JR東日本E501系電車
[Uncyclopedia|▼Menu]

JR東日本E501系電車(やぱーにっしぇらいひすばーんおすとやーぱんえーふゅんふふんだーとあいんつばーん)とは、JR東日本が、常磐線で伝統のエクストリーム・下山を行うために製造した楽器もしくはコレクターズアイテムである。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR東日本E501系電車」の項目を執筆しています。
目次

1 背景

2 外観

3 仕様

4 現状

5 関連項目

背景

常磐線は、国鉄総裁自らエクストリーム・下山に参加するなど、東北本線とは一味違うスポーティでテクニカルな路線であり、筑波サーキットという名前でも知られている。実際には「場末」「裏街道」と呼ばれ、首都圏以外では走る飲食店となり飲酒運転などの競技が行われ、一方、首都圏寄りの部分では、昭和の時代から常に狭いオンボロスポーツ車を優先的に割り振ることで、鉄道車両の最大性能の試金石となる存在であった。

そのスポーティな編成をおらが村へ、という、変わった地域エゴ地域住民の願いを聞き入れたふりをして、地方でも旧車をぶっ飛ばしてみたいという技術陣の興味本位で開発されたのがE501系電車であった。
外観

前面は、最近のJR車では珍しくなった、湘南形二枚窓である。塗色は、水戸納豆の褐色とカラシの黄色を合わせたツートーンである。最近までは、なぜかドアだけステンレス製で異彩を放っていたが、現在は真っ黄色に塗りつぶされている。赤色とクリームの、特急もどきの色遣いだったこともあったが、他のオンボロ特急と紛らわしいため廃止された。

車体は、本来のところ旧車感覚あふれるクラシックな車体を用意するはずであったが、先の戦争で燃えてしまった。このため、ヤンキーの聖地たる湘南のデザインを取り入れ、かつての70系的な車体となった。しかし内装は木造であり、和風で高級感あふれる内装は、その後、サンライズ瀬戸や九州新幹線など、後世の車両にも影響を与えた。古さを感じさせず、旅人に安らぎを与える秀逸なデザインであり、現在でも、魔改造された一部車が、車内をメーターだらけにして蒸気機関車に引っ張られて走る光景がみられる。
仕様

戦前形の旧型国電の台車を用いた、旧車會好みの爆音仕様である。従来はこのような車両は、地域住民との交流を大事にする田舎では嫌われるというのが常識であったが、チバラギ文化のある現地では広く受け入れられた。主制御装置も、ムダにドイツの技術を導入した音楽性あふれるものであり、「ミュージックホーンは男のロマン」とする一部の地域住民から熱狂的な支持を得た。一部、バカス? 4837 ?嫌いの住人からは、せっかくの音楽が爆音で聞こえないという声もあったが、誰も気にしない

前任はトイレから地面が見えたが、本車ではさらにクラシックに、明治時代まで遡り、うんこの際は窓を開けるようになった。なお、チャックはない。ボタン止めであり、とっさの時は注意が必要かもしれない。

電装品は川重らしい漢カワサキクオリティであり、車両工場のスタッフは、本車が入場するたびに「カワサキか・・」と呟くのが常であった。
現状

かつては加速時に「チューリップの歌」などしか演奏できず、停車時に「鼻から牛乳」「思い出の糸車」などを演奏できる、ライバルの京急2100形電車に比べ見劣りする存在であった。ただし、雪の日や雨の日などは、チョーキングやグリッサンド、トレモロなどの高度な演奏テクニックも持っていることは、鉄道教信者にかねてから知られていた。

現在は、中の人の変更により、上記の音楽はもちろん、沿線住民に人気の「ゴッドファーザー愛のテーマ」「ツッパリハイスクールロックンロール」など数々の名曲を演奏する。

しかし、上野駅に入線すると東北方面からの人が珍しがり安全運行に支障をきたすため追放され、そのショックからか付随車両は歌わなくなってしまった。
関連項目

JR東日本

西武351系電車

走ルンです
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「501系電車」の項目を執筆しています。

更新日時:2010年3月19日(金)10:30
取得日時:2019/07/17 12:44


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6309 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef