[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…歩く鼻[編集]19世紀帝政ロシアでこれらに対するアンチテーゼを取り扱ったのがゴーゴリの『鼻』。自称「少佐」のコワリョーフ八等官の鼻が、ある日突然に意志と肉体と教養と社会的地位を手に入れてコワリョーフの顔を離れて街を闊歩する、という不条理小説だ。コワリョーフは鼻が消えて晴れて萌えキャラの仲間入りか、と思われたが、元が冴えない中年男性では鼻がない位で萌える訳が無く、又、鼻がなくなった所で正直者になったりはしない、と百数十年も昔から本項目に対する反? 4958 ??を用意していたその先見性は見事と言う他無い。
関連項目

UnTunes:世界に一つだけの鼻

ノーズコリア



クシャミ

鼻たぶ

この項目「鼻」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2020年12月29日(火)17:19
取得日時:2021/01/19 16:45


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5835 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef