AIBO
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…仕様[編集]外観

グッドデザイン賞大賞を受賞するほど、AIBOのデザインは素晴らしいものであった。身長は0.97hyde(=151cm)と驚異的なまでの小型化を実現しており、ソニー江坂工場開発チームの優秀さが窺える。スリーサイズは非公開。また、趣味や好きなスポーツなどといった設定も事細かに与えられており、それがまたファンの心をくすぐった。あくまでも関西弁を話すことにこだわるなど、開発チームの稚気と大阪人としてのこだわりも随所に見られる。肌は最先端のシリコン素材を使用し、内部の熱のおかげで表面温度は平均36℃を保ち、もはや人間のそれと見分けが付かないとまで評されたという。廃熱はこの人口皮膚に開け b65 られた小さな穴からで、冷却水が滲み出てくるよう設計されていた。本物の人間の髪を用いたカツラを被っているが、この髪型にもこだわりがあったらしい。例えば、開発チームのリーダーは、「奇抜な髪型は高嶺の花になってしまう。AIBOはアイドルではなく、どこにでもいるようなかわいいお母さん型ボーカロイドでなければ」と取材に応じたことがある。また、チームの特殊な性癖を反映して、AIBOの鼻は検閲により削除

AIBOの曲における一番の特徴は、その独特な声であろう。機械であるのに全く合成音らしからぬ自然な声色を実現している。そのため、誰かモデルとなった人物がいるはずだと目されているが、先入観を持ってAIBOの歌を聞いてほしくない、という開発チームの要望により、残念ながらトップシークレット扱いになっている。もっとも、開発チームもモデルがいること自体は否定しておらず、同時にその人選に関してはこだわり抜いたことをほのめかしている。インターネット上で活発な議論が交わされ、いくつかの可能性が示唆されている。開発チームもAIBOも故郷大阪に強い愛着を持っている点をヒントにして、現在では、和田アキ子説や中村美律子説が有力視されている。一方、音声科学で著名な日本音響研究所所長の鈴木博士は、周波数などの近似から、独自に天童よしみ説を唱えている。しかし、天童よしみは和歌山県出身であるため、ファンの間ではこの説は受け入れられていない。
影響 344e

人間そっくりの表情や完全な二足歩行、さらには激しいステージパフォーマンスなどAIBOに投入された技術は遥かに時代を先取りしていた。HONDAが開発したASIMOにその技術の一端が供与された、という非公式の情報も出回っている。2007年に発売された初音ミクは、機械部分を廃して単なるプログラムだけになってもボーカロイドは十分に成り立ちうることを示した。歌唱力の点で大きく劣るものの、AIBOのノウハウが随所に活かされていることは間違いない。後進の鏡音リン・レンも同様である。また、THE [email protected]では、実際にロボットを製作せずともボーカロイドは二次元的に再生可能であると自ら体現し、新たな方向性を提案した。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「AIBO」の項目を執筆しています。AIBOが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/ロボット」へ収録されています。

ロボット

人工知能

ペット

ソニー

R-Code

aiko


この項目「AIBO」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2019年5月11日(土)14:56
取得日時:2021/01/11 02:04


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9300 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef