Mr.Children
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…ベストアルバム[編集]Mr.Children 1992-1995
解散するまでベストアルバムは出さないとか言っていたクセに、離婚に伴い生ずる巨額の慰謝料を捻出するために出された。別タイトルは『肉』。世間様は猫も杓子もミスチル万歳を繰り返し、転がり込む印税で飽食してたら肉の塊になってしまったことから。また、桜井が毎晩求めていたものを暗喩しているとも。
Mr.Children 1996-2000
解散するまでベストアルバムは出さないとか言っていたクセに、離婚に伴い生ずる巨額の養育費を捻出するために出されてもう1枚。別タイトルは『骨』。不倫騒動で、当時世間様は宇多田ヒカルGLAYに傾いており、ミスチルの記憶など信者以外は骨と化していたことから。
Mr.Children 2001-2005 <micro>
正式タイトルは『精子』。しかし、「テレビCMで『精子』はまずいだろう」ということで、レコード会社から一番小さい細胞という意味で<micro>というサブタイトルが与えられ、広告代理店から「水」というイメージが与えられた。
Mr.Children 2005-2010 <macro>
正式タイトルは『卵子』。しかし、「テレビCMで『卵子』はまずいだろう」ということで、レコード会社から一番大きい細胞という意味で<macro>というサブタイトルが与えられ、広告代理店から「太陽」というイメージが与えられた。
Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25
「♯CDが売れないこんな世の中じゃ」ってゴールデンボンバーに毒されたのかは分からないが、DL限定だと在庫抱えないで済むし、レンタルで借りられたんじゃ利益が少ないし、シングル版「I'LL BE」が収録されているしと実に合理的なベスト盤。
Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25
 25周年を記念してのベストだけど「ヒカリノアトリエ」が収録されていないので実質23年じゃねーかとか文句あるなら、ヒカリノアトリエのCDを買うなり、DLするなり、レンタルするなりしたらいいじゃないかと挑発的なベスト盤になっている。

尚、後のベストアルバムは出るかも知れないと予測されており、タイトルは『血』『膚』あたりが考えられるが適当にお察しください
ライヴ・アルバム
1/42


コラボレーションシングル
奇跡の地球


カバー曲
僕が石であるために

石井一久のカバー曲。
ストレンジカメレオン
the pillowsのカバー曲。
関連項目

田原健一

森本千絵


この項目「Mr.Children」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2019年7月9日(火)18:04
取得日時:2019/10/14 13:44


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:40 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef