程 - 記事作り方コンベンション - そおときいのきまり - カテゴライズとテンプレート - NavFrameの使い方
法律関係画像利用の方針 - 著作権 - 著作権について - フェアユース - 免責事項 - プライバシー・ポリシー
行動ルール煽りあいガイドライン - 悪意や害意で記事を作らない - アンサイクロペディアは何でないか - 日本中心にならないようにならないように -
メンテナンス管理 - 語録 - スタブ - バグの報告 - 執筆依頼 - 翻訳依頼 - 加筆依頼 - 画像提供依頼 - ショートカット(一覧) - 投票 - 投票の方針 - ルール作りの方法
メインページ関係秀逸な記事 - 秀逸な記事の選考 - 新着記事 - おすすめ記事 - 絵ごころ - 執筆コンテスト - メインページの一覧 - 季節の話題と画像 - 今日は何の日
管理者関係 573c 管理者 - 管理者立候補管理者不信任動議 - Oversight - ビューロクラット - Bot - 管理者用伝言板 - どうしようもない記事 - 削除の方針 - 即時削除 - 削除依頼の仕方 - 管理者の十戒 - 管理者の十戒 Ver.2 - 利用者名変更について?
荒らし対策投稿ブロックの方針 - 投稿ブロック依頼 - 裁量ブロック - CU - 助役CU - CU依頼 - 保護の方針 - 版指定削除
コミュニティコミュニティ ・ ポータル - 雑居房 - お知らせ - ニンジャスター - 100の質問 - 中毒ですかテスト - 秀逸なノート
ガイド 初心者のためのガイドブック - FAQ - AFAQ - 用語集 - サーバについて
その他寄付 - すべての人にユーモアの贈り物を - 削除された事実と退屈な文章 - アンサイクロペディアを情報源とするサイト - 個々のページの情報


更新日時:2011年3月19日(土)15:01
取得日時:2018/07/22 07:59


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:21 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE