JR西日本321系電車
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…エクストリーム塩採取[編集]321系の座席は速乾性に優れ、人間の汗をとてもよく吸収する素材でできている。ベタつかずとてもお肌に優しい仕組みとなっている。乾いた座席からは大量の塩が採取することができ、特に女子高生が座った後にできた塩は一部のマニアにとても高く売れるとのこと。しかしオバちゃんの塩分が混入してしまうことも多々あり、純粋な成分を抽出するにはとても高度な技術が必要とされる。なお、競合する路線の社員も買いに来ることがあるため、度々「敵に塩を送る」と揶揄されることもある。
レールガンとしての321系

この車両はステンレス鋼でできているが、レールガンとしての威力も高い。加速等の性能は、207系より大幅に引き上げられたが、その分重量が増している。重心も低いため、同じように321系がマンションに特攻するには、207系よりも速度が必要と思われる。歯車比は、後継の225系と同じ高速向けとなっており、ブレーキさえ改良すれば、新快速としての使用も可能である。

岡山・広島・奈良・日根野からのラブコールも強いが、321系は生産終了の上、7両固定ということで改造されない限り、田舎に出向くことはないと思われる。
207系レールガンとの見分け方

もっぱら目の悪い人には見分けがつかないと言われている。目を凝らすと、321系はシルバーにつや消しがしてあり、207系は単に薄汚いシルバーの地がむき出しになっている。若干、321系の行き先表示が大きくなっているのがわかる。先頭を見ればわかると言われるかもしれないが、321系のブラックファイスはあまりの黒さに、駅進入時には暗黒が迫ってくるように見える。
種別幕のラインカラー

221系以降から装備した、ラインカラー入り方向幕は本形式にも採用した。なお、ラインカラーはおピンク・ブルー・イエロー・グリーンなどが存在する。しかし、路線記号導入により学研都市線がおピンク色になってしまい、グリーン幕は消滅した。直通快速幕を装備している。
関連項目

JR西日本207系電車 - 1991-2002年に製造された321系の1世代前のレールガン。

JR西日本221系電車 - 207系初期車の近郊電車的存在。

JR西日本223系電車 - 1000・2000番台車は、207系並の加速力をもつ高速近郊電車として設計された。

JR西日本225系電車 - 321系の後輩。つり目のツンデレである。

JR東日本E233系電車 - JR東日本の同期。JR東西の車輛設計思想の違いがよく現れている。


更新日時:2020年1月13日(月)08:38
取得日時:2020/07/14 17:47


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9997 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef