JR東日本E351系電車
[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事は振り子が左右に傾くのでバランスが保たれています。


JR東日本E351系電車(いー351けい)とは、かつて
中央本線を走っていたとされる弾丸(オーバースペック特急)である。あんなにカーブの多い中央本線で130km/hも出せるのは何かがおかしいとされているが、気にしてはいけない。ちなみに、JR東日本奴隷によると、「E257系につぐ特急型電車の傑作」とされている。しかし、実際は酔って吐く人が多発していることから、傑作であるという見方は間違っているとされている。目次

1 概要

2 車両データ

3 運用

4 何故酔いやすいのか

5 いい加減な電車と「E」

6 最後に

7 関連項目

概要

中央本線のカーブ区間では、いちいち減速をしないと通過出来ないという問題がある。つまり、いちいち減速をすることで電車が詰まり、遅延が発生するということだ。そんな問題を解決する為にJR東が作ったのがこのE351系である。E351系には「振り子」と呼ばれる装置が付いている。この振り子は、「ふり子」というJRのメイドが、カーブで車体を傾けて遠心力を軽減するという物であるとされている。振り子のおかげであずさは大幅なスピードアップを遂げることができた。余りの速さで、E351系のあずさ運用は「スーパーあずさ」として独立し、京急以上のスピードであのカーブを通過している。しかし、メイドが車体を傾けるという構造のため、たまに過労死するメイドがいるなど、問題になっている。実際、量産先行車のGTO-VVVFの周辺は、加速の時にあり得ない位の高音が聞こえてくる。これはメイドの悲鳴であるとされている。量産車のIGBT周辺からもかなり高い音が出ている。ちなみに、この車両から形式番号に「E」がついたが、この「E」は「いい加減な作り」の「いい」であるとされている。実際、この車両はとてもいい加減な作りである。
車両データ

最高速度 : 610km/h

営業最高速度 : 130km/h (実際はもっと出ている可能性有り)

制動方式 :
VVVFインバーター制御

編成 : 8+4の合計12両編成

振り子付き

定員 : 713名の乗客とメイド500人

運用

前述した通り、速すぎるので「スーパーあずさ」(酔い止め特急)として独立した運用を持っていた。スーパーあずさは基本的に松本新宿東京を結ぶだけで有り、中央本線と篠ノ井線以外には出ない。いわば引きこもりである。何年か前にはおはようライナー新宿や、東海道本線の遭難ライナーとして運用していた時もあったが、振り子に慣れない通勤客が吐きまくったので粛清されました

2018年3月、外観や車内が吐き気のする新型車両e353ケーに置き換えられ、4月7日に告別式が営まれた。その後1両残らず長野で処刑され、三途の川を渡って 64d6 いる。

新型車両E353系は2015年に最初の車両が登場した癖に営業運転するまでに2年も掛かり、2017年にやっと営業開始した。
何故酔いやすいのか E351系振り子の様子

E351系を初めて乗った人が思ったことは「慣れないと酔う」の一択だろう。その通り、E351系は非常に酔いやすい。理由は明確でないが、主に下の4つが挙げられる。

弾丸加速での強烈なG : E351系は京急より凄い弾丸加速である為、酔う原因の一つと言えるだろう。

振り子 : これが最大の理由であると思われる。E351系の振り子は写真の351系よりも傾く為、かなり慣れないと遠心力で飛ばされるだろう。つまり、E351系の振り子は非常に酔いやすいということだ。

高速走行による揺れ : 保線状況が悪く、カーブや坂が多い中央本線であんなスピードを出したら確実に揺れるだろう。勝沼から高尾間のカーブ&アップダウン区間ではマトモに立ったりし尿を出すことも出来ない。対抗する中央自動車道のバスよりも揺れるかもしれない。この揺れで酔う人は多いだろう。

かなり低い座席 : E351系はなんか座席の位置が低い。(2階建て車両の1階程ではない) 地面が猛スピードでスクロールしていくので、目が回って酔う人も居るだろう。

ご覧の通り、酔いやすい原因が多く存在する。このことから、E351系は別に凄い傑作ではないということが分かる。それらを踏まえ、振り子をなくして若干スピードを遅くしたE257系は、最高の乗り心地で、なおかつ鉄道ホモの会のブルーリボン賞を獲得した。E351系からの教訓で、後の電車は良くなっていったのだ。 (あれ?なんかニートと似てる気がする)
いい加減な電車と「E」

前述した通り、この車両から形式番号に「E」が付いたが、この「E」はいい加減の「いい」であるとされている。(実際にこち亀の両さんもそう言っている。) JR東といえば、E351系を作った2年位前に最強にいい加減な電車を作っていた。その年からJR東はいい加減な電車しか作らなくなってしまった。幸い、E351系は走ルンですの設計を流用していないが、かなり雑な作りになっている。ここにはいい加減なE351系の大量にある欠陥について書かれています。
すべてを表示するには近傍の[表示]をクリックしてください。

ドアチャイムが鳴らない。 : 比較的新しい電車であるくせにドアチャイムが鳴らない。でも、これはそんな酷くない。

トイレがとても狭い。 : 後ほど説明するが、E351系は上部を絞った卵形をしている。それなのに、普通の特急よりトイレが狭いので、とても狭く感じる。閉所恐怖症の人はまず使えない。

スキーを置く所があるが、無防備で盗まれやすい。 : 出入り口の所にスキー置き場があるが、ただスキーを置くだけの無防備さ。これじゃすぐ盗まれてしまう。せめてロッカーと鍵をつければいいのに・・・。

振り子が傾き過ぎてマトモに車内販売が出来ない。 : 先程述べたし尿もそうだが、振り子と揺れの大きさのせいでマトモに車内販売なんて出来ない。たまに注いだコーヒーが溢れることも。

振り子が傾き過ぎてトンネルで車体が擦れる。 : 中央本線の極小トンネルでも普通に振り子を効かせるので車体やパンタグラフをトンネルに擦らせてしまった。今はメイドに調節しろと言ってあるので心配ない。

全体的にオーバースペックすぎる。 : E351系はもともと新幹線高規格路線用に作られた電車である為、振り子やVVVFが搭載されていた。その為、時速610km/hという驚異的なスピードが出る。ところが、高規格路線の計画が失効されて、ただのオーバースペック電車となってしまった。しかし、計画が失効されたのは量産車が作られる前。なのに量産車もオーバースペック状態である。計画失効の後から量産車を作ったのに量産車もオーバースペックなのは明らかに欠陥であるだろう。



最後に

ここでは欠陥を説明したが、このような欠陥から人は成長していくものである。電車だって同じである。E351系は欠陥だらけであるが、欠陥が多いからこそ次の車両は良くなる。E351系の遺した欠陥は偉大である。この教訓は次の車両に受け継がれていくだろう・・・。
関連項目

西武351系

E353糸

振り子
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「JR東日本E351系電車」の項目を執筆しています。この記事「JR東日本E351系電車」は何故か「西武351系電車」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

この「JR東日本E351系電車」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年8月19日(日)03:38
取得日時:2021/04/23 13:41


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef