64式7.62mm小銃
[Uncyclopedia|▼Menu]


脱落防止を施した64しょうじぅ。頬付けをしっかりとして可能な限り身体と密着させれば気持ちいい標的を射抜くことができよう。
64式小銃
種類専守防衛兵器
製造国日本
設計・製造豊和工業
口径約7.62mm
銃身長約450mm
ライフリング滑腔砲のためなし
使用弾薬7.62×51mm 減装薬
装弾数20?∞
作動方式声帯連動
全長約990mm
重量部隊の整備具合により様々
発射速度最大約500発/分(部品の磨耗具合による)
銃口初速約700m/s(減装薬)
約800m/s(常装薬)
有効射程丸秘

64式7.62mm小銃(ろくよんしきななてんろくにみりしょうじゅう)とは豊和工業が鑑賞用として開発し、1964年に自衛隊により正式化された戦後初の鑑賞用自動小銃である。主な特徴として二脚を標準装備しており、これを使用する事で机上でじっくりと鑑賞する事ができる。
目次

1 開発の経緯

2 特徴

3 オプション

4 隠し機能

5 配備先

6 64式7.62mm小銃での戦闘

7 関連項目

開発の経緯

自衛隊の発足以来、自衛隊米軍から供与されたM1ガーランド、スプリング何とか弾が撃てるように改修された旧日本軍の九九式小銃を使用していた。しかし1950年代末にアメリカはNATO標準弾を7.62mm×51弾に変更したため、日本も主力小銃の変更を迫られた。当初、米軍のM14を装備する予定であったが、自国の小銃は自国で開発しようと言う声から、本銃が開発された。実弾を装填する事で他国のそれと同様に実弾を発射する事ができるがあくまでも観賞用なので非推奨とされている。高性能という噂を聞きつけて、アラブの国王が購入しようと来日したが、日本は武器禁輸国なので購入する事ができずに、がっかりして帰ってしまった。部隊での愛称はロ・ク・ヨーン

なお、銃器としての分類は自動小銃であるが、減装薬を使用する関係上(装薬量はAK47と同じ位とも言われてるので)場合によってはアサルトライフルと強引に解釈する向きもあり、近年になってM14の魔改造仕様(M14 EBR)が再評価されている事から、バトルライフルとして再定義を試みる向きもある。しかし、開発当時の「専守防衛」思想での運用形態や実際の性能から分類として一番近いのは、「携帯可能な軽機関銃」というのが実態である(62式7.62mm機関銃の出来が若干微妙だったので、無理矢理方向転換せざるを得なかったという説もある。)。タコツボに隠れて脚使用で据え撃ちするだけなら後継の89式5.56mm小銃よりも使い勝手が良く、銃剣が付けられる事から九九式軽機関銃で密かに培われた知見である「連射時に銃剣付けてると集弾が良くなる」も再利用出来る。何よりも、予備自衛官は多くは現役隊員のように走り回れないから、タコツボに入れて磔部隊にす検閲により削除運用上、ロ・ク・ヨーンが活躍出来る機会はまだまだ多いのである。
特徴
世界1を誇る部品点数
なんといっても最大の特徴は部品点数の多さであろう。部品点数は完全分解すると、机の上にまるで店を広げたようになる。だが、これは隊員の暗記力を鍛えるためであり、決して設計が悪かったというわけではない。ジズソーパズルにも劣らない部品点数の多さから分解結合が難しく、熟練した者でも間違えてG3A3
に組み上げてしまう事がある。でも本当は、同じ弾薬を使用する他国の銃でもっと部品の多いものもあるらしいが…、んなこと知らん!
重い
重い。すごく重い。だがこれも新入隊員を鍛えるために、そうするべく作られたもので、決して欠点ではない。でも本当は、同じ弾薬を使用する他国の銃と比べれば軽いらしいが…、んなこと知らん!
部品脱落機能
自衛官たるもの何時でも気を抜いてはならない。隊員の注意力と警戒心を向上を狙いとして、本銃の部品は脱落しやすいように設計されている。部品脱落機能は欧米では高く評価され、採用を検討しているが、これを欠点として挙げている書も見受けられるがあくまでも、そうあるべく設計されたものであるので、その指摘はまったく的外れである。しかし、部品が脱落しないように、ビニールテープを貼って固定しておく横着者が多いことも事実である。ビニールテープについては金属の反射を減らし視認性を低くする意味もあるらしいが…、んなこと知らん!
可倒式の照星、照門
照星と照門は可倒式であるため、匍匐等の激しい動作で体や地面に当たったり、森を移動中にツタに絡まったりして倒れてしまう事がある。射撃しようと銃を構えた時に倒れていれば、照星と照門を起こすという余計なアクションが必要となるが、そんなときは優しく起こしてあげよう。最近では「光学照準機を使用すると邪魔だから照星と照門いらないよ」といわれ、流行の先取った仕様だと言? 317f ?る。
世界一安全な安全装置
本銃の安全装置(切り替え軸)は右側についており、安全装置を操作するには一度グリップから手を離さなければならない。まぁAKなんかも同じように右側についていて切り替えると結構音が響いたりするが、こっちは引っ張って回すという独特の構造をしている。このため人為的な動作以外で安全装置が切り替わる事はまずなく、切り換え時にもほとんど無音である。事故にうるさい自衛隊にはもってこいであり、隠密活動を重んじる忍者にも安心仕様なのである。不意にが現れたときに即座に安全から単発に切り替える事は不可能であるがこの装置の偉大さと比べれば些細な問題ではないだろうか? 本銃の切り替え機能はア(安全)、タ(単発)、レ(連発)となっておりアタレと読む事ができる。これは「銃の取り扱いにはとにかく注意してアタレ」という現場幹部の願いが込められている。なお、引いて回す仕様とした理由は、押して回す(=即座に攻撃に移れる)三八式歩兵銃において、他のものに押されて安全が外れ、更に木の枝等が引き金に引っ掛かって発射してしまう事例があった教訓からとの事。結果的にそれで戦闘時の使い勝手が悪くなってしまう辺り、過去の戦訓を重んじる余り最初はグーでチョキを出せば負けないという結論に至ってしまったに等しい、開発者の深謀遠慮が伺える。
減装薬
アメリカに気を使って、減装薬を使っている。実弾訓練中に誤射しても撃たれた本人が激怒して誤射した本人を殴り倒しにいけるほどの威力である。
高い
1cmほどのばね一個が一万円である。ストックとグリップの部分は漆塗り職人により丁寧に塗られているので総額78万円という高値である。
銃身
滑腔砲。腔線(ライフリング)がない。これは設計段階からの仕様で、決して無駄に銃身内を清掃して磨り減ってしまったからではない。
 美脚 二脚部
机上に固定してもクルクルまわって倒れてしまう。取り外しは無理だからね。取り回し中に油断すると脚が開き刺さる地味に痛い。
地味な嫌がらせ
気づけば割れる銃床、直ぐへたるバネ、何故か折れる撃針、いつも決まった所で割れるピストン、変形するアリ溝、と真面目に訓練する部隊には鞭な仕様となっている。いやまあ、銃剣道で木銃振り回したほうが勤務成績や部隊評価上がるよ?と自衛官を諭す仕様になっている。
オプション
64式銃剣
駐屯地内で最も迅速に対応できる唯一の武器。ただし、
リストカット防止のため刃がつけられていないので、刺突に限るが、刃が付けられていないのでなかなか刺さらず刺そうとしても容易に曲がる材質のため、打突に等しい。めっちゃ痛い。
小銃眼鏡
これ自体の精度は良いが、銃本体の精度がめちゃめちゃなので狙うと絶対に当たらない。
06式小銃てき弾
ライフルグレネード。受傷率はナンバーワンの武器。銃口の先でよく爆発する。M203のようなランチャーを未だに採用しないのは、陸上自衛隊の人員削減を目論む防衛省の陰謀である。つーか、フロントが重くなるんだよな、あれ
薬きょう受け
これを着けていれば空薬きょうを紛失することはないはずだが、なぜか数発なくなる。そんなときは決まってオ隊員のポケットの中に入っている。またてめえか!
負い紐
弾がきれたときに敵を絞殺するための紐。金具が錆びて長さが調整できないときはポケットに忍ばせた硬貨でこじると良い。銃剣でこじると命がない。
コントローラー
同じ64ということで、コードをストックにぐるぐる巻きにすると滑り止めになる。また接近戦で、コードを使って相手を絞殺することも可能。
隠し機能

色々な問題点が指摘される本銃であるが、開発者は幾つかのイースターエッグを忍ばせてくれているので、上手く活用してサバイバルしようぜ。

世界一安全な安全装置は、安(ア)の穴と単(タ)の穴までは、タの穴に切り換え軸のデッパリが入るまでは単発機能に切り替わらないという仕様になっている。これを逆手にとって、切り換え軸を引っ張り上げたままアとタの穴の中間点付近に保持しておく事で、不意に敵が現れたときにも親指で切り換え軸を押し下げるだけで、即座に安全から単発に切り替える事が出来るようになる。

可倒式の照星・照門は、わざと両方とも完全に倒した状態で構えると、何故か倒れた照星・照門の背中同士で目測をある程度合わせられるようになっている。急な射撃の際にどちらかが或いは両方が倒れていたとしても、無理に起こそうとせずにそのまま当てずっぽうでも目測を合わせて撃った方がいいのかもしれない。どうせ急に撃たなければならないような時は、敵との距離なんて100m以下か、下手をすれば至近距離だろうから。
配備先

海上自衛隊航空自衛隊陸上自衛隊、海上保安庁、SATの狙撃部隊

現在、陸上自衛隊には後継の89式5.56mm小銃が配備されており、陸自で使われていた64式の一部は海自と空自に横流しされている。防衛省と豊和工業が、めちゃくちゃケチな証拠である。まあ、豊和工業の本社って愛知県だし…実戦で64式を使用した経験のある組織は海上保安庁だけだったりする能登半島沖不審船事件。
64式7.62mm小銃での戦闘

64式小銃を持った隊員は銃を敵に指向し気勢を充実させ、腹のそこから「バン!バン!」もしくは「射殺!」と叫ぶことで敵を倒す事ができる。弾切れの心配もない上に空砲どころか弾倉を挿入する事すら不要である。

外人には決して真似出来ず、他国の軍隊からは非常に恐れられている。PCゲームで敵を倒す演習をする中国とは大違いである。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「64式7.62mm小銃」の項目を執筆しています。

自衛隊

小銃

89式5.56mm小銃


この項目「64式7.62mm小銃」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! 2957 (Portal:スタブ)
 ・話・編・歴 アサルトライフル一覧

日本 :64式7.62mm小銃 - 89式5.56mm小銃
アメリカ :M16 - M8
イギリス :SA80
ロシア :AK47 - AKB48
ドイツ :ヘーネル StG44突撃銃
韓国 :K1


更新日時:2019年8月24日(土)20:25
取得日時:2020/04/01 22:05


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef