D.Gray-man
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]

太字

プレビュー活用依頼この記事はある編集者が保存ボタンを猛連打して編集しているせいでアンサイクロペディアのサーバがピンチです!
どうか記事を書き込む前にプレビュー機能を猛活用し、虚弱体質のサーバをいたわってください!
このテンプレートは心当たりのある方が確認されたら勝手に外してもかまいません。

この作品「D.Gray-man」は、まだ完結していません。頭のカタイひとたちは内容がまとまってから書けとか言うでしょうが、ここはアンサイクロペディアです。足りない部分はで補い、 ⇒完璧な記事に仕上げてください。
「ディ、D.Gray-man?それってグレイモンの進化系か?」
? タイトル について、大門大

『D.Gray-man』(ディーグレイマン)とは、エクソシスト(盗掘者達)の主催者である女怪盗、星野桂が執筆した書物、またはよく深夜アニメだと思われがちな、ゴールデンタイムアニメ。白髪の少年アレン・ウォーカーの左腕が、シンクロ率(笑)100%を超え、退魔のになり、今や聖書(キリスト教用語が多いため)、ジョジョの奇妙な冒険(キャラクター個々の能力の設定などが)と並ぶほどの書物。殺人ダッチ編、「傑作」と言われる吸血鬼編、gdgdだった箱舟編、急に路線変更したLv.4編、同人臭い怪等G編、等がある。
目次

1 概要

2 ストーリー

3 アニメ

4 登場人物

4.1 黒の教団

4.2 「黒の教団」

4.2.1 エクソシスト

4.2.2 エクソシスト元帥

4.2.3 本部の職員

4.2.4 アジア支部


4.3 ヴァチカン

4.3.1 監査役

4.3.2 第二エクソシスト

4.3.3 第三エクソシスト


4.4 千年伯爵と愉快な仲間達

4.4.1 ノアの一族

4.4.2 その他


4.5 14番目とその関係者


5 登場人物の武器(イノセンス)

6 評価

7 関連項目

概要

現在黄金期である鋼の錬金術師キノの旅に対抗する為、腐女子の力を借りる事にした編集部は、同人誌の作家として力を伸ばしていた星野に製作を依頼。作業は少しゆっくりな気がするがとても繊細な技術を持っている。その為、腐女子ファンの間には「絵がすんばらしい」と評される。が、絵柄の変化が激しい上にぶっちゃけすごく見づらい。ジャンプからジャンプスクエアに移行し(フッ飛ばされ)た。未だに一部の狂信者からは「判って無さすぎる編集、そりゃ凋落もする」「この程度の遅れは芸術(意味不明)観点から見れば別に当然の事」「富樫から見たらかわいいもんだろうが!(逆ギレ」と恨み辛みが出ていたりするも、イっちゃってるホモ漫画に対しての処遇としては十二分な対応、というのが大筋においての評価である。
ストーリー

AKUMAとは、千年伯爵の造る悪性兵器。 3fa7 そしてそれを破壊する神の結晶(イノセンス)と呼ばれるものを持つエクソシスト。主人公アレン・ウォーカーもエクソシストの一人。彼は千年伯爵を破壊するものではないかと(勝手に)推測される。
アニメ単行本が七巻でアニメ化決定したのだが、作者が休載していたりとかなりネタに困ったのか半年以上オリジナルストーリーを放送し続けるということになり、なんだかんだで8クールという最近のアニメでは信じられないほどの長さになった。

:二期が2016年に放送予定。アルマ編から放送される。神田ユウのショタが見れると腐女子が発狂。しかし、千年公とブックマンの声優がお亡くなりになっている。また、主人公アレン・ウォーカーの声優も変更になった。
登場人物
黒の教団
アレン・ウォーカー
声 -1期 小林沙苗

  ー2期村瀬歩 一人称「僕」。主人公。詳細はアレン・ウォーカーの項を参照。
神田ユウ
声 - 1期櫻井孝宏

  ー 2期佐藤拓也「「人」は死ぬものだ...、「人」である限りな...!」 愛称「加藤」ゆうかんだ・師のティエドールからは「ユー君」と呼ばれている。ぱっつんエクソシスト。「第二(セカンド)エクソシスト計画」の一環として禁呪法によって誕生した存在。着ている団服が破れるほどの激しい戦いでも1cmも切れない魔法の髪を持つ。アクマと融合した事で高い再生能力を持つが、その為、一部では「ホムンクルス」と言われている。 前々世はネットゲーム廃人でPPKをしてるうちに死の恐怖という通り名で知られる事となる 碑文使いでThe Terror of Death「死の恐怖」スケイスを扱う。その後は元ソルジャークラス1stとして転生し腐女子の餌食となるも、星痕症候群により志半ばにして倒れる。 しかし身体能力が高いこと、イケメンであることを黒の教団に買われ、第二エクソシストYU(ユウ)として再びこの世に蘇る。その際教団の蘇生技術に問題があり前世の記憶を消しきれなかったために、彼は未だに腐女子に追い回される幻影に悩まされている。 腐女子や中の人にツンデレと称された上にアレンに「女顔」と言われ、男性ファンや幼き日のリナリーから女性と間違えられた。実際は鞘から刀抜くとき抜刀って言うが、彼はイノセンスを発動させる際に抜刀と言い、斬るのはアクマであって虚やモノノ怪ではない。人柱力でもない。主人公の味方兼ライバルだがリナリーやラビより出番は少ないというポケモンでいうシゲルの生き方を信条としている。でも腐女子にも人気。最近はラビから出番を奪ったため、出番が増えた。リナリーも少し影が薄くなったような、なっていないような…。 彼の好物は蕎麦だが、実際に彼を演じている人は夏になると蕎麦しか食べない(食べられない)。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:52 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE