12月31日
[Uncyclopedia|▼Menu]

2020年12月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
11月 - 12月 - 1月

12月31日、すなわち大晦日(おおみそか)とは、世界の終焉と序曲を奏でる、奇妙な一日である。
目次

1 大晦日の必要性

2 大晦日の破壊力

3 陰謀

4 歴史

5 関連リンク

大晦日の必要性

大晦日は一般的に、大掃除と紅白とガキの使い蕎麦を食べるだけ(テレビゴミももちろん食べるんだよ)、と思われがちだが、実は、もっと深い意味がある。

元々、大晦日とは、アニメ番組のパレードの日である。一方で通は時代劇を楽しんだりする。つまりは、色々な活用法があるのだ。よって、結論的には、大晦日は視聴率と=で結べる。
大晦日の破壊力

そんな楽しそうな日なのだが、裏には月曜日すらも凌ぐ破壊力が隠されている。

なぜなら、大晦日は大体、休みのど真ん中。だが、社会はそれを待たず社会人は数日立てば、操り人形である。例として、織田信長の逸話がある。彼は寝ていた明智光秀を無理矢理起こし、初詣に誘った所、光秀がキレて寺を燃やしてしまったといわれている。これが世にいう本能寺の変である。
陰謀

だが、果たして何故、大晦日が12月にあるのだろうか。そこには、サンタサンタクロース)と呼ばれる、大犯罪組織が絡んでいる。

彼等は、年明けの少し前にやってきて子どもの部屋に侵入。見事に、部屋のものを盗んでいく。だが、こどもはそれに気がつかない。それは、サンタの作戦で、楽しい事があると、中々寝られない、というのを逆手に取ったものである。

つまりは、寝られない、となると、寝たい、という欲望に絡まれ、結局は寝てしまう、ということだ。そして、プレゼントの先に、更に年明け、を作れば、眠りは深まるだろうといった、くだらない浅知恵だろうと、元メンバーのみのもんたは証言している。
歴史

特にない。毎年只管盗みが続き、政府も頭を抱えている。
関連リンクユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「12月31日」の項目を執筆しています。

Uncyclopedia:今日は何の日/12月31日

1年

クリスマス

サンタクロース

除夜の鐘

1月1日

元日

年越しそば

年越し蕎麦


この項目12月31日はまだ書きかけです。正月にならないうちに書き上げてください。 (Portal:スタブ)


更新日時:2015年5月17日(日)21:01
取得日時:2020/09/08 16:59


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5998 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef