007
[Uncyclopedia|▼Menu]

007(ゼロゼロセブン)とは、6人ないし7人ないしそれ以上存在する、自己をグレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国のMI6のエージェントと信じる完全に中二病にやられた英国紳士
目次

1 概要

2 ショック療法

3 ボンドガール

4 ボンドカー

4.1 アストンマーチン組

4.2 BMW組

4.3 ロータス・その他組


5 007の呼称について

6 その他の00要員

7 関連項目

概要

小説とか映画になっているがアレはみな想像である。好きなものは破壊,女それからそれから殺人である。とても破天荒な人物である。自らにボンドガールという女の子をつけているところからかなりいっちゃてると見られる。30代後半?50代後半なのに異常なほど性欲が強くタイガー・ウッズ同様の性欲を持っているため、ショック療法が与えられているという話である。エージェントというよりは「歩く性欲」である。

前述の通り007は全部で6人ないし7人ないしそれ以上いる。これは映画などにまとめられた彼の人数を数えての物である。なぜ6人ないし7人ないしそれ以上という曖昧な数になるかは、それは1967に007/カジノロワイヤルとかいうカルトじみた訳の分からない頭の可笑しい映画の中で007が大量繁殖した故である。本人曰く00の意味は殺し要員らしいが想像上の話です。00と彼の人数に関連は全くない。

007の中のはジェームズ・ボンドである。ただしジェームズ・ボンドにも中の人が存在し、それも6人ないし7人ないしそれ以上の007の中のの中のがいる。

中のの中のの例。自称諜報員のため自らを隠すため赤リンクが通常。

ショーン・コネリー

ジョージ・レーゼンビー

ロジャー・ムーア

ティモシー・ダルトン

ピアース・ブロスナン

ダニエル・グレイグ

クルーゾー警部

...etc

一部、アメリカ人が混ざっているが、それを指摘した粛清されました
ショック療法

彼の性欲を正すために様々なショック療法が成されている。それが映画化となっていて、見てもらえば分かるとおり直る気配は一向に見られない。

によるショック療法。

殴ることによるショック療法。

小型ヘリコプター乗車中に撃ち落しそのショックによる療養。

宇宙空間に連れて行きイジメ、宇宙から落とすショック療法。

氷の中に閉じ込めることによるショックによる療法。

ワニに食べられるというショック療法。

また毎度毎度、こちらも中二病禿親父、アルファベットの17番目がちょっとした驚かせ方をしショックを与えるがとてつもなく無駄である。
ボンドガール

前述の通り彼にはボンドガールというものがいる。条件としてはお世辞なら美人と言える,ビッチ、などがいえる。歴代で日本人のボンドガールも1人いて、アジア勢だと中国人なども見るが、基本的に白人であることが多い。これは、ボンドがイギリス人であることに由来する。あの、人種差別大国めぇ?。ただし、イギリス女は美味くないに決まってる。所詮イギリスだぞ。せいぜいアメリカにしとけし。

また一瞬だけ出演する身長183cmの・・・元男性まで居る事から、ボンドの審査基準は、かなり軽薄らしい。身長183cmの男性・・・hydeが泣く。
ボンドカー

彼にはボンドカーというものも所有している?? 6d42 ?本人はMI6からのプレゼントだと思い込み、思う存分破壊している。主なボンドカーとしてはT-55などが上げられ、彼のセンスはやや疑われる。
アストンマーチン組
アストンマーチン・DB5
もはやこの作品では後述するDBS以上に登場回数が多い銀色の武装クーペ。リアには防弾板が装備されているが、どうせ最後の最後で破壊されるので特に意味はない。おまけにマシンガンも装備されているがそれはただの飾りなので意味がない。そのあまりにもの使えなさにオークション送りにされるが、ピアース氏が落札、結果、彼の愛車となる。ちなみに、ダニエル氏も運転したがあれは絶対にMI6製ではないので要注意。また、冷房用(風通しを良くするため)に助手席がボタン1つで簡単に取り除けるようになっている。
アストンマーチン・DBS
一見いつもどおりのように見えるが、その実態は覆面献血車といういかにも普通なら逃げたくなるボンドカー。献血車という割には、血管に針を刺すだけで状態情報が送られて医師の指示に従ううえ、車内には抗生剤、解毒剤がある為、どちらかというと走る保健室といっても過言ではない。実は「国境なき医師団」から強奪したものだったりもする。その為、このクルマがボンドカーというには難しい車種だったりする。
BMW組
BMW・Z8
BMWで最後のボンドカー。と、言う割には扱いがZ3に比べて酷い。装備があったとしても遠隔操作装置とミサイルぐらい。そのため、初代ボンドカーと比べてかなり最弱なボンドカーだったりする。そんな異常なまでに少ない装備のせいでヘリに吊るされた大型チェーンソーによって切断、結果として出番は少ない事になる。
ロータス・その他組
ロータス・エスプリ
死ぬほど白いボンドカー。潜水艦にもなるが、下手すると白イルカに仲間と間違えられかねない危険なボンドカーでもある。
によっては死ぬほどダサく、死ぬほどカッコよく見えるこのクルマ、実はロータスの社長からカツアゲした盗難車だったりする。その後にもターボが出たがあまり意味はなかったりする。
トヨタ・2000GT
同じく白いボンドカー。こちらは日本車だが、決してボンドカーではない事を覚えて欲しい。理由として挙げられるのが

アキという日本人が運転していた

しかもボンドは助手席にいる

英国人の癖して運転すらしないボンド
・・・・の3つがボンドカーといわない理由であるが、なぜかアホ共はそれをボンドカーとして誤解している。リアにミサイルがあったかどうかはお察し下さい
007の呼称について

007の呼び方は「ダブル・オー・セブン」や「ゼロ・ゼロ・セブン」などの呼称がある。日本語では「ゼロ・ゼロ・セブン」だとか言われているが最近「ダブル・オー・セブン」の方が頑張っている。「ダブル・オー・セブン」は英語発音である。ただし、実のところ正確な007の呼称はドイツ語の「ヌル・ヌル・ジーベン」である。
その他の00要員
001
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル
かなりの破壊王である。この破壊力,狂気にはさすがの007も敵わない。
002 アドルフ・ヒトラー
こちらは狂気じみたちょび髭親父。殺人のジャンルのスペシャリストである。
003 諸葛亮
こちらは放火王である。暇さえあれば放火している。他のエージェンのようにイケイケ殺人は得意としないが、並外れたIQをもって頭脳プレイを講じる。
004 ダース・ヴェイダー
星を砕いたり、訳の分からないポーズでの首を絞めたりと、問題破壊行為が多い。がしかし最後には工作員失格の朽ち方をした。敵の愛による攻撃ハニートラップに引っかかったのだ。その辺007と似ているかもしれない。
006 アレック・トレヴェルヤン
007の元同僚かつ、敵。コサック人で、故郷で360度回転をしながらする「ダイナミックコサックダンス」をしていた。その為、彼の死に様はあまりにも情けない事になった。
00156 ひよこ陛下
彼もまた実は、破壊工作員だったのである。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「007」の項目を執筆しています。

7


更新日時:2018年4月23日(月)18:14
取得日時:2018/06/23 11:35


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9848 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE