鯖_(織物)
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…鯖の織り方[編集]鯖はしばしば、秋葉原日本橋、もしくは通販で入手される部品を組み合わせることで織られる。

織られた鯖は、サイトやブログを提供し、閲覧や炎上等の文明行為に使われる。

そう、いま貴方が見ている このサイトも、今まさに鯖によって織られているのだ。


なお、織られる以上、それは衣類であるはずなのだが、どうしてもそれが衣類に見えないことなど、誰も気にしない



鯖の折り方

かくの如く重要な鯖ではあるが、困ったことにその折り方というものも確立されている。

鯖を折るには、以下の手順とほんの少しの力、そして膨大な愛情が必要である。


1.まず、折るべき鯖を手に入れる。ほとんどの鯖はボルトやナットでしっかりと固定されている上、多くは鍵のかかったロッカーに保管されている。だが、鯖を折るためには躊躇してなどいられない。警報が鳴ろうが、自分の職を失おうが、あらゆる障害を突破して鯖を束縛から解き放つのだ。鯖の後ろにしつこく垂れ下がるケーブルなど引きちぎってしまえ!


2.愛情をもって抱きしめる。鮮度が良い鯖であれば、折る際の カタストロフ 48a1 カタルシスもまた最高であろう。外したばかりの鯖かどうかは、その熱によって判別できる。貴方の胸板が焦げるほど熱いならば、その鯖はたった今まで稼働していたばかりの鮮度最高の品なのだ。そして愛情を込めれば込めるほど、鯖は折れやすくなる!…らしいのだが、良く知らない。


3.そのまま折る。そのままさらに腕に力を込めよう。飛び交う
CPUに飛び散るメモリ、ぐにゃぐにゃとひん曲がった天板が宙を舞い、粉砕されたマザーボードが視界を塞ぐ。阿鼻叫喚の地獄図だ。ここに至り、鯖折りは仔猫吸引にすら肩を並べるという快楽を人々にもたらすのだ。ああ、最高だーーーーーー!!!



そしてプロレス

あまりにも心地よい鯖の折りっぷりに魅了されたプロレスラーたちによって、この技は聖なるリングに持ち込まれた。

まるで人間を鯖に見立てたかのように背骨をへし折る豪快な技に、対戦相手たちは恐怖したという。

そして人里に偶然降りていて、プロレス中継を観戦していた熊たちがその有効性を見抜き、少年ジャ●プも真っ青な特訓の末に習得したことによって、この技は別名「ベアハッグ」とも呼ばれるようになった。


…という噂もあるが、本当かどうかなど知ったことではない。



関連項目

さば折り




鯖 (読み物)

サーバー



ベアハッグ

この項目「鯖 (織物)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2013年4月27日(土)20:02
取得日時:2020/05/31 06:39


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4616 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef