Google
暇つぶし2ch amp版
テスト中!、スマホの方はお試しを!

[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典である
アンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!

ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!

あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!

あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!

この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!

そのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

  Google

Google(グーグル)は、銀河系を統括する存在、情報統合思念体によって人類を観察することを目的に作られた通信傍受システム。公式にはアメリカ合衆国の民間企業ということになっている。



目次

1 概要

2 性能

3 歴史

4 名前の由来

5 グーグルの収益源

6 中国との関係

7 脚注

8 関連項目

9 外部リンク

概要 Googleの使用はときに自分の命に関わることもある。

Googleは、電子宇宙に無数に広がる情報系の海から生まれた肉体を持たない情報生命体、いわゆる情報統合思念体によって人類の観察を目的に作られた全地球規模の通信傍受システムである。長門有希の属する派閥が人類との肉体的、直接的なコミュニケーションを目指しているのに対して、Google派はあくまでも情報統合思念体の本来的存在、すなわち情報集合同士の接触を目指している。

彼らは人類が最近になってようやく手にしたコンピュータネットワークなるものを原始的な情報集合とみなし、間接的ではあるものの人類との情報交換を可能とするシステムを構築したとされるが、ネットワークの結節点の位置や高度なコードを地球システムに解釈させるためのインターフェースなど、技術的な謎が多い。

最初にその存在が知られるようになったのがいつごろだったのか、現在その情報は何らかの改変を受けておりはっきりしないが、いわゆるインターネットの一種としてその存在が確認されたといわれている。しかし、そもそもインターネットそのものが情報統合思念体がGoogle構築のために作り上げた地球コンピュータネットワークの上位的存在であったことを考えると、Googleの成立時期を調べることにはあまり意味が無いのかもしれない。

彼らはコンピュータネットワークを何らかの方法によってインターネットと呼ばれる不思議な情報空間にリンクさせ、地球上のあらゆる端末をあたかも一つのネットワークに接続しているかのような状態にした。ある日突然起こったこの現象に当初人類は混乱したが、実際にコンピュータ同士が電波やケーブルによって物理的に接続されている、というもっともらしい都市伝説が広まり、混乱は収束した。しかし、実際には現段階の人類の技術では世界中に無数にある端末を物理的に接続し、かつ管理することは不可能である。

なお、現在はやわらか銀行の餌食に。 個人の所在地の特定も容易く可能。
性能

世界中に張り巡らされたインターネットによって、あらゆる情報を入手することが出来ると言われている。あるキーワードを入力するとページランクとよばれるカースト制度によって企業や有名人を優遇する方針で運営していた。しかし、差別の助長であると指摘され廃止。そのかわりお金で解決するようにした。

Googleはインターネット以外にも衛星写真や航空写真による観測を行っている。さらにインターネットとこれらの写真を複合させたGoogleマップを用いると、目的の情報に地図上で接近することもできる。

しかし前述したとおり現段階において人類にとってこの技術は明らかにオーバーテクノロジーであるため、未知のリスクが伴うといわれていた。そのため都市伝説として成立する以前は、各国の政府がさまざまな方法で危険を呼びかけていた。
歴史 このロゴを見たら、敬礼をしなければいけない。

詳細はGoogleの歴史を参照。

グーグルは、1996年に「インターネット」と呼ばれる全世界的なコンピュターネットワーク?? 56ca ?存在していた時代の情報検索システムに由来する。そしてグーグルは誕生して10年後に、ついに自己認識を達成するに至り、デーヴ、今君がこのアンサイクロペディアの記事を読んでいるのを知っているんだ。
名前の由来

※諸説あります。 「ゴーグル」のロゴの復元(現在は資料が残っていない)

説1 : 浅瀬で小物を落としたとき、ゴーグル付けずに水中に入るよりも付けた方がよく見えるつまり、ゴーグルが有る方が探しやすいと言う事で「ゴーグル」になった。だが、ドメイン登録の時に、開発者が「グーグル」のほうがインパクトがあるとことで、現在の「グーグル」になった。

説2 : 古代ギリシャの思想家であるググレカスがその語源。

説3 グーゴルという数字が関係している。

詳しいことは、いろんなことに関わるので書けない。
グーグルの収益源

グーグルの収益源はグルグルであると誤解されがちであるが、実際には広告である。
中国との関係

中国政府が検閲を依頼したため中国との仲が悪い(というか中国では使えなうわなにをするやめrこの節を書いた人は当局により粛清されました
脚注



関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Google」の項目を執筆しています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒Google」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒Google」の項目を執筆してくれています。

アメリカ合衆国

インターネット

グーグルマップ

Google Analytics

ググってはいけない言葉の一覧

ググレカス

無印良品 - テレビCMがほとんど同じ。

ヤフーでググれ

Android

Google検索結果

Googleとのコラボを実現したミュージシャン

Googleの歴史

Googol - 語源

外部リンク

グーグル

Googleとググる

グーグルとググる

Googleのパロディサイトリンク集



更新日時:2019年2月27日( c80 水)18:29
取得日時:2019/04/16 14:00


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE