IGRいわて銀河鉄道
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]

IGRいわて銀河鉄道(IGRいわて銀河鉄道)(あいじーあーるいわてぎんがてつどう、英称 IGR Inter Galaxy Railway)は、岩手県に本拠地を置く秘密結社である。不動産業と鉄道事業を営んでいることで知られているが、それ以外のことは一切分からない。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「IGRいわて銀河鉄道」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いわて銀河鉄道線」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒IGRいわて銀河鉄道」の項目を執筆しています。
目次

1 歴史

2 主な事業

3 特徴

3.1 高額な運賃

3.2 東北最強の鉄道路線


4 沿線の駅

4.1 おまけ乗り入れ先


5 運賃に関するFAQ

6 JRとの蜜月関係

7 関連項目

歴史

もともとJRの盛岡?八戸間は、ごく平凡な地方幹線であり、青函トンネル開通後は物流の要衝を支える東北本線の一部だった。東北新幹線が延伸することで歓喜に沸いていた県北地方に物事には光と影があることを理解させるために、岩手県とJRは密談を繰り返した結果、1998年くらいに邪魔者扱いとして、岩手県は事業者である秘密結社「IGRいわて銀河鉄道」の設立を決定。やがて来たる八戸延伸までにJRが捨てたがっていたお荷物を引き受けるよう強要した。こうしてできたのがIGRである。当然、光である新幹線開業の代償として、第三セクターとかいう得体の知れない連中に鉄道を譲り渡すことを影にしてうまくその存在をうっちゃってきた。

2006年の春に新駅をでっちあげたが、停車駅が多くなって所要時間が増えたことで紛糾していたこともあったにもかかわらず、最近また盛岡市内に新駅をつくろうとしている。これは「青山駅と巣子駅を開業しても赤字転落にはならなかったし♪」という実に単純な考えなのだろうが、やはり秘密結社のためか理由は明らかにされていない。
主な事業

JRから押しつけられた鉄道事業のほかに、旅行代理店としての機能を持つ銀河鉄道観光が存在している。まるでアンドロメダへの旅行までの面倒を見てもらえそうな名称ではあるものの、実際にはkntの代理店扱いとなっているため、海外旅行が関の山である。どういうわけか銀河鉄道観光の窓口は、現在IGRの沿線に存在していない。というのも、2007年までは滝沢駅、2010年の春までは厨川駅にあったのだが、何をトチ狂ったか直通運転もされないJRの営業線である山田線沿線の上盛岡駅前にあるIGR本社に窓口を引っ込め 401c たためである。沿線住民は熱心に利用してくれなかったためなのか、はたまた別の思惑があるのかは、秘密結社故の謎といえる。

盛岡駅のIGR改札近くにあった乗客のご老人ばかりがブラブラしている待合室を思いつきでブレイクして、2008年頃からは不動産事業を開始している。なぜ今頃不動産事業なんだ、とお思いの諸兄も多かろう。しかしながら、北東北最大を名乗る盛岡市に国立大や私立の医大があるほか、大学が村のくせに2つある超自治体・滝沢村を沿線として抱えるIGRにとってはアパートなどの賃貸による収入は副収入としてのどから手が出るほど欲しいものである。そのため、主に厨川駅から滝沢駅までの駅周辺のアパートの仲介を行うようになったといわれている。しかしながら、電車通学を行うには後述の高額な運賃がかさむため、利用者は大学まで徒歩圏内で住む位置に住居を構えることが多く、「駅から近い」という首都圏などではメリットとされるファクターがあまり重視されないことは禁則事項です
特徴
高額な運賃

もっとも特徴的なのが、運賃の高さである。実にJR時代の1.5倍近くに跳ね上がった運賃は、全国でも下から数え上げたほうが断然早い低賃金の岩手県民を搾取の対象として日々運営している。ちなみに、通学定期は1.99倍、通勤定期は実に2.2倍近い跳ね上げとなっている。

具体例を挙げていこう。盛岡駅から2006年にできた青山駅までは、駅間2.3kmという短さのくせに運賃は200円。この辺ではまだ公営地下鉄やあきばエクスプレスのような第三セクター鉄道とそれほど変わりはない。しかし、18きっぷユーザにはおなじみだった好摩駅まではわずか16.6kmしかないのに500円。1kmあたりでは30円オーバーの大台に乗ってしまう。あの運賃が高いことで知られている東葉高額鉄道と渡り合えるくらいのスーパープライスである。終点の目時までのkm単価は28円。北総鉄道と十分に肩を並べられるほどのセレブ路線だ。この運賃を首都圏の半分以下の収入しか得られない沿線住民から搾取していることもあり、議論は法廷に持ち込まれたこともあった。なぜこのような運賃になるのかといえば、交流電化路線だからである。直流にしなさい。しなの鉄道の運賃はまあまあ安いでしょ。搾り取るのは乗客からだけではなく、通過する貨物列車や車両検査のためだけに通る営業していない列車からも通行税を毟っている。その線路使用料の高額さは、JRが青森に配置している車両を、新津から上越線経由で郡山の工場まで輸送するほどで、かつての親分にも刃向かうパワフルさから読み取ることができる。むしろ貧乏な沿線住民からむしる金額よりもそちらのほうが儲かっているというのだから、ほとんどデイトレーダーか転売厨と変わらない。

同じくJRから見放された青い森鉄道との会社分界点は、目時駅構内にある。終点ではあるが、れっきとした無人駅である。なぜ隣の金田一温泉のようなそこそこ規模のある有人駅にしなかったのかといえば、それはめんどくさいお役所仕事の結果である。我々下々の者が心配することではない。

盛岡?八戸間を並行している東北新幹線の区間運転列車は、朝に下り2本、夜に上り2本と1日2往復が走っているが、はやて号自由席利用の場合ならIGR・青い森鉄道を経由した運賃に450円追加するだけで利用できる。また、指定席利用の場合でも960円追加で利用できる。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:23 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE