鶴の恩返し
[Uncyclopedia|▼Menu]

この項目「鶴の恩返し」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。

鶴の恩返し(つるのおんがえし)とは、なんかを助けるよりもを助けた方がよっぽどお得であることを実感させられる物語である。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鶴の恩返し」の項目を執筆しています。
目次

1 概要

2 物語の内容

3 解釈

4 類似の民話

5 関連項目

概要

一般的なのは「男性が町に薪を売りに出かけた帰りに、罠にかかった一羽の鶴を見つけ、可哀想に思ったので助ける」といった感じの内容である。男性が老人であったり若者だったり若本だったりはっきりしないのは、昔話ではよくあることであるので誰も気にしなくて良い

1つ明らかなことは、罠を仕掛けた者には後でこっぴどく叱られてしまうということである。これに対し男性は、罠にかかった鶴は食べても美味しくないからと何とか説得してその場をなだめたという。そんな話聞いたことない? 昔話には地方によって若干違いがあるものだよ。少なくとも君たちの地域ではそう伝わっているんじゃないのかい?
物語の内容

激しくが降り積もるその夜に、それはそれは美しい娘さんが夫婦の前にやってきた。どうやら非常識にもこんな天気の中外出したために、(当然のことだが)道に迷ってしまったらしい。夫婦はそんな天然な娘さんが可愛くて仕方なかったらしく、快く家に泊めることを許した。

しかし、その次の日は霰が止まず、その次の日は雹が止まずに振り続くという異常気象が発生したため、娘さんは夫婦の家に留まることとなった。雪女でも止めてしまったのかと不安になる夫婦を、娘さんは甲斐甲斐しく世話をした。夫婦は雪女がこんなに優しいわけがないと断言し、娘さんの世話に大喜びをすることとなる。

そんな中娘は夫婦に糸を持ってくるよう頼み、夫婦に「絶対に覗かないで下さい」と行って別の部屋で布を織る作業を始めた。娘さんが織った布はそれは美しく、それを売ったお金でまた糸を手にした娘は、ひたすら布を織り始め、それを売ったお金で夫婦は豊かになったという。

やがて夫婦は最初のうちは辛抱していたのに、娘さんの恩を仇で返すかのように娘さんの約束を破って布を織る作業を見てしまった。すると夫婦は驚くべき光景を目の当たりにした。部屋の中には娘さんの姿があるはずのそこには、一羽の鶴がいたのだ。布に自分の羽根を織り込んでいた鶴は、自分がかつて男性に助けられた鶴であることを教え、夫婦に見送られる形で空へと帰っていったという。
解釈

要するにこの物語では「決して覗き見は良くない」ということを主張しているのである。それを「何か良いことをすると必ず良いことが訪れる」と解釈する輩が非常に多く、例えばGKBR? 49fb ??イホイに捕まったGなどを無差別に助け出す偽善者どもが続出したという。また、そういった意味で鶴を人間たちの都合の良い鳥だと勘違いして勝手な悪戯をする輩もいると聞くが、そういう奴らはいつか鶴の仇返しを食らうと思うので覚えておくように。

たった1つの約束なんだから黙って守ってれば夫婦はさらに豊かになれただろうに。だが、決して覗くなという約束事は、かの有名な日本神話の創造神イザナギでさえも破ったことがあるので、我々人間なんかが守れるものかと言えば物凄く疑問に思えてしまう。だが、イザナギはその約束を破ったことで妻のイザナミの見てはいけないおぞましいものを見てしまい、それが原因で離婚する羽目になったので、やはり約束は守るべきだということが判る。
類似の民話

鶴の娘が夫婦の娘になったり、鶴を助けた若者と人間に化けた鶴が世帯を持ったり、鶴がまた罠にかかってしまったり、夫婦が最初から約束を破って何の得も得られなかったり、色々な説が日本の各地で報告されている。少なくとも後半は明らかな嘘だが。どうでもいいが鶴の化けた女性と男性が結婚するとしたら子供はどうなるのだろうか?

他にも、前述のように物語の解釈を誤ったかのように猫を助けて酷い目に遭った物語も存在しており、それは映画で公開されている。
関連項目

異類婚姻譚

昔話



猫の恩返し


この本「鶴の恩返し」は、著者の情報収集能力や執筆能力が低かったこともあり完成されていません。加筆して再出版してくれる人を探しています (Portal:スタブ)


更新日時:2018年11月14日(水)21:44
取得日時:2020/01/24 10:18


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6704 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef