MALICE_MIZER
[Uncyclopedia|▼Menu]
Gackt在籍時はMALICE MIZER史上賑やかだった

MALICE MIZER(マリスミゼル)とは、リーダーで黒魔術師でもあるManaを筆頭に、ALI PROJECTのボーカルである魔女宝野アリカの野望食い止めるべく結成した集団、また副業でバンド活動も行っていた。

バンド名はManaが「これ以上、宝野アリカによる災いが起きないように」と願いを込め「悪意と悲劇」からもじった造語。なおManaは宝野アリカ同様、ゴスロリっ娘達から「Mana様」と崇められている。またボーカルが3回も交代したことでも有名。目次

1 メンバー

1.1 ボーカル


2 概要

3 ディスコグラフィー

4 関連項目

メンバー 真ん中が3代目ボーカルのKlahaである。

Mana(マナ):ギター、シンセサイザー、ゴスロリ、踊り、黒魔術。

K zi(コウジ):ギター、シンセサイザー。ピエロ。でも、誰も気にしない

Kami(カミ):ドラム、パーカッション。名前が示すように神になった。

Yu~ki(ユウキ):ベース。伯爵。でも、誰も気にしない

ボーカル

TETSU(テツ):初代ボーカル。なお
L'Arc-en-Cielのベーシストと名前が同じだが違う。でも、誰も気にしない。ZIGZO(ヴィジュアル系なのかわからない)でL'Arc~en~Cielの元ドラム、sakuraと一緒になるがnilという反ヴィジュアル系集団を組みヴィジュアル系の破門になった。本名は高野哲

Gackt(ガクト):2代目ボーカル。後に上杉謙信となる。100年後のCG技術を駆使され作られた存在。後にソロになり、AVEXヴィジュアル系になった。沖縄出身で1540年7月4日生まれと申告していたが、近年になって1973年7月4日生まれと修正した。

Klaha(クラハ):3代目ボーカル。ヨッシー似のイケメン。でも、誰も気にしない。

概要

1992年ALI PROJECTの宝野アリカの勢力が強まり地上のあらゆる場所に魔の手が忍び寄り混沌としていた。そんな中、危機感を覚えた黒魔術師のManaは務めていたアルバイトをバッくれてMALICE MIZERを結成する。1994年に自分達の存在と知らし、警報を唱えるためバンド活動を開始しアルバム? 5b4 ?memoire』を発売する。

1995年に前任ボーカルであるTETSUが脱退。ある日Manaが反魂の術で源実朝を蘇えらせGacktという芸名で加入をする。しかし宝野アリカがGacktに呪いをかけ堕落させ、現世の楽しさにうつつを抜かし失踪させる。その後発見されるが脱退し裏切る事に。

1999年にはドラムであるKamiが死去。活動が危ぶまれる。2000年には3代目ボーカルとしてモアイ顔のKlaha(クラハ)が加入する。

2001年力の弱まったManaが力を貯えるという理由にて活動停止宣言。しかし今までManaが宝野アリカの力を防いでいたが活動停止した直後、宝野アリカの力が強まる事になった。

MALICE MIZERのメンバーは様式美を好み、白塗りメイクで活動を行う事で有名。またリーダーのManaが宝野アリカの呪いにより声がメンバーにしか聞こえない呪いがかけられ? 4bb2 ?しまう。その為発言する時はメンバーに耳打ちで言葉を発し伝える。
ディスコグラフィー

SANS LOGIQUE

THE 1TH ANNIVERSARY

SADNESS

麗しき仮面の招待状

ma cherie?愛しい君へ?

再会の血と薔薇

ヴェル・エール?空白の瞬間の中で?

au revoir

月下の夜想曲

ILLUMINATI [P-type]

Le ciel ?空白の彼方へ?

再会の血と薔薇

虚無の中での遊戯)

白い肌に狂う愛と哀しみの輪舞

Gardenia

Beast of Blood

真夜中に交わした約束?薔薇の婚礼?

Garnet?禁断の園へ?

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「MALICE MIZER」の項目を執筆しています。

ゴスロリ

ALI PROJECT

この項目「MALICE MIZER」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2019年6月16日(日)09:35
取得日時:2021/02/27 15:03


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6183 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef