CD
[Uncyclopedia|▼Menu]

コンパクトディスク (Compact Disc, CD) は、ポリカーボネートと 4a1c アルミニウムで作られた虹色の円盤であり、身近な生活雑貨である。 初期のコンパクトディスク
目次

1 基本的な利用法

2 歴史

2.1 黎明期

2.2 中期

2.3 現代


3 関連項目

基本的な利用法

最初はデジタル情報を記録するためのメディアとして開発されたものだが、最近は主にハト避け、コースター、手鏡、射撃の的等に利用されている。パソコン破壊人の机に大量に置いておけば、怒らせることも可能。よく医者が額に貼り付けているが、これは患者の笑いを誘いリラックスさせるためである。これを見たときはマナーとして、医者を指さして笑わなければならない。笑われたことで医者が怒り出すことがあるが、特に心配することは無い。

※詳しくはツンデレを参照のこと。

また、CD割り、CDフリスビー等のエクストリームスポーツにも使用される。
歴史
黎明期

コンパクトディスクが考案されたのは、弥生時代の邪馬台国であった。当時国を治めていた女王卑弥呼は、自分の予言の声をそのままの形で記録しておけないものかと考えていた。そこで卑弥呼の弟である田狗彦に相談を持ちかけたところ、ある村の長であるトーマス・アルバート・エジソンが発明した蓄音機を見せられた。それを卑弥呼が神の啓示と溢れんばかりのクイーンソウルで改良を施したものが、コンパクトディスクの原型である。初期のコンパクトディスクは、一部の不勉強な研究者によって銅鏡とされていることが多いので注意が必要。
中期

黎明期から細々と利用されてきたコンパクトディスクだが、クリリン氏が気円斬と呼ばれる軍事利用法を考案したことによって、一気に世界に広まることになる。同氏は91年に開かれた第56回世界円盤会議において「私が気円斬を編み出したのは、目下の切迫した争いの為であり、争いを生み出す為ではない。これからはCDを兵器として使って欲しくは無い」と発言しているが、氏の思いとは裏腹に軍のコンパクトディスク配備は進んだ。
現代

軍事、生活雑貨、スポーツ器具としてCDは広く定着し、その地位は磐石かと思われたが、レコードDVDの出現により、需要は減り始める。そして、人気ドラマ「ヨッちゃんボールペン取ってぇや」の名台詞「今のがCDじゃなくてレコードだったら、貴様は死んでいたぜ」が流行語大賞に選ばれたことで、コンパクトディスクの市場は更に衰退することとなった。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「コンパクトディスク」の項目を執筆しています。

CD-ROM

メディア

レコード

光ディスク

CCCD

DVD

BD

HD DVD

UMD

ディスクを焼く

音楽


更新日時:2019年1月14日(月)00:35
取得日時:2019/12/13 01:42


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4802 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef