CCさくら
[Uncyclopedia|▼Menu]
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名はカードキャプターさくらだから。君は間違っていないよ。)

この項目にはNHK制作の番組に関する記述があります。受信料の徴収と称してどーもくんが襲ってくるかもしれません。

CCさくら(クリエイティブコモンズさくら)とは、ふとしたきっかけから著作権界の便宜をはかる為に魔法少女となるハメとなった小学四年生のさくらの飽くなき戦いの物語である。英語版では "Creative Commons Sakura" と訳される。朝の連続テレビノベルの第66作目でもある。あまりの人気が南方熊楠が当時雑誌『太陽』に連載していた「十二支考」にも影響を与えた。なお、「武蔵丸の悲劇」により、結末は永遠に失われている。

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。もしあなたが、モンテ・クリスト伯爵は最期にエドモン・ダンテスに戻って死ぬことや、ロジャー・アクロイド殺しの犯人は語り手の医師であることや、アポロ・アマタ・カグラは翅犬ポロンの生まれ変わりだったことや、電人HALを展開するパスワードは「1/1000000000000000000」であることや、“ともだち”の正体はカツマタでありフクベエは小学校時代に死んでいたことや、レザード・ヴァレスがオーディンと融合して神となることや、ダラーズの創始者は竜ヶ峰帝人であることや、飛鳥五郎殺しの犯人は総統Dであることや、「吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。
目次

1 あらすじ

2 登場人物

3 登場する記事

4 淫獣としてのさくら

5 主題歌

6 その後

7 関連項目

あらすじ

ある日、小学四年生のさくらは、父のアカウントからこっそり入っていたウィキペディアに、GFDLと間違えて大量のクリエイティブ・コモンズの文書と画像を著作者表示なしに転載してしまう。

「はにゃーん。管理者の検閲により削除さんあたりに見つかったら、きっとお父さん無期限ブロックされちゃうよぅ」

弱ったさくらは、広まりつつある無断転載を食い止めるため、クリエイティブ・コモンズの精神に則り、新規にウィキペディアでのアカウントを取得することに成功。時同じくして、この事態を重く見たフリーソフトウェア財団から派遣されたコピーレフトの番人「グヌーベロス」ことヌーちゃんや、「さくらちゃんの投稿記録を眺めるのが楽しみですわ」という同級生の知世ちゃんらと共に、著作権界の平和を守るため、ウィキペディアなどに解き放たれた無断転載の記事たちを次々とカードに封印していくのであった。

「なんとかなるよ、絶対大丈夫だよ」
登場人物
木之本桜
クリエイティブ・コモンズの精神に則り、無断転載された記事を封印していくという、どこぞの魔法少女なみに精神年齢が小学四年生
には見えない魔法少女。ちなみに本編で魔法を使用することはない。特技はブラインドタッチ。クリエイティブ・コモンズの力を受け、CCさくらへと変身し、タイピングスピードが目にも留まらぬ速さになる。記事の封印に取り付かれることがあり、しばし不登校児となるが、そのたびに知世に呼び戻される。「ほえー」または「はにゃーん」の破壊力は核兵器にも匹敵し、一部メディアでは「対ロリコン用最終兵器」として取り上げられている。実際、そのポテンシャルたるや化け物並みで、ランドセルを背負った汎用人型決戦兵器と言っても過言ではない(過言かもしれない)。なお、南方熊楠の『十二支考』巻三では、木之本桜について以下のように描写されている。

「日本放送協会に桜生まるる日、室内明照日光のごとく、したがって嘉声城邑に遍かった。しかるところ占い師あり、衆と同じく往き観て諸人に語る、『この娘、十年後の八月、まさに薄い本にて20兆男子と歓愛せん』と、衆曰く、かかるべっぴんは20兆人に愛さるるも奇とするに足らずと、三七日経て日本放送協会の長者、大歓会を為し、彼女を木之本桜と名づけた。ようやく成長して姿雅やかに、行儀すぐれ、伎楽管絃、備わらざるなく、もとより日本放送協会は役者の頬を札びらでひっぱたくと言うほどの金持ち故、さくらに出来得るだけの綺羅を飾らせたから、鮮明遍照、作画崩壊もなく、天女の来降せるごとく、いかな隠遁仙人離欲の輩も、これを見ればたちまち道を踏み外す事受け合いなり、いかにいわんや無始時来、煩悩を貯え来った大きいお友達、一べつしてすなわち迷惑せざらん。素敵無類の美女だった。」
さくら100g100円じゃないもん!

グヌーベロス
コピーレフトライセンスの番人。愛称は「ヌーちゃん」。大量の無断転載に対して、事態を重く見たフリーソフトウェア財団から派遣される。普段は省電力モードのため小さいが、さくらがグヌーベロスのシンボルである「複製」「改変」「無断」「継承」の記事を封印した後は、真の姿「共有獣グヌーベロス」となる。真の姿のグヌーベロスはその一息でクリエイティブ・コモンズをなぎ払い、ライセンスをGFDLに変えるというあまりにも理不尽極まりない能力を持つ。
大道寺知世
典型的お嬢様。さくらの良き助言者兼追っかけ。無断でさくらのアカウントに進入しては投稿記録を逐一チェックしている。さくらのコスチュームを毎回の如く作ってくるが、一回も役に立った試しがない(それ以前にコスチュームを着る必要がないので、さくらからは敬遠されている)。本編では、記事の封印に夢中になり時々現実世界に戻ってこなくなるさくらを呼び戻すという重要な役割を担っている。容色はさくらよりも優れていながら、一貫して耐え忍ぶ影の女であったが、最終回で遂に復讐の時が訪れる。前田敦子似の三次元美女の姿で乱入。「さくらちゃん、とっても綺麗ですわ!幸せ、絶頂ですわ!」の萌えボイスと共に、さくらの最後を闇から闇へと葬った。
李小狼(レイ・シャオラン)
香港出身。無断転載と聞きつけ日本にやってきたが金にならないと知り、肩を落としていたところを大道寺知世に拾われる。違法コピーの申し子であったが、さくらに著作権のあるべき姿を諭され、無断転載を阻止するための手助けをするようになる。さくらの同級生であるが、ハッカーとしてのスキルは、小学生のそれを逸している。最終回では海外へ高飛び。その直後で知世と武蔵丸の手により記録が消滅しており、その後は諸説あって定まらぬ。
観月歌帆
超絶ほんわかおっとり美人教師の割に貧乳。巫女にて弓道にも精通している。月(ユエ)に全く臆しない大胆不敵なお姉様。さくら曰く「はにゃ?ん」。
月(ユエ)
コピーライトライセンスの番人。グヌーベロスと対になる存在。厳格な著作権保持者の象徴。最初はさくらを主として認めなかったが、後に認め、著作権に関する良き助言者となる。
クロウ・リード (Clow Reed)
著作権の偉い人。著作権に関してすべての始まりと言われる「グーテンベルグ印刷機開発」に携わったとされ、JASRACに所属していたり、ヲルト・○ィズニーにいたりと忙しい日々を送っていたようだが、ある日突然フリーなライセンスに目覚める。しかし、その翌日に寿命で死亡。グヌーベロスと月の回想の中でのみ登場。
武蔵丸光洋
アメリカ人の第67代横綱。最終回「武蔵丸の悲劇(スモウカード編)」で登場し、著作権を70年に押し出し、某巨大掲示板CCさくら板を阿鼻叫喚せしめた。一書に言う、「CCさくらの最終回みるお( ^ω^) さくらたんの最後の勇姿を見たいお( ^ω^)」とwktkしながら録画を再生した視聴者が、まず最初に見るものが『制限時間いっぱいです、はっき良い、のこったのこった(日米二ヶ国語)』の実況声とともに映される、美少女ならぬ、変わり果てた相撲取りの半裸の巨体であり、そして、オープニングでお姉さん二名(うち一人は大道寺知世の中の人)が喋々喃々と喋り始め、一番重要なラストシーンが途切れて見ることができなかった」という。
登場する記事

コピー(THE COPY)「複製」

コンセント(THE CONSENT)「許可」

コンタクト(THE CONTACT)「接触」

インハーリタンス(THE INHERITANCE)「継承」

パブリック(THE PUBLIC)「公」

リベート(THE REVERT)「帰属」

デリート(THE DELETE)「削除」

ウィキペディア(THE WIKIPEDIA)「現実」

デューティ(THE DUTY)「義務」

リバティ(THE LIBERTY)「自由」

エクスプレス(THE EXPRESS)「表現」


チェンジ(THE CHANGE)「改変」

バン(THE BAN)「禁止」

インジケーション(THE INDICATION)「表示」

ノーレッジ(THE KNOWLEDGE)「知」

ロー(THE LAW)「法」

クリエーション(THE CREATION)「創造」

アンサイクロペディア(THE UNCYCLOPEDIA)「幻」

ライト(THE RIGHT)「権利」

リミット(THE LIMIT)「制限」

スモウ(SUMOU) 「大相撲夏場所」

ガンチャン(GAN-chan)「岩男潤子」


淫獣としてのさくら
某大型画像掲示板
ふたばちゃんねるにて淫獣認定されてしまったさくらではあるがこれは全て事実である。南方熊楠によれば「1日に500人の大きいお友達やケモノと犯し、淫女(ビッチ)と言われた」という。
彼女は夜な夜なふたばちゃんねるのJunやMayに現れては『淫獣なんて酷いよぉ、ただ精液が好きなだけなのにぃ』とか『みんなオナ禁して待ってな!一滴残らず搾りとってやっからよ!』とかまさに淫獣!な言葉を残している。一書に言う、「カードキャプターさくらの凄さがわからない若者向け・どれだけ凄かったか。「同人誌で20兆回は犯された10歳の主人公」と。」また『こまった事があったらなんでも言ってくれたまえ。キミたちは大事な栄養源だからな!』の言葉がある様に精液は彼女の主食である。(この子によって今までどれだけのヲタの精液が搾り取られた事か・・・)更に過疎の寒村dat村では「淫獣ライセンス」なる資格を獲得。合法的に精液搾取を行っていたが、色々あってライセンスを同期の淫乱キャラクターであるイツ花へと譲渡している。…スレで会うたびに押し付けあっていたが、最近は滅多にバッティングしないためライセンスの現状は不明。
鳴き声について
彼女の鳴き声に「はにゃ?ん」が有るが、これはヲタ達の射精をうながす様にさくらが仕向けた一種の淫涙音波である。
主題歌

第一期OP:川本真琴
『桜』

第一期ED:森山直太朗『さくら(怪獣じゃないもん!)』

第二期OP:ケツメイシ『さくら』

第二期ED:コブクロ『咲くLOVE』

最終話ED:藤山一郎『同期の桜』

劇場版第一作ED:矢島美容室『SAKURA -ハルヲウタワネバダ』

その後 大変なことになっている一例

クリエイティブコモンズさくらの作品とキャラクター自体も、CC2.0の「表示-継承 2.1」下に置かれており、派生作品である同人誌や同人ゲーム等では、さくらのキャラクターが大変なことになっている。

現在はジミー・? 28bf ??ェールズらとさくらが手を組んだことで、検閲により削除という荒業を使ってウィキペディアのライセンスそのものがクリエイティブ・コモンズに書き換えられてしまったため、さくらも平穏に暮らせるようになった。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カードキャプターさくら」の項目を執筆しています。アンコモンズに、カードキャプターさくらに関するガラクタがあります。

C.C.レモン:一度は訴えられたが和解、CMスポンサーに。大々的なタイアップが行われ、大きなお友達の財布が悲鳴をあげた。

CCガールズ:さくらたちによるアイドルユニットになるはずだったが、大人の事情でまったくの別物になってしまった。

CCCD:著作権のえらい人たちが、何を思ったかCDに異物を混入し彼女の尊称をつけて発売してしまった。CCCDとの戦いは思わぬ長期戦となったが、最終的にさくらの勝利となった。

cc (単位):この単位は彼女の呼び名から付けられた。

C.C.:コードギアス 反逆のルルーシュに登場するキャラクター。事実上の姉にあたる。

C-C-B:ロマンティックが止まらなさすぎ。

CSS-N-1:中華人民共和国製の対艦ミサイル。名前が紛らわしい。

CCO:ニート侍がいる世界のキャラクター。炎を操る包帯剣士。

はにゃーん。この記事 「 カードキャプターさくら 」は書きかけだよぅ。
でも頑張って書けばなんとかなるよ、絶対、大丈夫だよ。 (Portal:スタブ)


更新日時:2018年7月19日(木)19:18
取得日時:2019/10/22 10:43


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:15 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef