2階建て車両
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…好む人々の乗車時間帯[編集]彼らは? 6e6a ??子高生のスカートの中目当てなので、当然、女子高生が駅のホームに並んでいそうな時間帯を狙って乗車する。(※それ以外の時間帯は2階建て車両には乗らない。)

女子高生が通学に電車を使う時間帯は、線区ごとに違うが、基本的に平日は7時?8時過ぎと15時以降なので、1階席目当ての人達はこの時間を狙って乗車する。また、女子高生は部活動で登下校がイレギュラーになることもあるので、1階席愛好者は彼女らの登下校時間をよく研究し、狙った時間に乗車している。一部の1階席愛好者は休日も乗車しているが、これも日曜休日に女子高生らの部活動による登下校があるためである。
1階席愛好家の生活 2階建てグリーン車(サロE231形)

ここで、1階席愛好家でサラリーマンの加藤さん(仮名)の生活を追ってみよう。

加藤さんは埼玉県北部の某市在住で、JRでさいたま新都心(大宮)の会社に勤務する47歳男性サラリーマンだ。

彼は前日に取引先の企業で大きなミスをし、上司にはキツく叱られ、この日はまだ鬱憤が抜けていないところだった。

「昨日は仕事が終わったのが22時と遅く、グリーン車に乗れなかった[3]けど、今日は乗っておくか……」

彼が通勤に使用する路線には、2004年10月頃から2階建てグリーン車が導入されている。それ以降、彼は疲れた時、ストレスが溜まったときグリーン券を購入し、2階建てグリーン車の1階席に乗るのだ。

彼は7時XX分に実家の最寄り駅である某駅のホームに並ぶ。この時間に電車に乗れば、4つ先の駅では○○高校の女子高生がたくさんホームに並んでいるはずだ。

彼は1階席に座る。電車は加藤さんの駅を発車し、やがて県立○○高校の女子高生が並んでいる予定の○○駅へと近づく。

電車が○○駅に侵入する。女子高生の大群が近づいてくる。加藤さんはじっと窓に目を凝らし、速度を落として停車しようとする瞬間……

「見えた!!!!」

加藤さんは女子高生のスカートの中を見ることに成功し、興奮した。

さらに、電車は○○駅に停車すると、窓越し目の前には別の女子高生が数人立っており、1階席の加藤さんはかなり下からのアングルで可愛い女子高生を眺めることができた。うち一人はパンツ丸見えだが、気づいていない模様。加藤さんはさらに興奮した。

電車は○○駅を発車し、彼の会社のあるさいたま新都心駅へと向かった。

「今日はいい一日になりそうだ……」

午後6時、少し早めに仕事が終わった加藤さんは会社を出て、さいたま新都心駅へと向かう。

「この時間に乗れば、ちょうど××駅では××高校女子ソフトテニス部員の帰宅時間と重なるはずだ。あそこはカワイイ娘が多いことで有名なんだよな……今日も1階席に乗っておくか……」

××駅ではたくさん見えた。次の駅でも××高校女子ソフトテニス部員のスカートの中を見ることができた。

「今日はいい一日だった……明日もいいことありますように……」

こうして加藤さんの一日は終わった。なお翌日は休日だが、彼は明日もグリーン車に乗りに行く予定だ。

横浜市某区在住の鈴木さん(仮名)は、今年で67歳になる年金生活者だ。東京都内で行われる趣味の集いに週二?三回通う、悠々自適の生活をしている。一方、鈴木さんの夜の生活は惨憺たる物であった。齢67にしてなお健康体を誇る彼を妻(65歳)は受け入れてくれないのだ。悶々とした気持ちを抱えながら、鈴木さんは余生を暮らしていた。

そんな彼の生活を変えたのが、1階席グリーン車だ。きっかけは、趣味の集いに参加するため、東京へ向かう際にいつものようにグリーン券を購入してグリーン車に乗ったのだが、2階席がとても混雑していたことだ。鈴木さんは1階席かよ…と残念そうに1階席に座ったが、1階席から見上げるホームの景色は想像外のものであった。そこには大勢の女子中高生が。

おっおおっ、おおう。鈴木さんに新たなる春が訪れた瞬間である。その時から鈴木さんは1階席愛好家となった。

群馬県南部某市在住の斉藤さん(仮名)は今年で20歳になった大学生だが、早くも1階席愛好者に名を連ねている。斉藤さんは高校以来付き合っていた彼女との関係が(性的な意味で)上手く行かず、ギャンブルに手を出すなど自暴自棄の生活を送っていた。そんな彼が1階席愛好者になったのは偶然のことであった。競馬で万馬券を的中させ[4]、あぶく銭だから適当に使ってしまおうと、グリーン車に乗車した時のことだった。

夕方の列車ということもあり、2階席は混雑していた。滅多に乗ることの無いグリーン車、どうせなら広々とリラックスして乗車したい。そんな思いを感じた彼は1階席窓側に着席して、窓から見える防音壁をぼーっと眺めていた。そして運命の瞬間が訪れた。列車が某駅のホームに進入し、ホーム上にはたくさんの女子○生が並んでいた。「見えた!」彼は20年の人生で感じたことの無かったときめきを感じたのである。それ以来斉藤さんはすっかり更正して、昼間は熱心に大学の講義に耳を傾ける一方、夜や休日はアルバイトに精を出し、バイト先の店長からも一目置かれ「大学を卒業したらウチの会社に入らないか」と説得されるほど熱心に働いていた。

そして獲得した給料で1階席に乗車する。次の○○駅のホームはもうすぐだ。

(終)
その他

パンツ目当てに1階席に座ることは、法律上は問題ないとはいえ、道徳上何らかの大きな問題があることは確かである。また、スカートの中をカメラで撮影でもしようものなら、さすがに「窓からの景色を撮影していた」と言い訳も通用せず、即
お縄となること間違い無しなので注意が必要である。

在来線に2階建てグリーン車が登場した当時は、女子高生も無警戒であったことから、本当にスカートの中が丸見え状態であった。しかし、現在は2階建てグリーン車が登場してからある程度経っていることから、女子高生もある程度警戒を覚え、登場当初に比べて若干見えにくくなったことが報告されている。(といっても、今でも無警戒な女性が多いらしい。)

東北、北海道など地域によっては、女子高生の間で、スカートの中にジャージやショートパンツ等を穿くことが一般的になっている場合がある(特に寒冷地で多い)。この場合は、残念ながら当然ながら、下から眺めてもパンツは見えないことになる。また、こういう地域には、あまり2階建車両があまりないので、楽しむ見ることが出来ない。しかし、下半身に対して無遠慮な視線を向けることができるという、2階建て車両の機能が損なわれる訳ではないため、それはそれでまた良いものであ……、いやいや、そんな邪な気持ちで景色を眺めるべきではない。断じて。

1階席愛好者には批判の声が相次いでいるが、少なくとも植草教授みたいに、手鏡で女子高生のスカートを覗いたり、痴漢してお縄になるよりは幾分かマシである。それでも極めてアレなことには変わりはないが。

脚注^ 帰省か修学旅行を除いて、女子高生が新幹線に、それも制服姿で乗っている姿はほとんど稀であろう。
^ そもそも満席なのに、グリーン券を販売している時点でおかしいのだが。
^ 22時ともなると女子高生もほとんどいないため。
^ 生徒・学生の方でも成人であれば勝馬投票券を購入出来るように法律は変わっている。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「2階建車両」の項目を執筆しています。

パンチラ

変態

ロリコン

女子高生

この人痴漢です!

よけいなジャパニメーションパンティーショット


 ・話・編・歴 (0○0) 新幹線 (0○0)

新幹線 :整備新幹線 | 高速鉄道 | 弾丸列車計画 | 新幹線における人身事故 | 新幹線基本計画 | 新幹線大爆破
JR東海 :東海道新幹線 | 中央新幹線
JR西日本 :山陽新幹線 | 北陸新幹線 | 山陰新幹線 | 博多南線
JR九州 :九州新幹線
JR四国 :四国横断新幹線 | 予土線
JR東日本 :東北新幹線 | 山形新幹線 | 秋田新幹線 | 上越新幹線 | 北陸新幹線長野新幹線) | 上越線支線(ガーラ湯沢支線)
JR北海道 :北海道新幹線 | 石勝線
幻 :成田新幹線その後
海外その他 :韓国高速鉄道 | 台湾高速鉄道 | 満州新幹線
列車(西側) :のぞみ | ひかり・ひかりレールスター | こだま | みずほ | さくら | つばめ
列車(北日本) :はやぶさ | はつね | はやて | やまびこ | なすの | こまち | つばさ・とれいゆつばさ
列車(北信越) :とき・Maxとき | たにがわ・Maxたにがわ | 現美新幹線 | かがやき | はくたか | あさま | つるぎ
車両(西側) :0系 | 100系 | 300系 | 500系 | 700系 | N700系 | 800系
車両(北側) :200系 | 400系 | E1系(Max) | E2系 | E3系 | E4系(Max) | E5系・H5系 | E6系 | E7系・W7系 | E10形
車両(中央) :L0系
試験用車両 :E954形
検測用車両 :ドクターイエロー | East i


更新日時:2019年7月23日(火)11:22
取得日時:2019/11/06 05:46


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:22 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef