TK-80
[Uncyclopedia|▼Menu]

TK-80(てぃーけーはちじゅう)とは1976年NECが出した、i8080Aのパロディー版であるμPD8080Aを世の中に広めるためのトレーニングキットである。
目次

1 歴史

2 構成

3 現在

4 関連項目

歴史

現在の40代ぐらいの年齢の技術者にはこのTK-80を学生時代に(時として少ない)お小遣いを握り締めて、今のように穢れの無い、純粋な秋葉原の電気街で購入した思い出のある方も多い。

このTK-80が、いまのパソコンの普及に一役買っていたというのは謙虚にも程がある。今のパソコン(当時はマイコンと呼んでいた)が日本でここまで普及したのは、TK-80と旧Macと9801の努力の賜物である。

懐かしい。
構成

TK-80のハードウェア構成及びシステムは以下のようになっていた。
CPU
CPUにはi8080AのパロディであるμPD8080A(0.002048ギガヘルツ)を搭載していた。このCPUはオリジナルよりちょっと賢い事で知られていた。
メモリ
メモリ(RAM)スロットは八つ用意され、最大0.000001ギガバイトまで実装可能。
外部記憶装置
ハードディスク? DVD-ROM? 何それ美味しいの? しかし、必要なOSは既にROMに焼かれているため、起動するとすぐにTK-80を利用出来るなど、今のPCの起動してから使えるようになるまでのあのじれったさからは想像出来ない迅速さがあった。
周辺機器
キーボードやマウスは附属していないものの、入力デバイスとしてAからFの英字キーまで付いた豪華なテンキーが実装されている。一方出力デバイスには目に優しい八桁のデジタル数字赤LEDが標準装備されている。
OS
OSとして機械語モニタと呼ばれるシステムがROMに焼かれていたが、機械語コードの入力からデバッグまで出来るようになっている極めて優秀なシステムであった。しかも、死のブルースクリーンも爆弾アイコンも絶対に出ない上に、ウィルスに冒される事も絶対に無いと言う頑丈さも兼ね備えていた。

以上のように、外部記憶装置を除けば、現在のコンピュータに必要なものは一通り揃っている事が分かる。
現在

大量に生産され、バグも含めた完全な挙動の解析が終了している。そのため達人の域に達した人間は、可変電圧器と銅線を直接端子に繋ぎモニター等なしで自在に操ることができる。2006年現在、TK-80達人に認定されている日本人は3人。師範は13人。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「TK-80」の項目を執筆しています。

ゲーム電卓

電子ブロック

ライントレーサー

レゴマインドストーム

学研の科学


NOW LOADING ....
TK-80の執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年12月30日(日)18:04
取得日時:2020/02/25 09:12


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4058 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef