UnNews:株価下落で波紋広がる
[Uncyclopedia|▼Menu]

2008年9月30日 日本経済新聞 株価暴落を受けて落胆する投資家 サンドイッチマンが急増している(?)

ダウ平均株価は金融安定化法案否決を受けて大幅下落した。日経平均株価もこれを受けて今年最大の下げ幅を記録した。世界中で株価大幅下落の影響が広がっている。

すべての株式が下落した中、それでも株を売らずに買い続ける投資家がいる。ニューヨーク在住のトーマス・マックレインさん(48)は先々週破たんしたリーマン・ブラザーズの元社員。彼は心機一転して今までリーマンで養った金融スキルを活かして投資家として大成することを目指す。「みんな僕を変人扱いするが、今日の市場は株が売られすぎだ。最後は絶対持ち直す。」と自信をのぞかせている。結局、株価は取引終了まで持ち直さず彼は住宅ローンと今回の損失で12万ドル(≒約1250万円)の借金を背負う。

「仕事は何でもします。」今回の大幅下落で自己破産した投資家が相次いだ。ウォール街ではリーマン・ブラザース破たん後からサンドイッチマンが増えている。その一人ジャック・ウィローさん(23)。昨年MITを卒業してメリルリンチで働いていた元社員だ。今日も街中を歩きまわって仕事を探している。「せっかく、頑張ってMITに入ったのに全然意味ないじゃん。」不満が彼の口からこぼれる。今日は自宅警備員の仕事を見つけ、とりあえず落ち着いた様子だ。

影響はアメリカだけではない。新興国も深刻な影響を受けた。資源高で潤うロシアも金融不安の影響を受けている。今日、ロシアは主要取引場を閉鎖したがそれが原因でさらに不安を広げている。噂によると「コンピューターを管理する責任者がウォッカを飲みすぎて居ない」とか、「モスクワの寒さで逆にシステムがダウンした。」など、確実に金融不安が直接的な原因だと思われる。

専門家によると株価は持ち直すらしい。「今日の下げ幅は777ドルと今年の下げ幅の中では一番ラッキーな数字だ」と指摘している。「『777』は当たりの数。だから、明日は必ず持ち直す」と元リーマン・ブラザース社員で投資家のマックレインさん(48)は満面の笑みで語った。
用語解説

リーマン・ブラザース先々週破たんした大手金融機関。
競馬に熱中しすぎて、気づいたら全部すって樹海に入ったおっちゃん状態にOTL

MITマサチューセッツ工科大学の略称。東大の上だから東大受験生は是非MITを受けてみよう。

サンドイッチマン簡単に言うと看板を前後ろ両側に下げるあれ。アメリカの失業者は決まってコレをする(嘘)

最新| 社会| 国際| 経済| 政治| 文化・スポーツ| 科学・暮らし・インターネット| おまかせ表示| メインページ




更新日時:2018年6月28日(木)22:37
取得日時:2020/10/24 15:14


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4433 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef