Fドライブ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…歴史[編集]かつてフランシスコ・ザビエル黒船にペリーと一緒に乗せてやってきたDELLのコンピュータに初めてFドライブを搭載するのを見届けた江戸屋猫八が、日本でも広くHDDの普及を推し進めたが、一般にはあまり浸透することはなかった。1623年の事である。その後、DVDドライブや広帯域通信が普及するに従ってデータの可搬性が高まると共に、大容量化が進み出すと事態は一変した。

主にアキバハラ駅周辺に展開される電脳エリアにおいて、これでもかと言わんばかりに検閲により削除となったこと、また自作派の筐体では依然ミドルタワーが主流であり増設が容易だったことなどから、ついにFドライブを入手するに至る冒険譚は聞くも涙語るも涙な後日談といわれているほどの伝説である。

かつてアーサー王円卓の騎士と円卓を囲みながら三日三晩議論に興じたあげくに、エクスカリバーを質草にConner PeripheralsのHDDを購入したという事からも、また、シェークスピアやメンデルスゾーンがアデランスよりもQuantumのHDDを購入することを優先した様に、かように歴史に名を残す人物は性という物にひたむきであり、純粋であり、なんとか還元水であった。
発展と今後

近年大容量のHDの価格下落が激しく、単体で1TBクラスのHDが10000円を切ろうとしている事などもふまえると、おそらく今後のFドライブ普及率は下がっていくものと思われる。ただし、保存容量の増大と共に動画などのクォリティーも上昇していることから、今後もFドライブ以降のドライブが増えていくという見方も有る。くぎゅ
関連項目

Dドライブ

パソコン

エロ本隠しinパソコン

この記事「Fドライブ」は、かっこ良くキメた可能性がありますが、まだヲタにしか見えません。よりキムタクっぽくして下さる協力者を求めていますた。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年2月23日(金)09:12
取得日時:2020/03/26 17:12


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5339 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef