110メートルプードル
[Uncyclopedia|▼Menu]

110メートルプードル(ひゃくじゅう-)とは、配合によって人為的に作り出された、フランス原産の犬種である。
概要

もともと大きさと比較して身体の長い犬種としてはドイツ原産のダックスフントが知られている。これはアナグマ狩用に、アナグマの巣穴に入り易いように開発された犬種である。

ドイツ人は単に狩猟用に体高に比して体長の長い犬種を作り出しただけであるが、フランスでは「フランスこそが世界一の国家だ」との国粋主義により、ダックスフントは、犬種において眼の上のタンコブだったわけである。何しろどこの国に行っても挨拶を「ボンジュール」で通すような民族性であるから、日本のようなアンチナショナリズムが浸透しきっている国の民族には、その悔しさは理解し難い程強いのである。

そのような理由により1912年「フランス原産の犬種であるプードルをダックスフントよりも長くしよう」という国家プロジェクトが極秘裏の内に開始され、涙ぐましい努力の末、1943年第二次世界大戦でそれどころではなかった時代になって、ようやく完成されたのである。
特徴

鼻先から首までの長さ - 8.79
hyde(13.72メートル)。

あばら骨の間隔 - 5.86hyde(9.14メートル)。

最後のあばら骨から身体の端までの長さ - 8.987hyde(14.02メートル)。

体高

一般♂ :0.684hyde(106.7cm)

少年B♂:0.635hyde(99.1cm)

中学♂ :0.586hyde(91.4cm)

現在は、キューバのダイロン・ロブレスと名づけられた同犬種が2008年のチェコでのコンテストにおいて世界一となった。
無関係な項目

110メートルハードル
(Wikipedia日本語版)

長猫


更新日時:2015年5月15日(金)21:02
取得日時:2019/10/15 08:17


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2115 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef