UnNews:ソフトバンクの孫社長、新たな通信規格を提唱
[Uncyclopedia|▼Menu]

[31日(JST)、東京]ソフトバンクの孫正義社長は31日、総務省次世代通信規格委員会において、新たな方式の携帯電話通信規格を発表し、標準化を提唱した。

今回提唱された規格は高振幅重力電流方式(High Amplificated Gravitational Electric method、略称HAGE)とよばれるもので、各通信事業者の契約者のうち空き領域がある人を利用して電波を反射させ、電波の届く領域をより広範にするというものである。この方式の長所は、周りに頭頂部に空き領域がある人がいればアンテナを増設しなくても電波を送ることができることである。これにより事業者の維持管理費が抑えられるだけではなく、圏外となる地域も大幅に減り、災害時などにも迅速な対応ができるようになると孫社長は話す。さらに、放っておけば何の価値もない空き領域を有効活用することも出来るのである。採用されれば2020年度をめどに実用化されるという。

孫社長は、ほかの仕事が行き詰ってを抱えていたときに、自分に空き領域があることに気づきこの規格を思いついたという。「この規格が採用されれば、日本の通信技術は大きく前進するだろう」と孫社長は目とその上らへんを輝かせながら記者に語った。




2010年8月1日 (日) 06:59配信

最新| 社会| 国際| 経済| 政治| 文化・スポーツ| 科学・暮らし・インターネット| おまかせ表示| メインページ

更新日時:2019年4月18日(木)08:04
取得日時:2020/11/22 04:06


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2991 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef