JR樺太
[Uncyclopedia|▼Menu]

樺太旅客鉄道株式会社種類株式会社
市場情報非上場



略称JR樺太、JR-N
本社所在地〒-01-0013
樺太庁豊原市中央区大通南3丁目5番18号
設立1987年(昭和62年)4月1日
業種陸運業
事業内容旅客鉄道事業 他
代表者代表取締役社長 樺太郎
資本金9000億円(2007年3月31日現在)
売上高88978億8600万円
(2007年3月期)
総資産123兆547億6500万円
(2007年3月31日現在)
従業員数770人(2007年4月1日現在)
決算期3月31日
主要株主鉄道建設・運輸施設整備支援機構 100%
主要子会社ジェイ・アール樺太バス

樺太旅客鉄道株式会社は、1987年4月1日日本国有鉄道(国鉄)樺太鉄道局から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。樺太庁全域と北海道のごく一部をエリアとする。本社は豊原市。略称はJR樺太(ジェイアールほっかいどう)。露語略称はЯР Сахалин。コーポレートカラーは黄色。代表取締役会長は樺太朗、代表取締役社長は樺太郎。なお、下記のように使用言語が日本語でない上、多くの日本人が乗車時に旅券をもっていたり、ロシア語の査証をもっていたりする為、日本の鉄道でないと錯覚する人すらいて、国内での知名度がJR四国に次いで悪い。その為、架空の鉄道ではないかとタグを張り付ける人もいる。切符の地紋はN。
目次

1 経営

2 本社・支社

3 歴史

4 路線

4.1 新幹線

4.2 在来線


5 使用言語・文字

6 優等列車

7 関連

経営 ロゴマーク。画像が荒いのは誰も気にしない

新幹線開通以前は非常に厳しい経営を強いられていた。車両も戦前からの旧式で数も不足し、主要幹線である樺太東線でさえ、一日一往復であり、日本の鉄道とは思えないほどであった。北朝鮮の鉄道局に活路を見つけ、車両を輸入して凌いでいた。又、電化の進んでいる同鉄道(95%にのぼる)に学び、電力供給なしでも運転するノウハウを手にした。このころの経営基盤は18切符を利用したムーンライト樺太であった。

幸福実現党が与党となると、東京の通勤圏を飛躍的に向上する新しい交通網整備の公約を実現し、宗谷海峡トンネルにつづく新幹線開通後は全島が東京の通勤圏となった。今や樺太の幼稚園児の7割が都内に、2割は府内に、新幹線通園をするに至っている。

これに合わせて、ICカードSamucaを導入し、全列車で他社エリアにまたがって使用できるシステムを開発した。

現在建設中豊原駅から北上し間宮海峡大橋を越えモスクワ駅にいたり、パリ東駅まで乗り入れるシベリア新幹線と間宮海峡大橋ふきんで分岐しベーリング海峡を越え、チリ経由で南極半島大橋を通るアラスカ新幹線が新昭和基地駅まで開通すればモスクワ、ワルシャワ、ベルリン、パリ等ヨーロッパ全域がが東京の郊外となる事は間違いなく、経営権を有するJR樺太の経営基盤は安定化し、現在国債発行で対処してきた営業赤字の800兆円も1月程度で完済すると言われている。シベリア新幹線は現在試運転中で、今年度中の開業を見込んでいる。アラスカ新幹線もベーリング海峡大橋が開通し、残す工事は南極半島大橋と新昭和基地駅のみとなっている。これに合わせて、昭和基地周辺の大都市化を進め、JR樺太線の昭和基地地下鉄への乗り入れや郊外鉄道網の一層の整備を急ぎ、2020年の東京からの遷都に備えている。遷都後の新幹線通園や新幹線通勤、新幹線通学はJR樺太主体となるので遷都に合わせて九州新幹線の開通と樺太新幹線への乗り入れでJR各社が合意している。
本社・支社

本社




所在地:樺太庁豊原市中央区大通南3丁目5番18号



支社

豊原支社

所在地:樺太庁豊原市中央区東4条南5丁目1番1号



歴史

1Q84年


2月12日:ソビエト連邦より南樺太が返還され、北樺太を購入し、樺太全島全線に国鉄樺太鉄道局をおく。


1987年昭和62年)

4月1日:国鉄が分割民営化され、樺太旅客鉄道発足。


1988年(昭和63年)

4月10日宗谷海峡トンネルが開通した。

7月10日宗谷海峡線開業。これに伴って寝台特急「北の国から」(大阪-豊原)と快速ムーンライト樺太(新宿-豊原)を運転開始。


1990年(平成2年)

11月21日自動改札機導入。


1992年(平成4年)

4月25日:稚泊航路廃止。民間へ移管。


1996年(平成8年)

1月10日:JR樺太を含む四島会社が運賃を改定し、運賃格差が発生。これにより国鉄時代より続いてきたJRグループの日本全国同一運賃体系が崩れる。


1998年(平成10年)

樺太新幹線が開業(豊原-東京、豊原-大阪、豊原-博多南)。


2007年(平成19年)

3月18日:庁内発着の全列車が全面禁煙化。


路線

20010年現在、以下の23942.0kmの鉄道路線(第一種鉄道事業)を運営している。4大陸2島に渡る。JRグループ一の路線を誇る。

凡例 [幹]:幹線系線区、[地]:地方交通線
新幹線

樺太新幹線
豊原駅 - 稚内駅

シベリア新幹線 豊原駅 - モスクワ駅

アラスカ新幹線 間宮大橋駅 - 新昭和基地駅

在来線

樺太東線
[幹](大泊港 - 古屯(414.4km)

支線 落合 - 栄浜(10.3km) (通称:栄浜線。)

貨物線 栄浜 - 栄浜海岸(1.8km)



豊真線[地](小沼駅 - 手井駅(76.2km)に変更)

川上線[地](小沼 - 川上炭山(21.9km))

樺太西線[幹](本斗 - 久春内(170.1km)

貨物線 本斗駅 - 浜本斗駅(1.3km)

貨物線 真岡駅 - 浜真岡駅(1.8km))


宗谷海峡線[地](南大泊 - 稚内(414.4km)

使用言語・文字

JRグループでは各社、駅の看板に使用している文字や言語に差異が見られる。車掌や駅員の使用言語も異なるので注意が必要である。各社の使用状況は下表のとおりである。

使用言語・文字略称JR樺太JR北海道JR東日本JR東海JR西日本JR四国JR九州JR貨物
看板の大きな文字漢字漢字アラビア語漢字大阪弁ひらがな繁体字ー
看板の小さな文字ニヴフ語ひらがなヘブライ語ひらがな京都弁漢字??ー
もっと小さな文字ロシア語アイヌ語フランス語カタカナドイツ文字カタカナ簡体字ー
駅員の言葉ロシア語アイヌ語しゃべらない日本語関西弁琉球語身振り手振り

優等列車ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「樺太の鉄道」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「樺太鉄道局」の項目を執筆しています。

JR樺太発着の優等列車とその最短所要時間は以下の通りである。

寝台特急「北の国から」(大阪-豊原)37時間43分

快速ムーンライト樺太(新宿-豊原) 72時間02分

樺太新幹線

しらせ(豊原-東京)4時間43分

白鳥(豊原-新大阪)2時間02分

さくら(豊原-博多南)4時間03分


関連

樺太旅客鉄道本社
 ・話・編・歴 


その他 : JR樺太 JR貨物 JNRJR
北海道

施設 : グリーン車 みどりの窓口
関連企業 : キヨスク NRE
JR
東日本

JR
西日本

JR
九州

西
JR
東海

東京
JR四国

この「樺太旅客鉄道」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年2月17日(土)16:13
取得日時:2019/08/25 17:51


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef