UnNews:東知事、宮崎県と鹿児島県の合併を提案??総選挙出馬へ「奇策」とも
[Uncyclopedia|▼Menu]

【宮崎ニコニコ新聞 平成20年10月26日11時12分配信】

東国原英夫宮崎県知事が鹿児島県の伊藤祐一郎知事へ、宮崎・鹿児島両県の合併を申し入れていたことが分かった。東国原知事が定例記者会見において言及した。

会見によると、両県の合併によって、将来九州が道州制へ移行した後も「南九州地方」としての発言力を確保するための提案だとした上で、「両県の地域は歴史的にも、日向国から薩摩国・大隅国が独立して成立したのだし、実際に明治時代には数年間ではあるが合併していた時期もある」として、提案への理解を求めた。

鹿児島県の伊藤知事も記者団の取材に対して、「東国原知事からそのような提案があったのは事実」と述べ、「県名を宮崎県、県庁所在地を鹿児島市としてはどうか、との話だった」と、かなり踏み込んだ提案であったことを認めた。その上で、「都道府県同士の合併は戦後実現したことはないが、これからもずっとそうだというわけにはいかない」として、鹿児島県として真剣に検討していく姿勢を強調した。

両県の合併が実現すれば、人口で270万人あまりと京都府を上回る規模となり、面積ではすべての都府県を抜き去り、一気に北海道に次ぐ2位に躍り出ることになる。

都道府県の異動に関しては、鳥取島根の両県が今年4月に共同持県会社さんいんホールディングスの傘下に入り経営を統合したほか、大阪府が今月に入って自治継続を断念、総務省が旧大阪府の自治を代行している。

【市民の声】

本紙が鹿児島新報新社と共同で、宮崎・鹿児島両県の市民の声を聞いた。

「知事は国政へ進出するために宮崎県知事というポストを潰したいのだろう。まさに奇策と言うしかない」(宮崎市・58歳男性・会社経営)

「合併すればテレビ局は6局になり、キー局の数を上回る。これからはUHFアニメも見やすくなるので合併は大歓迎」(宮崎市・42歳男性・自宅警備員

「宮崎と鹿児島が合併すれば、両県の中間に位置する都城が発展するのは間違いない。もしかしたら新しい県庁は都城に来るかも」(都城市・52歳女性・主婦)

宮崎あおい篤姫を演じたのは伏線ですね、わかります」(鹿児島市・21歳男性・大学生)

「鹿児島と合併すると転勤に離島が含まれるようになり、何のために鹿児島を出て宮崎で就職したか分からなくなる。個人的には反対」(宮崎市・26歳男性・公務員)

「宮崎と鹿児島が合体できるなら、漏れも加護ちゃんと合体できるはず」(小林市・36歳男性・東京第2チャンネル職員)

「県名が宮崎になって、『宮崎県の偉人西郷隆盛』とされるのは屈辱。合併するなら県名も鹿児島とするのが自然」(鹿児島市・76歳男性・無職)

「本当に合併するなら、県名は宮崎か鹿児島のどちらかにすべき。鹿児島県は平成の大合併で変な市名が増えすぎた。過去の教訓は生かすべき」(南九州市・52歳女性・主婦)

「彼は宮崎のセールスマンを自称していたが、まさか県ごと根こそぎ売り払うとは思わなかった。鹿児島に合併されたら、今より辺境に追いやられる宮崎は、衰退に歯止めがかからなくなる」(日向市・31歳女性・販売員)

「キーキーッ、キキー、キーッ、フーーーーッ!」(串間市幸島・3歳オス・ニホンザル)

「東国原知事の出身は薩摩藩(の領地)だった都城だから鹿児島との合併も抵抗ないだろうが、基本的に宮崎と鹿児島は水と油。成功するわけはない」(日南市・37歳男性・団体職員)

「合併して県名が変わると言うのであれば、いい機会だから絶対にここの住所表記を短縮したい。『し』が多すぎて口に出すと噛むし、志布志の書きすぎで腱鞘炎がなかなか直らない」(志布志市志布志町志布志・30歳女性・志布志市役所志布志支所職員)

「県北は今でさえ辺境なのにさらに県庁所在地から離されるのは正直困る。もし実現するのであれば、延岡は大分と合併するべきだ」(延岡市・25歳男性・会社員)

「合併するなら今日にでも。東国原知事には是非とも私の後を継いで(以 111a 下略)」(宮崎市・65歳男性・国会議員

関連リンク

自治継続断念のお詫び ― 大阪府知事職務代行者 島田紳助 - 府政を掻き回すだけ掻き回して失踪した前知事にかわり、番組仲間の島田氏が自治権を返上した。

府債償還不能のお詫び ― 大阪府知事職務代行者 島田紳助 - 大阪府債は自治権返上とともに紙屑となった。自治体の債券がデフォルトとなるのは国内初の事例。

兵庫県池田市 - 池田市は大阪府を見限り、兵庫県の軍門に降った。

総務省大阪自治事務所(旧大阪府) - 旧大阪府庁に設置された総務省の出先機関。

大阪府の住所表記が変更になります - 大阪府内の住所表記は「大阪府東大阪市?」から「総務省東大阪市?」へ変更。政令指定都市は従前どおり。

さんいんホールディングス - 持県会社さんいんホールディングスのホームページ。両県知事を「代表取締役」、両県議会議員を「社員」として発足し、事実上の合併を実現している。


この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新| 社会| b80 国際| 経済| 政治| 文化・スポーツ| 科学・暮らし・インターネット| おまかせ表示| メインページ




更新日時:2017年9月6日(水)21:58
取得日時:2020/12/04 14:33


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7814 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef