13日の金曜日
[Uncyclopedia|▼Menu]

13日の金曜日とは英語圏とドイツ、フランス、日本ではやたらと不吉とされる日である。1年の間に必ず1回以上、13日の金曜日が現れる。ちなみに13日の曜日の中で最も多いのは金曜日である。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「13日の金曜日」の項目を執筆しています。
目次

1 なぜ13日の金曜日なのか

2 その他の不吉な日

3 統計上危険とされる日(※閲覧注意)

3.1 19日の木曜日

3.2 自分の精神状態が不安な人はこちらのボタンを押してください


4 関連項目

なぜ13日の金曜日なのか 無駄な労力使わせやがって、何が聖書だ燃やしてしまえ

なぜ13日の金曜日なのか、その答えは聖書の中にある。イエス・キリストが磔刑にかけられたのは共観福音書では15日の金曜日、ヨハネによる福音書では14日の金曜日と記されている。あれ?13日の金曜日じゃないじゃん。

アダムとイヴがエデンから追放されたのもノアの方舟が脱出したのもバベルの塔が壊されたのも13日の金曜日だからとも言われている。だけど聖書にもそんなこたあ一切書かれていない。なんだよ聖書関係ねえじゃん!


なぜ13日の金曜日なのか、その答えは北欧神話にあるのではないのだろうか。12 人の神が祝宴を催していた時に、13 人目となる招かれざる客ロキが乱入して人気者のバルドルを殺してしまったとされる。それが金曜日だったという説もあるが根拠はない。

魔女としてキリスト教に追いやられたフリッグが 11 人の魔女と悪魔を招いて毎週金曜日に悪事を企んでいたからだという説もある。なおゲルマン諸語で「金曜日」を表す語は「フリッグの日」に由来する。そう、13人ではない。11人なのである。北欧神話も関係ねえじゃん!


なぜ13日の金曜日なのか。本当の答えは、フィリップ4世がテンプル騎士団を一斉に逮捕した日と、ウルグアイ空軍機571便遭難事故と、バイオハザード5のアメリカ・イギリスでの発売日と、映画「2012」のアメリカの公開日と、沖国大米軍ヘリ墜落事件と、野田改造内閣の発足と、12年の北朝鮮からの事実上の弾道ミサイルの打ち上げ(失敗)にある。なんとこれらはすべて13日の金曜日に起こった事件なのだ。殆どが不吉な出来事でもないような気はするといえばするが、これらが13日の金曜日が不吉と言われる由縁である。
その他の不吉な日

13 日の火曜日
スペイン語圏ではこの日が不吉な日とされている。

17日の金曜日
イタリアでは不吉な日。
統計上危険とされる日(※閲覧注意)

この項目には、グロテスクな記述が含まれています。
脳と消化器官の連携が強い等の理由で吐き気がする方は、お医者様に相談して閲覧を中止するなどしてください。

19日の木曜日

医学会で近年言われ始めている不吉な日。北郷大学とベルリン医科大学の合同研究グループが提唱をした。この日の頃になると、前触れもなく精神疾患を発症、あるいは突然死する一般人が異常に多く、殺人事件の発生率も通常の約5倍(日独の平均値)に跳ね上がる事が2019年発表の統計で明らかになっている。一説には19日と木曜日は前頭葉の働きが弱まりやすく、それらと暗闇が重なると人間の暴力性に抑えが効かなくなり、精神に異常をきたすためだと言われているが、はっきりとした原因は明らかではない。
自分の精神状態が不安な人はこちらのボタンを押してください簡易診断をする
関連項目

13

ロンギヌス数

19日の木曜日

14時(発狂しやすい時間帯といわれてる)

不吉

金曜日(キム・ヨイル)

ジェイソン


更新日時:2017年5月22日(月)19:47
取得日時:2019/09/19 14:51


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7011 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef